早朝・朝のアルバイト/バイト/パート求人特集

早朝の時間を活用!

早朝の
アルバイト特集

早朝の時間を有効に活用して稼ぎたい。早朝バイトで朝から元気に働きたい。 早起きをしているのなら「朝だけ」のバイトはじめてみませんか。
「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、毎日こつこつ積み上げると莫大な金額になる早朝バイト。
朝の2~3時間を活用できる4時間以下のバイトが多くみられます。1日24時間を気持ち良いスタートではじめることができます。
近所の早朝バイトならば通勤も楽なのでオススメ。スーバーやコンビニ、清掃など種類も豊富で、できる人が限られるため中には高時給のバイトも。
目につく求人があったら、すぐチェックしてみましょう。

早朝の時間を有効に活用して稼ぎたい。「朝だけ」のバイトはじめてみませんか。自宅の近くならば通勤も楽なのでオススメ。スーパーやコンビニ、清掃など種類も豊富。できる人が限られるため、高時給のバイトも。

新着の早朝アルバイト

もっと見る

早朝アルバイトの基礎知識

職種や仕事内容について

朝の時間帯を有効に使って稼ぎたい人にもってこいなのが、早朝バイトです。朝早くから稼働している職種は様々。コンビニエンスストアや、ドラッグストア、スーパーなどの販売店スタッフ、ファーストフードやファミリーレストランなど飲食店スタッフ、オフィスビルの清掃、24時間動いている倉庫や工場内の軽作業、病院や介護施設などの朝食の調理、新聞配達などがあります。コンビニエンスストアは、朝の早い時間帯に訪れるお客様は少ないため、仕事内容は店内の掃除、商品の整理、品出しなどがメインになります。開店前のドラッグストア、スーパーなどの販売店も、店内清掃や品出しを行います。ファーストフードやファミリーレストランは店内清掃に加えて、調理の準備や仕込みも行います。オフィスビルや商業施設の清掃も、稼働前に行います。いずれの職種も、昼間と違いお客様対応に追われることは少ないので、マイペースに働くことができます。朝の気持ちの良い時間帯に、清々しい空気を吸いながら働くことができるのは、新聞配達でしょう。勤務開始時間は午前3時ごろから。勤務終了は店舗によりますがお昼までには終わります。店舗内でチラシや新聞を整えたら、バイクや自転車で各家庭を回り配達をします。気候にかかわらず勤務しければなりませんが、道順を一度覚えれば簡単な仕事です。倉庫や工場内軽作業は終日稼働している職場も多く、早朝シフトも多く募集されています。指示通りに品を集めてくるピッキングや、箱などに包装する梱包などがあります。病院や介護施設では入院している方々の朝食の調理、昼の食材の仕込みなどを行います。

仕事環境や注意事項など

早朝バイトの仕事環境は、職種によって様々です。コンビニエンスストアや、飲食店、販売店スタッフ、倉庫内や工場内の軽作業、オフィスビルの清掃などは、基本的に職場は屋内になります。コンビニエンスストアは、早い時間帯ですとお客様は少ないですが、通勤通学時間になると逆にお客様は増え、効率よく接客やレジをする必要が出てきます。ファーストフードやファミリーレストランなどの飲食店も同様に、早朝シフトでも場所や時間帯によっては接客も求められますので、事前に、具体的にどのような内容の仕事をするのか確認するとよいでしょう。病院や介護施設などの調理、食品工場などでお総菜やお弁当の調理をする仕事では、髪の毛や爪の長さ、服装など清潔さが特に求められますので、普段から身だしなみを整えるように気をつけましょう。体調不良になれば勤務不可となりますので、体調管理も必要です。新聞配達は、バイクや自転車で各家庭を回ります。バイクを使う際には運転免許は必須となります。また天候に関係なく稼働しなくてはならないので、季節によっては辛く感じるかもしれません。また、エレベーターのない建物は階段を上り下りしなければなりませんので、徐々に慣れていくといえど体力もある程度必要になります。様々な職種があり簡単な仕事内容がほとんどですので、老若男女問わず勤務はできますが、体力的な向き不向きはありますので、応募の際には、その点はよく考えた方が良いかもしれません。

メリットとデメリット

早起きは三文の得といいますが、まさにその通りの早朝バイト。その最大のメリットは、短時間で効率よく稼げるということがあげられます。同じ仕事内容でも日中より時給が高く設定されていたり、早朝手当てとして上乗せがついていたりします。また、労働基準法で決められている深夜割増賃金の該当時間は午後22時から午前5時までの間ですので、早朝シフトの勤務開始時間が朝5時より前だと、5時までは時給の25%増しの給与がもらえます。最低勤務時間が2時間から4時間以下の職場も多くあり、毎朝短時間コツコツと働いていたら、気づくとたくさん稼げていた、ということもあるでしょう。まさに朝飯前の仕事として、学生や子育て世代、Wワーカーの人に向いているシフトでしょう。また朝に強いミドル層、シニア層にもぴったりです。朝の勤務が終われば、あとは1日、自由に過ごせます。朝の時間帯は、職場にお客様が来ることは少なく、マイペースで働けることもメリットの1つでしょう。コミュニケーションが苦手だけどコツコツと働くことが好きな方には向いている仕事かもしれません。早起きは初めは辛いかもしれませんが、体が慣れてしまえばむしろ健康的に1日を始めることができます。朝のアルバイトのデメリットはほとんどありませんが、強いて言えば、冬の寒い時期は朝は寒いので、布団から出るのが辛いことでしょう。出勤時間はまだ日が昇っておらず暗いので、出勤経路の安全確認も必要かもしれません。公共の交通も動いていない場合もあるので、勤務地が家の近所に限られてしまうか、車やバイク、自転車で出勤しなくてはならないのも、デメリットの1つかもしれません。また仕事に慣れてきて、気を抜いて夜更かしをすると、寝坊をして仕事をすっぽかしてしまう、という危険性はあります。勤務先の方々に迷惑をかけますので、気をつけなければなりません。さらに、早朝バイトは、他の時間帯よりミドル層、シニア層の方々が多く働いていますので、挨拶や言葉づかい、身だしなみにも気をつけたいところです。18歳未満の年少者は午後22時から午前5時までは法律で基本的には働けないことになっています。どんなにやる気があって早朝勤務を希望しても、朝の5時からしか働けませんので注意が必要です。

体験談

早朝バイト経験者の体験談を紹介します。「ファーストフード、女性、10代、大学生」大学生になったので学業やサークル活動もやりたいし、友人と遊んだり買い物もしたいし、と日中や夜にアルバイトをするのは私は抵抗がありました。そんな時に、近所のファーストフード店で朝の勤務シフトの求人があることを知って応募しました。開店前は商品や飲み物の準備をしたり、店舗内の清掃をしたりします。開店後は、オーダーを聞いて商品をそろえたり、レジをしたりとお客様対応をします。開店後は忙しくなりますが、マニュアルもあるし、社員やバイトの先輩がいるので問題はありませんでした。少し早起きは辛かったですが、慣れたら問題なくなり、朝型生活のリズムも整いました。たまに夜遊びしてしまって、目覚まし時計の音が聞こえず、遅刻ギリギリになってしまったのもいい経験でした。「ドラッグストア品出し、女性、60代、パート」専業主婦でしたが、子育てもひと段落し、朝のお弁当作りからも解放されました。しかし長年早起きしていたので、自然に早朝目が覚めてしまいます。ぼんやりしていてももったいないので、平日はドラッグストアの開店前3時間、品出しや清掃のパートをしています。接客がないので、自分のペースで仕事することができます。店内を歩き回るので、軽い運動にもなりますし、同世代の仲間もできて、和気あいあいと楽しく働いています。「ビル清掃、男性、60代、シニア」数年前、定年退職しました。まだまだ体も動きますので、ビル清掃の仕事をしています。共有スペースや、給湯室、トイレ掃除などをします。またゴミ出しもします。早起きは三文の得、といいますが、朝焼けを眺めながら職場へ向かうひとときは、空気も澄んでおり気持ちがよく、加えてお金も稼げるのですから良いことばかりで、まさにお得です。孫に誕生日プレゼントをねだられているので、バイト代で少し良いものを買ってやろうと思います。

もっと早朝の仕事を探す