レジ打ちのアルバイトは初めてでも大丈夫!仕事内容やコツ・向いている人を解説

  • レジ打ちのアルバイトに興味があったり、始めてみたいと思ったりしても、経験がなく不安に感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、初めてレジ打ちのアルバイトをしてみたいと考えている人に向けて、レジ打ちの仕事内容やメリット・デメリット、仕事をする際のポイントなどを解説します。ぜひ役立ててください。

レジ打ちのアルバイトは初めてでもOK

  • レジ打ちのアルバイトは、初めての人でも問題ありません。レジは基本的に、どのような人でも扱いやすいように作られているからです。もちろん、慣れるまで時間がかかることがあり、打ち間違いなどのミスをする可能性もあります。しかし、同じ作業を続けるうちに自然と上達するので、スムーズに仕事をこなせるようになるはずです。

レジ打ちのアルバイトの主な仕事内容

  • レジ打ちのアルバイトの主な仕事内容は、「バーコードのスキャン」「商品の袋詰め」「会計」とシンプルです。
  • 商品のバーコードをスキャンする
    レジ打ちのアルバイトでは、お客様がレジまで持ってきた商品のバーコードを1つひとつスキャンして入力します。クーポンを発行している店舗の場合は、クーポンのバーコードをスキャンすることもあります。スーパーでは野菜や果物など、バーコードがついていない商品も少なくありません。その場合は、レジのタッチパネルを操作して、お客様が購入する商品を手入力します。
  • 商品を袋詰めする
    通常は、お客様自身で袋詰めをする店舗がほとんどです。しかし、お客様が買い物かごに設置する形のマイバッグを使用している場合は、商品をスキャンしながらマイバッグに詰めていきます。また、袋詰めもスタッフがする方針の店舗の場合は、精算した商品をレジ袋やお客様が用意したマイバッグに詰めるところまで行います。
  • 会計をする
    すべての商品をスキャンした後は、合計金額をお客様に伝えて会計処理をします。お客様からお預かりしたお金を入れると自動でお釣りが出るレジが多いものの、自分でお金を数えてお釣りを用意する場合は間違いのないように注意が必要です。

    近年は現金以外にも電子マネーやクレジットカード、QRコード決済に対応している店舗が少なくありません。それぞれ手続き方法が異なるため、決済方法に応じて会計処理をします。
  • レジの点検をする
    レジの中に入っている現金と売上金額が合っているかどうかをチェックするため、レジの点検作業をするケースもあります。レジの点検をするタイミングは、次のシフトの人と交代するタイミングや、営業終了時が一般的です。店舗によってはレジを管理している役職の人が点検を行うところもあります。

初めてレジ打ちのアルバイトをするメリット

  • 初めてレジ打ちのアルバイトをする場合、業務内容やシフトなどの面で3つのメリットがあります。
  • 業務内容が絞られている
    求人情報に「レジスタッフ」「レジ担当」などと記載されている場合、基本的には業務内容が絞られており、レジを担当するのみです。レジ打ちの仕事はシンプルで覚えやすく、回数を重ねるうちに上達するため、初めてでも取り組みやすい仕事です。

    店舗によってはレジ打ちに慣れたら品出しやクレーム対応など、レジ打ち以外の業務も任せられるケースもあります。
  • 希望のシフトで入りやすい
    レジ打ちのアルバイトは求人が多く、シフトも「午前中のみ」「夕方から」「短時間」など細かく調整してもらえることが多くなっています。そのため、「子どもが学校に行っている間のみ働きたい」「学校が終わってからでないと入れない」など、希望のシフトで入りやすいこともメリットです。子育てや学業との両立もしやすいでしょう。
  • レジ打ちの経験は他の仕事でも活かせる
    先述の通り、レジはどのような人でも扱いやすい設計になっており、機種が違っても基本的な操作は同じです。会計処理の流れも小売業や飲食業など、他の業種とほとんど変わらないため、一度レジ打ちの仕事を経験しておけば、この先のアルバイト選びの選択肢も広がります。生活スタイルが変化したり、引っ越しが必要になったりした場合も、新たなアルバイトに挑戦しやすくなります。

初めてレジ打ちのアルバイトをするデメリット

  • レジ打ちのアルバイトは、基本的に勤務中は座ることができません。レジにお客様がいない時間も立ちっぱなしで待機しなければならないため、足腰が痛くなったり足がむくんだりする人もいます。さらに忙しい時間帯や時期になると絶え間なく商品のスキャンをし続けることになり、疲れが溜まりやすくなる点はデメリットです。

    また、お客様と接していると、スキャンした商品の入れ方や金銭・クーポンに関することなど直接クレームを受ける可能性もあります。通常、初心者のうちは上司や先輩が対応してくれるでしょう。

初めてレジ打ちのアルバイトをするときのコツ

  • 初めてレジ打ちのアルバイトをする場合、できるだけスムーズに仕事をこなせるように意識したいコツが3つあります。
  • 接客用語を練習する
    レジ打ちの作業でお客様と接するにあたり、レジでよく使う接客用語を覚えておくことが大切です。接客で基本のあいさつとなる「いらっしゃいませ」「かしこまりました」「ありがとうございます」はもちろん、レジならではの接客用語も練習しておきましょう。

    例えば、並んでいたお客様の順番がきたときには「お待たせいたしました」、お金をいただいたときには「〇〇円ちょうどいただきます」などです。ちょっとした一言ですが、その一言があるかないかで印象が大きく異なります。
  • バーコードの位置を把握しておく
    商品をスムーズにスキャンして会計処理まで進められるよう、商品ごとにバーコードがどの辺にあるのかを把握しておくこともポイントです。

    バーコードの位置は商品によって異なりますが、冷凍食品・調味料・お菓子など同じ種類の商品は、似たような場所にバーコードが配置されているケースが少なくありません。仕事中だけでなく、自分で買い物をする際も意識的にチェックしてみるとよいでしょう。
  • 速さよりも正確さを心がける
    先輩方のレジ打ちが速かったり、忙しい時間帯になったりすると、自分も速くしなければと焦ってしまいがちです。しかし、まだ慣れていないのに焦ってレジ打ちをしていると、同じ商品を二度スキャンした、値引きシールを見逃してしまったなどのミスにつながります。ミスをするとより時間もかかってしまうため、レジ打ちに慣れるまでは速さより正確さを心がけましょう。

    まずは正確にレジ打ちができるようになることを目標にして、慣れてきたら徐々にスピードを上げられるように意識することがコツです。

レジ打ちのアルバイトに向いている人

  • レジ打ちのアルバイトはしてみたいけれど、自分にできるのか不安と感じる人もいるかもしれません。では、どのような人に向いているのでしょうか。
  • 責任感を持って仕事に取り組める
    レジ打ちの仕事は、お客様と直接やり取りをしながらお金や商品を取り扱います。預かった金額やお釣りを間違えないよう注意するだけでなく、お客様が購入した商品も破損しないよう大切に扱わなければなりません。

    また、クレームがきたときには誠意を持って対応する必要があります。レジで接したスタッフの印象がそのお店の印象として残ることもあるため、責任感を持って仕事に取り組める人が向いています。
  • コミュニケーション能力がある
    レジ打ちのアルバイトは商品のスキャンや会計処理などが主な仕事ですが、お客様とのコミュニケーションも重要です。いつも笑顔で対応することはもちろん、お客様から話しかけられた際も気持ちのよいやり取りができるコミュニケーション能力が求められます。お客様の様子を察して、さりげなく気遣いができるとより印象がアップします。
  • 同じ作業を集中して続けられる
    同じ作業を集中して続けられる人も向いています。商品をスキャンして会計処理をするというシンプルな仕事内容だからこそ、一定時間続けていると人によっては集中力が切れてしまうかもしれません。

    いくら仕事に慣れたとしても、集中力が切れればミスをしてしまう可能性があります。長時間同じ作業をしても、混雑しているときでも、集中して作業を続けられる人が向いています。

初めてでもチャレンジしやすいレジ打ちアルバイトの求人

  • レジ打ちのアルバイトが初めての場合、きちんとこなせるのか不安で躊躇してしまう人もいます。同じレジ打ちのアルバイトでも、初めての人がチャレンジしやすい求人があります。
  • 会計にセルフレジが導入されている
    セルフレジには、お客様が自分で商品のスキャンから会計までを行う「フルセルフレジ」と、商品のスキャンはスタッフが行い会計はお客様自身で行う「セミセルフレジ」があります。

    セミセルフレジを導入している店舗の場合、レジ打ちのアルバイトは商品のバーコードをスキャンするだけなので、お釣りの間違いなどの心配がありません。レジ打ちの負担が少ないため、初めての人でもチャレンジしやすいでしょう。
  • 均一価格の店舗である
    店内のほとんどの商品が均一価格の店舗も商品入力などの負担が少なく、チャレンジしやすい求人です。特に100円ショップや300円ショップなどは商品の割引クーポンなどもほとんどないため、複雑な操作がありません。価格が均一で金額を間違いにくい点もポイントです。

まとめ

  • レジ打ちのアルバイトは初めての人でもチャレンジしやすい仕事です。業務内容がシンプルなだけでなく、希望のシフトで入りやすかったり、レジ打ちの経験を他の仕事でも活かせたりするメリットもあります。まずは初心者でも挑戦しやすい、セルフレジや均一価格の店舗を探してみることがおすすめです。

    しかし、子育て中の主婦や学校に通っている学生は自由な時間が限られており、希望する時間に働ける職場があるのかも気になるのではないでしょうか。シフトワークスなら、職種やエリア、働きたい時間やシフトから仕事探しができます。シフトワークスでレジ打ちのアルバイトを探してみましょう。