人気バイト徹底解剖!お中元シーズンに採用爆増「倉庫内軽作業」

倉庫内軽作業は、夏のお中元シーズンに採用が爆増する人気バイトです。腕力に自信のない人でも気軽に出来るものが多く、初心者でも歓迎される倉庫内軽作業を徹底解剖しちゃいます。

2014/07/08

倉庫内軽作業ってどんなお仕事?

倉庫内軽作業』は、主に倉庫や工場内でのお仕事です。
物流のための仕分けや検品、シール貼りや梱包、発送準備のような作業が中心になっています。

倉庫内軽作業のアルバイト"

一連の流れを一人で行う場合もありますし、ラインを組んで分業制をとっている現場もあります。荷物の積み下ろしなどの腕力のいる作業は男性に、検品やシール貼りなど細かな作業は女性に、と作業によって分担を振る倉庫もあるようです。

「私の場合、"女の子だから"って勤務当初は検品作業の担当だったのですが、実は自他とともに認める大雑把。品物を間違えたり、伝票をばらまいたりとミスを多発してしまいました。怒られることはなかったんですが、あまりに手際が悪くて…。手伝ってくれた同僚の男の子のほうが仕事が丁寧で、私は検品済ダンボールを運んでいる時間のほうが長くなり、そのうち彼と私で運搬と検品が逆転。自分も力仕事のほうが気楽で楽しかったです♪」(20代・女性)

倉庫内軽作業ではどんな人が働いているの?

倉庫ピッキング

倉庫内軽作業の募集・採用では、その大半が年齢の制限がありません。10代から50代まで、現場では幅広い年齢層が働いています。

「学生の時に初めて倉庫内軽作業のバイトにチャレンジしました。地方の倉庫だったせいもあって一番自分が年齢が下、しかも当時運動系の部活をやっていたので"これは若さを見せつけちゃうかな!"と張り切っていたのですが、ベテランの人たちの早いこと早いこと…。自分にくらべて全然力のなさそうな、年配の小柄な女性が、普通の人の三倍くらいのスピードで作業をしてるのを目撃しちゃいましたよ。」(20代・男性)

また、仕分けやラベル貼りといった軽作業が大半で、力仕事はごく一部。 「倉庫」「作業」と聞くと男性の活躍が多そうですが、実は男女比としては女性のほうが多い現場も珍しくありません。
夏休みや冬休みの長期休暇の時期は、お中元・お歳暮等の繁忙期が重なることもあり、学生さんも多く働いています。お仕事自体はとても簡単なので、まったく未経験という方でも問題ないので、初めてのアルバイトという方にもハードルが低いようです。

年齢も性別も関係ない?未経験でもウェルカムです!

倉庫内軽作業のアルバイトは、いつ頃募集してるの?

倉庫軽作業の募集

長期の場合や繁忙期は1週間以上前から募集している場合もありますが、宅配事業が盛んな昨今、いつでも現場は人手不足。「明日すぐに来てほしい」という求人も相当な数あります。前日スピーディに書類選考して即採用、面接なしで現場入り…ということも少なくありません。特にねらい目は、夏・冬の繁忙期。お中元・お歳暮や贈答の季節は、1日限定でも歓迎される採用倍増時期なのです。

「いくつか掛け持ちでアルバイトをしていた夏のことです。プールの監視員、イベントスタッフ、ティッシュ配りと色々試していたのですが、2~3日だけのつもりで入った倉庫内軽作業が思いのほか楽しくて…。暑い時期に屋内で、というのも大きかったのですが(笑)、忙しいまっさかりだったので先輩方にオヤツだ飲み物だと可愛がってくれるアットホームな現場でした。つい離れがたくなってしまい、結局卒業するまでバイトを続けてしまいましたね。」(20代・男性)U

面接なしで直行できる募集もあるので、まずは「1日だけ」でもチャレンジ!

※記事に使用されている画像はイメージです。本文と直接の関係はありません。
写真:アフロ 他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加