平日のみのアルバイト/バイト/パート求人特集

土日は趣味や遊びの時間にあてたい!

平日のみの
アルバイト特集

土日は遊びたい・休みたいけど、そのお金が欲しい!平日にしかバイトする時間がとれない。
それなら「平日限定」で働けるアルバイトで稼いでみませんか?
「土日や祝日は趣味や遊びの時間にあてたい!そのためのお金を平日にしっかり稼ぎたい」そんなあなたにオススメなのが「平日のみのバイト」です。
平日は土日にくらべて、来店するお客様も落ち着いて時間を過ごす傾向があります。
そのため、そんなに忙しくもなく、ゆっくりとした雰囲気の中でお客様との会話がはずむことも。楽しみながらマイペースに働くことができます
地域・職種・時給・こだわり条件の絞り込みをうまく使って、希望のバイトを探しましょう。

「土日や祝日は趣味や遊びの時間にしたい!そのため平日にしっかり稼ぎたい」そんなあなたにオススメなのが「平日限定」です。土日にくらべて、来店するお客様も落ち着いている傾向があり、マイペースに働くことができます。

新着の平日のみのアルバイト

もっと見る

平日のみのアルバイトの基礎知識

職種や仕事内容について

平日のみ勤務OKのアルバイトの中で一番多い職種は飲食フード系です。オフィス街の飲食店はランチ時が特に忙しく、平日限定の求人も多く掲載されています。居酒屋などは夕方からの勤務シフトが多いです。飲食店の仕事はホールとキッチンがあり、ホールはお客様のお席を用意したり、料理の注文を取ったり、飲み物や食べ物を運んだりします。またレジ対応もあるお店もあります。キッチンは、お料理や飲み物を作ったり、お皿を洗ったりする仕事がメインとなります。他の職種では、一般事務やコールセンターなどのオフィスワーク。病院、介護施設、学校など公共施設での看護師や介護スタッフ、給食調理。また倉庫内や工場内軽作業や販売などもあります。一般事務は、資料作成やファイリング、資材の発注や帳簿チェック、入電の一次対応など、仕事内容は多岐に渡ります。コールセンターは、マニュアルに沿ってお客様と電話でお話しをします。かかってきた電話に対応する受信業務と、自分たちから架電する発信業務があります。看護師や介護スタッフは、資格が必要な場合と、無資格でもOKな場合があります。資格があると時給は高くなる傾向があります。倉庫内・工場内の軽作業は、週1日から働ける職場が多く、週末は働けなくても問題のない求人が多いです。指示通りに製品や荷物を棚から集めてくるピッキングや、それらの物を箱や袋などに入れる梱包、食品などの製造の業務などがあります。販売はスーパーや小売店、アパレルなどがあります。土日祝日も働けますが、平日のみの勤務もOKと出している求人も多くあります。接客や商品の整理、レジ対応などを行います。

仕事環境や注意事項など

平日のみOKバイトの職場環境としては、平日、家族が学校や会社に行っている主婦・主夫、シニア層、平日は学校に通っている高校生、専門学校生、大学生、土日祝日の休日は趣味や習い事などで働くことができない人などが多く働いています。一般事務などのオフィスワークは、一般的な企業と同じく朝9時頃から夕方5時頃のシフトが多いです。ノルマや業務の目標など明確にされていて、やりがいがあるでしょう。事務経験のみならず、パソコンや語学のスキル、簿記などの資格などは重宝される場合もありますので、履歴書にきちんと書きましょう。飲食店は、ランチタイムやディナータイムが忙しくなります。昼間だけ、夜だけ、と、忙しい時間帯だけの短時間シフトでアルバイトを募集しているお店もあります。飲食店では接客のみならず、スタッフ同士が協力し合って働かなければならないので、コミュニケーション能力も大切です。倉庫内や工場内の軽作業は、未経験者OKの求人がほとんどで、難しい業務内容はほぼありませんし、わからない事は社員やリーダーがフォローしてくれるので安心です。与えられた仕事をコツコツと行うことが好きな人に向いています。服装は職場によって、制服やエプロンが与えられたり、私服でOKだったり様々です。オフィスワークの場合は、ビジネスマナーにのっとった服装を求められることがありますので、あらかじめ確認するとよいでしょう。

メリットとデメリット

平日のみ勤務OKのアルバイトの一番のメリットは、平日の空いた時間にしっかり働き、土日祝日はしっかりと休める、ということでしょう。メリハリのある働き方ができて、お財布も自由時間も充実することでしょう。週末は趣味や習い事を思いきり楽しむこともできます。また、一般的に、企業や学校は週末休みが多いので、家族や友だちとスケジュールを合わせやすいのもメリットの一つです。子育て中の主婦・主夫や学校に通っている学生には、働きやすい勤務シフトであり、ワークライフバランスが取りやすいのが特徴です。職種や職場によっては、ウイークデーはお客さんが土日祝日より少なく、余裕をもって働くことができる場合もあります。ゆったりとした雰囲気の中で、マイペースに働く時間を楽しむこともできるでしょう。デメリットとしては、役所などの公共機関や病院、銀行窓口などに行きにくいことです。そのような施設の窓口の時間も限られているため、行く必要がある場合は仕事を休まなくてはならなくなったり、早退や遅刻をしなければならなくなるかもしれません。事前にシフト交換のお願いをするなど、職場の上司や仲間とコミュニケーションをとりながら協力し合う工夫が必要となってくるでしょう。しかし、平日バイトは、月曜から金曜までの5日間全て勤務しなければならない職場だけではありませんので、求人に応募する前に、ご自身の都合に合わせて希望の勤務シフトの相談ができる職場かどうか確認をしておくといいでしょう。

体験談

平日のみバイト経験者の体験談を紹介します。「事務、女性、30代、主婦」小学生低学年の子どもがいます。ちょうど家から自転車で行ける会社で事務のパートをしています。週3日以上、1日4時間の勤務シフトなので、午後子どもが帰ってくる前には家に戻ることができます。入電の取り次ぎ、データ入力、ファイル整理などをしています。空いた時間に働くことができ、しかも家計も潤うので嬉しいです。「飲食店ホール、男性、10代、大学生」資格を取りたいので、大学の他に、週末は専門学校に通っています。そのためアルバイトは平日しかできません。学校の授業が終わってから、居酒屋で働いています。金曜日は、お休み前なのでとても忙しいですが、平日はそこまで店が混まないため、和気あいあいとした雰囲気で働いています。Wワーカーやフリーターなど、大学では出会うことのない人とも仲間になれて、世界が広がった気がします。「保育園給食調理、女性、40代、主婦」小学生と中学生の子どもがいます。年齢的にまだ一緒に出掛けてくれるため、週末は家族のために予定を空けたくて、平日のみのシフトOKな保育園の給食調理の仕事をしています。お昼ご飯、夜の軽食のほか、オヤツも手作りの日が多いため忙しく、あっという間に時間が経ってしまいます。食べやすくするために野菜の切り方を変えてみたり、盛り付けを変えてみたりと、栄養士さんと一緒に工夫しています。園児たちの「ごちそうさま」の言葉や、喜ぶ笑顔を見ると、とても嬉しく、やりがいを感じます。

もっと平日のみの仕事を探す