works by シフトワークス

おしゃれバイトでモテたいっ!対決、カフェV.S.イタリアンレストラン

おしゃれバイトでモテたいっ
対決!カフェV.S.イタリアンレストラン

2014/09/02

フード・飲食系アルバイトは、初心者からベテランにまで人気のバイトです。なかでも『カフェ』と『レストラン』は注目度バツグン! おしゃれなイメージが強い二大アルバイト、ベテランアルバイターの体験談を公開です!

オーダーの響きがかっこいい♪ イタリアンレストランでアルバイト

時給も良くてオシャレで、初心者OK……見つけた!運命のアルバイトデビュー
運命のアルバイトデビュー

私のアルバイトデビューは高校生の時です。その頃はまだ、アルバイト経験のある友人は周囲にもわずか。 「時給が良くてカッコイイところでバイトしたい!」と話してはいましたが、そんな条件の良い高校生向けのアルバイトは、なかなか見つかりません。

そんな時に、まさに"運命のアルバイト"と出会ったんです。
きっかけは、アルバイトサイトから届いた「自宅の近くで求人がある」とおすすめするメールマガジン。 アルバイト求人内容は、イタリアンレストランのホールです。
「高時給」「初心者OK」「学生OK」という条件にも惹かれましたが、発音もできないようなオシャレな店名とオトナな雰囲気の外観写真に釘付けになりました。
「これは!」と思い、即応募。「未経験の自分がPRできるのは、熱意しかない!」と思ったので、とにかく一生懸命に自己PRを書いた記憶があります。

メニューはイタリア語。厨房へのオーダーは、言葉の響きが快感!
厨房へのオーダーはイタリア語

無事に採用されたイタリアンレストランでのアルバイトは、初心者にとって何もかもが驚きの連続でした。 その店では、メニューはもちろん、店内の指示まで全てイタリア語でした。ボンジョルノ、ボナセーラから始まり、"はい"はシー、1・2・3はウーノ・ドゥーエ・トゥレ…。 英語ですらあやふや、接客自体も初めての高校生にとっては、まさに"未知との遭遇"でした。

お客様からの注文は小型の機械で受けるのですが、「そのメニューはどのジャンルに入っているのか」を理解していなければ、 素早く打ち込むことはできません。慣れないうちはひたすら紙に書いて、裏に行って機械に入力する…という二度手間をかけていました。

とにかく"習うより慣れろ"とばかりに丸暗記、先輩スタッフの真似をしていましたが、一月ぐらいで何とか様になってきました。 なかでも一番好きだった仕事が、お客様の注文を受けるオーダーです。「コマンダ、ピッツァマリナーラ ペルファヴォーレ!」などと厨房に呼びかけるたびに、響きのかっこよさに酔いしれていました(笑。

友人たちがランチタイムに仕事を覗きに来たことがありますが、翌日「イタリア語すごかった!」と教室で囲まれてしまいましたよ。

イタリア語を覚えるとスペイン語にも役に立つ?!
イタリア語を覚えるとスペイン語にも役に立つ

通いやすさもあって、結局就職するまでそのイタリアンレストランで働いていたのですが、得たものは予想以上に多かったと思います。
まず、イタリア語を覚えたことで、スペイン語の習得にも役立ったこと。言語も似ているし、単語が同じだったりするので、 大学でスペイン語を履修した際に「あ、これ聞き覚えがあるな」と感じることがしょっちゅうありました。
スペイン留学にも行きましたが、耳が馴染んでいるせいか会話が聞き取りやすかったです。特に、食材などの食べ物に関する迷いはゼロ。 スペインのレストランではパスタよりパンや米のメニューのほうが多いので、そこは「あれ?」と首をひねってしまいましたけどね。

ワインやイタリアンの知識があると、やっぱりモテる?
ワインやイタリアンの知識

イタリアといえば、やはりワイン。私のアルバイトも、夜のシフトに入ることができるようになると、ワインに接する機会が一気に増えました。 赤ワインはロッソ、白ワインはビアンコ。食前酒なら発泡ワインのスプマンテ。どのように保存すればいいのか、どのような物が美味しいのか、甘めと辛めのワインの味の違いなどなど。 先輩スタッフや常連さんにも詳しい人が多く、閉店後に"実地"で教えてもらえることもありました。

初心者にとって、ワインには「マナーや知識がないと楽しめない」と思ってしまうハードルがあるようです。 そのため「ワインバーに入ったことがない」という人にエスコートを申し出ると、高確率で喜んでもらえます。
またワインバーのメニューは、生ハムやチーズ、グリッシーニなどイタリアン中心になっていることが多いので、ここ一番でカッコつけたい時などにも、もってこいだったりします。(笑

(インタビュー: 30代 男性)

『このアルバイトは必ずモテる!』と断言はできませんが、 一生懸命に働いて、
キラリと光る知識をしっかり身に着けている姿は、魅力的に違いありません。
人生を輝かせてくれる、そしてちょっぴりオシャレな気分を味わえる運命のアルバイトは
まだ他にもたくさんありそうです。ぜひチャレンジしてみてください!

※記事に使用されている画像はイメージです。本文と直接の関係はありません。

写真:アフロ 他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ページトップへ戻る