バイトをズル休みするときの理由は?理由の伝え方や適切な対処方法を解説

  • バイトのシフトが入っている日に急な用事ができ、休まなければならなくなるケースもあります。しかし、休む際に何と伝えればよいか分からず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

    この記事では、急遽バイトを休みたくなった際の伝え方を解説します。ズル休みのリスクや抵抗がある場合の対処法についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

バイトをズル休みするリスク

  • やむを得ない理由があればバイトを休んでも仕方ないと判断される可能性が高いものの、ズル休みについてはさまざまなリスクが考えられます。たとえば、無断で休んだり、嘘をついたりする行為を繰り返せば、バイト先からの信用を失うリスクがあります。最悪の場合、解雇される恐れがあるでしょう。

    バイトを急に休みたくなったときは、バイト先の納得を得られる理由を伝えることが大切です。バイトをどうしても休みたいとしても直前の連絡は避け、自ら代理の人材を探す必要があります。

ズル休みをするタイミング

  • バイトは特別な理由がないと休めないわけではありません。シフトが作成される前なら、理由を伝えなくても休みを確保できます。休みたい理由は、家庭の事情、学校、プライベートなど何でも問題ないでしょう。

    しかし、シフトが作成された後に休みの希望を申し出れば、理由を聞かれる可能性が高いです。また、シフトの当日や前日に急遽休むなら、必ず理由を伝える必要があります。体調不良や家族に関する理由であれば、比較的納得を得やすいです。仮にズル休みする場合も、可能な限り嘘や言い訳にならないようにしましょう。伝え方によっては解雇につながる恐れもある点には注意が必要です。

ズル休みに抵抗があるときの対処法

  • バイト当日のズル休みは避ける
    基本的に、バイト前日や当日になってから休みの連絡を入れてはいけません。そのような対応では、バイト先から不満をもたれる恐れがあります。嘘をつけば罪悪感により自分が辛い気持ちになったり、ズル休みをする癖がついたりするリスクもあります。どうしても休みたいなら次週以降で休めるタイミングがないか検討し、バイト先に交渉しましょう。
  • シフトを減らしてもらう
    バイトを休みたいと思うタイミングが多いなら、そもそもシフトを全体的に減らしてもらったほうがよいでしょう。バイトに行きたくない根本的な理由は、シフトが多すぎるからである可能性もあります。特に、休みたいと思う状況が続いていれば、次の調整の時期にシフトを減らす希望を出してみてください。シフトが少なくなれば無理なく働けるようになり、休みたいと思わなくなる可能性もあります。

    ただし、人間関係や業務内容などが原因でズル休みしたい場合はそもそも職場が合っていないため、辞めることも視野に入れましょう。

バイトを休むときの対応方法

  • ここでは、バイトを休む際の具体的な対応方法について解説します。
  • 無断欠勤はしない
    無断欠勤やドタキャンは避け、必ずバイト先に連絡したうえで休みましょう。連絡がないと遅刻なのか欠勤なのか判断できず、バイト先に迷惑がかかります。無断欠勤をすればそれまで構築してきた信用を失う可能性が高いため、今後も働き続けたいなら避けるべきです。
  • 早めに連絡をする
    バイト先では仕事量に合わせてシフトの人数を調整しています。そのため、急に休むと仕事量に対して人数が足りなくなり、シフトに入っている人の負担が増えます。バイト先全体に迷惑がかかるため、注意が必要です。バイトを休むならバイト先が人数調整できるよう、可能な限り早めに連絡する必要があります。
  • 休む理由を伝える
    基本的に、バイトを休む理由は正直に伝えるべきです。たとえば、体調不良や外せない急用などが理由の場合、丁寧に伝えれば理解してもらえる可能性があります。単に自分が休みたいという理由ではバイト先の納得を得られないため、事実に基づいてバイト先が納得できる理由を伝える必要があります。

バイトを休むときの理由と伝え方

  • バイト先を休む場合、何と伝えればよいのでしょうか。ここでは、具体的な理由や伝え方について解説します。
  • 体調不良
    体調不良でバイトを休む場合、基本的に病名や症状などは細かく伝えなくて構いません。まずは体調不良と伝え、もしバイト先から詳細を聞かれたら病名や症状などを説明しましょう。回復の目安も伝えると、バイト先がシフトを調整しやすくなります。

    なお、インフルエンザや新型コロナウイルスなどの感染力が強い病気については、バイト先から診断書の提示を求められる可能性があります。
  • 身内のトラブル
    バイトを休む理由が身内のトラブルの場合も詳しい理由を述べる必要はなく、家庭の事情で休むと伝えれば十分です。バイトを再開できるタイミングが分かっていれば、休みの連絡の際にあわせて伝えておきましょう。休む期間が長くなる可能性があるなら、できれば事前に相談しておいたほうがよいです。
  • 寝坊
    急な欠勤の理由が寝坊の場合、言い出しづらいですが、正直に伝えたほうがよいでしょう。謝罪の言葉とともに今後は同じミスを繰り返さないと伝えれば、バイト先も納得してくれる可能性があります。謙虚な姿勢を大切にし、誠意をもって伝えることが大切です。
  • 冠婚葬祭
    バイトを休む理由としては、冠婚葬祭もあげられます。ただし、結婚式や法事などは事前に予定が決まっているため、急に伝えるとバイト先に不信感を与え、詳細な説明が求められる可能性が高いでしょう。予定が分かった時点でなるべく早めに伝え、バイト先のシフト調整に影響が出ないよう配慮することが大切です。

    訃報を受けて急に休む必要が生じた際は、分かった時点ですぐにバイト先に連絡して休みの相談をしましょう。
  • 悪天候のときの伝え方
    台風や大雪などの悪天候により、やむを得ずバイトに行けないケースもあるでしょう。そのような急なトラブルでバイト先に出勤できないときは、状況を具体的に伝えて理解を得る必要があります。
  • <交通網の乱れ>
    電車やバスが止まった場合、トラブルが発生した時間や復旧時間を伝えると、バイト先も状況を把握しやすくなります。出勤途中で急に交通網が乱れて出勤時間に間に合わなくなったなら、分かった時点で早めに連絡しましょう。

バイトを休むときの伝え方

  • バイトを休む理由は、他にも考えられます。以下で詳しく解説します。
  • 授業が長引いた
    学生の場合、授業や部活が長引いたせいでバイトを休まざるを得なくなるケースもあります。そのような状況に陥ったら、まずは理由を素直に伝えましょう。授業や部活は学生の本分であるうえに、終了時間は自分の意思ではコントロールできません。そのため、やむを得ない理由として認められる可能性があります。
  • シフトを間違えた
    場合によっては、シフトを忘れたり間違えたりする状況も考えられます。気づいたタイミングで勤務時間がほとんど残っていないなら、その時点で欠勤を申し出てください。もし間に合うなら遅刻して出勤すると伝えましょう。
  • 家庭の事情で遅れた
    家族が病気や怪我をしたり、その他の急用が発生したりした結果、バイトを遅刻または欠勤せざるを得なくなるパターンもあります。そのような状況でも早めの連絡を心がけ、その後のシフトに入れるかどうかも含めて伝えましょう。
  • 就職活動で休みたい
    就職活動や試験のためにバイトを休みたい場合は、分かった時点で速やかに連絡しましょう。特に就職活動では自分の都合に合わせて時間調整できるとは限らないため、注意が必要です。バイト先には事前に相談しておくと安心です。

    バイトを休む理由の伝え方についての記事はこちら

まとめ

  • バイトをズル休みするとバイト先からの信用を失ったり、解雇につながったりする恐れがあるため、注意が必要です。やむを得ない理由がある場合、丁寧に説明すれば理解を得られる可能性があります。休む必要が生じた時点で早めに連絡を入れ、バイト先が調整できるよう配慮しましょう。

    シフトワークスは、時間やシフトをもとにバイトを探せるサービスです。働けるタイミングに合う仕事を効率的に検索できるため、自分にマッチするバイトをスムーズにみつけられます。全国のさまざまな業界・業種のバイトが掲載されています。無理なく働けるバイトを探すために、ぜひ活用してください。