バイトを辞める理由はどうする?例文や注意点を紹介!

  • バイトを辞めたいと考えているが、辞める理由をどのように上司に伝えればよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、バイトを辞める際の手順やバイトを辞める理由の例文、理由を伝える際の注意点などを解説します。バイトを辞めようかと考えている場合はぜひ、参考にしてください。

バイトを辞める際の前提知識や手順

  • まずは、バイトを辞める際の前提知識や辞め方などを把握しておきましょう。ここでは、バイトを辞める際のマナーや流れを解説します。
  • 退職の意思は1か月前に伝えるのが無難
    バイトを辞めたいと考えている場合には、1か月以上前に伝えるのがベストです。法律的には辞める2週間前に伝えても退職は可能となっているため、原則としては1か月前でなくても構いません。しかし、退職の意思を伝えるのが遅くなってしまうと、バイト先に迷惑がかかる可能性もあるため、早めに伝えましょう。

    1か月前に伝えておけば、バイト先も新しい人材を探すための準備ができますし、退職の手続きや引継ぎなどもスムーズに進みます。
  • 退職の意思は対面で上司に伝える
    退職の意思を伝える際には、対面で直接上司に伝えるのがマナーです。LINEや電話、メールなどで済ませてしまいたいと考える人もいるかもしれませんが、病気や事故などで対面できないといった特別な事情がない限りは対面で伝えましょう。また、伝える相手はバイトリーダーや先輩ではなく、採用に責任を持つ上司に直接伝えます。
  • 退職に必要な手続きを確認する
    退職の意思を伝えた際に、退職にはどのような手続きが必要になるかを確認しておきましょう。たとえば、バイト先によっては退職届を書くように指示されるケースもあります。その場合は、退職届を作成して提出しましょう。引継ぎが必要なら最終日までに完了するように準備する、保険証の返却について確認するなどしておくと安心です。

    バイトの辞め方についての記事はこちら

大学生向け:バイトを辞める理由の例文

  • バイトを辞める理由をどう伝えればよいか悩む人も多いでしょう。ここでは、大学生向けの例文を紹介します。
  • 学業と両立できない
    「後期から授業が増えたことに加え、レポートの提出や課題も増えアルバイトの時間を捻出するのが難しくなってしまいました。成績も落ちてきてしまったため、学業に専念するためにアルバイトを辞めさせていただきたいです。」

    学業に専念したい、バイトの負担が重くて単位の取得が危ないなどの学業に関する理由です。学生の本分は学業であり、あくまでも学業が優先されるべきです。そのため、素直に理由を伝えましょう。
  • 就職活動に専念したい
    「○月から就職活動が本格化するため、就職活動に専念したいと思っています。そのため、△月末でアルバイトを辞めさせていただきたいです。」

    大学3年生~4年生の時期は、就職活動が忙しくなる時期です。また、引っ越しなどを伴う就職は準備にも時間や手間がかかるため、バイトの時間が取れないケースも多いでしょう。退職理由としても切り出しやすいため、そのまま素直に伝えてしまって構いません。
  • 部活・サークル活動が忙しい
    「所属しているサークルで副部長に就任することになりました。これまで以上にサークル活動に時間を割く必要があるため、アルバイトを辞めさせていただきたいです。」

    部活やサークル活動に専念するために、バイトを辞めたいというケースもあるでしょう。部活やサークル活動は授業後に行うため、バイトの時間と重なってしまう場合が多いです。体力的に厳しいなどの理由を伝えるとよいでしょう。
  • 引っ越しをする
    「4月からキャンパスが移転することになったため、引っ越しをしなければいけなくなりました。出勤するには距離があり学業との両立が難しいため、2月末でアルバイトを辞めさせていただきたいです。」

    キャンパスを移転する、親の都合で引っ越しをするという場合もあるでしょう。やむを得ない事情であるため、引っ越しが決まったらできるだけ早めに退職の意思を伝えることがポイントです。
  • プライベートの時間を大切にしたい
    「バイトや学業、サークル活動の掛け持ちで自分の時間が取れておらず、学生としての趣味や旅行など、自分のための時間を大切にしたいと思いました。そのため、アルバイトを辞めさせていただきたいです。」

    バイトや学業に追われてしまって、自分の時間が作れないというケースも多いでしょう。プライベートを優先したいと伝えるのを躊躇う人もいるかもしれませんが、気にせずに素直な気持ちを伝えてしまって構いません。

主婦向け:バイトを辞める理由の例文

  • ここでは、主婦向けのパートを辞める理由の例文を紹介します。ぜひ、参考にしてください。
  • 家庭との両立が忙しい
    「家事、育児とパートとの両立が思った以上に体力的に厳しく、体調不良になることが増えてきてしまいました。しばらくは家庭のことに専念したく、退職させていただきたいと思っています。」

    パートと家庭との両立が難しいという理由は、納得してもらいやすい理由の1つです。この際、理由を詳細に説明する必要はなく、「家庭との両立が難しかった」「育児との両立が体力的に厳しい」などで構いません。
  • 親の介護が必要になった
    「父の持病が悪化して、当面の間介護が必要になりました。パートと介護の両立が難しく、復帰する目途も立たないため、退職させていただきたいと思っています。」

    親の介護、介護というほどではないが病院へ付き添いが必要など、親の面倒を見る時間が増えるケースもあるでしょう。この際も、育児や家事と同様に詳細な理由を説明する必要はありません。伝えられる範囲で素直に伝えるとよいでしょう。
  • 夫の転勤が決まった
    「夫が転勤することになり、家族ともに転居することになりました。県外へ引っ越すため出勤が難しく、退職させていただきたいと思います。」

    夫の異動による転勤、単身赴任なども納得してもらいやすい理由の1つです。転勤に伴って家族全員で引っ越すという場合は、物理的に出勤できなくなるため引き留められにくいでしょう。また、夫が単身赴任するため家事・育児の負担が増えるという場合も、そのまま伝えてしまって構いません。
  • 違う仕事がやりたい
    「現在の仕事にもやりがいを感じていますが、憧れていた仕事の募集があり再来月からその職場で働くことになりました。そのため、退職させていただきたいです。」

    やってみたい仕事があるという場合もあるでしょう。この場合、ポジティブな理由を伝えるのがポイントです。たとえば、「興味のある仕事の募集があった」「正社員としてチャレンジしたい」というように、前向きな思いを伝えましょう。
  • 業務内容が合わない
    「接客にもいずれ慣れるだろうと思っていましたが、どうしてもお客さまと直に接する仕事は自分に合っていないと感じています。申し訳ありませんが、異なる仕事に移りたいため退職させていただきたいと思います。」

    パートとして働いてみたが業務内容が合わない、肉体的にも精神的にも働くのが辛いというケースもあるでしょう。ネガティブな内容にはなってしまいますが、素直に自分には合わなかったということを伝えます。

バイトを辞める理由を伝える際の注意点

  • バイトを辞める理由を伝える際には、嘘をつかないようにしましょう。嘘の理由を伝えると後からバレてトラブルになる可能性もあります。人間関係や親の病気など伝えにくいようにネガティブな理由の場合は、詳細を伝える必要はありません。「一身上の都合で」などで構わないため、嘘をつかないようにしましょう。

次の仕事探しならシフトワークスを利用しよう!

  • バイトを辞めた後に次のバイト先を探すなら、シフトワークスがおすすめです。シフトワークスは、働きたい曜日と時間から自分に合った仕事を探せるアルバイトサイトです。学生歓迎や主婦歓迎のバイトなども特集として組まれているため、学業や家事・育児の合間に仕事をしたいという場合にも、自分に合ったバイトを探しやすくなっています。

バイトを辞める理由に関するQ&A

  • バイトを辞める理由で悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、バイトを辞める理由に関してよくあるQ&Aを紹介します。
  • 精神的な理由でバイトは辞められる?
    職場環境が合わない、人間関係が上手くいかなくて精神的に辛いなど、精神的な理由でバイトを辞めたいと思うこともあるでしょう。精神的な理由でもバイトを辞めることは可能です。ただし、精神的な問題を伝えにくいという人も多いでしょう。その場合は、「健康上の問題で」というように表現を変えて伝えても構いません。
  • 辞める理由によっては即日退職できる?
    何らかの理由ですぐにバイトを辞めたいという場合には、バイト先との合意があれば可能です。民法第628条により定められているため、即日退職したい場合にはバイト先の上司に相談してみるとよいでしょう。どうせ辞めさせてくれないから、即日退職したいと言い出しにくいなどの理由であっても、ばっくれるのはNGです。必ず上司に相談しましょう。

    ※参考:民法第628条 | e-GOV法令検索

    バイトのばっくれについての記事はこちら
  • 退職届に記載する理由はどうすればいい?
    バイト先から退職届の提出を求められた場合には、退職届を作成して提出する必要があります。退職届には退職の理由を記載するのが一般的ですが、この際詳細な理由を記載する必要はありません。基本的には「一身上の都合により」と記載すればよいため、学業との両立や家事・育児との両立などの細かい理由は書かなくて問題ないでしょう。

    バイトの退職届についての記事はこちら

    パートの退職届についての記事はこちら

まとめ

  • バイトを辞める際に、理由をどう伝えればよいか迷っている人も少なくありません。この記事で紹介した例文を参考にしながら、嘘をつかずに素直に理由を伝えましょう。また、違うバイトに移りたいという場合には、退職手続きと並行しながら仕事探しをするのもおすすめです。

    シフトワークスは、時間と曜日で条件を絞って自分に合った仕事探しができる求人サイトです。自分が働けるシフトから仕事を検索できるため、スキマ時間を有効活用しやすくなっています。自分に合った仕事探しがしたいなら、シフトワークスをご利用ください。