バイトの面接に適した髪型は?男女別にポイントや避けるべき髪型を解説!

  • バイトの面接では、面接官とのやり取りを通して合否を判断されます。見た目の雰囲気や印象は重要な要素なので、身なりを整えて第一印象をよくしたほうが有利になるでしょう。この記事では、バイトの面接における髪型について解説します。男女別の髪型のポイントや避けるべきポイント、髪型以外にも気を付けるべき点などを解説するので、参考にしてください。

バイトの面接における髪型の基本

  • バイトの面接において、髪型は印象を左右する重要な要素です。ここでは、バイトの面接における髪型の基本を解説します。
  • 清潔感を保つ
    バイトの面接における髪型の基本として、清潔感を保つことが挙げられます。汚れていたり乱れていたりする髪は、相手に悪い印象を与えてしまいます。「スケジュール管理ができないのでは」「仕事にも影響があるのでは」と思われてしまうと、不採用にされかねません。

    面接の前には髪を洗う、寝癖を直して髪型を整えるなどして、生活するうえで問題のないレベルにしておきましょう。
  • 派手な髪型・髪色は避ける
    派手な髪型・髪色は、バイトの面接では避けましょう。髪型や髪色が派手すぎると、相手に不快な印象を与えかねないからです。髪型や髪色に関する規定があればそれに従い、規定が緩い場合でも抑えめにするべきです。たとえば、金髪や原色系の色味は避け、黒や暗めの茶色にしましょう。
  • 前髪は顔が隠れない程度にする
    前髪は顔が隠れない程度にすることも、バイトの面接における髪型の基本です。前髪が長すぎると顔が隠れてしまい、表情が伝わりにくくなって暗い雰囲気になります。また、身だしなみが整っていないとして、清潔感に欠ける印象を与えかねません。あらかじめ顔が隠れない程度に切るか、横に流してピンで留めるなどして対策をしましょう。
  • 極端なパーマは避ける
    バイトの面接に臨む際は、極端なパーマは避けましょう。たとえば、ツイストパーマやスパイラルパーマなど派手な髪型は、相手に悪印象を与えかねないので避けた方が無難です。なお、落ち着いた雰囲気を演出できるなら、パーマをかけること自体は問題にはなりません。
  • 最近では髪型自由のバイトもある
    バイトによっては、髪型が自由な場合もあります。具体的には、アパレルやコールセンター、倉庫内作業などは、髪型に関する規定が緩い傾向です。バイトのために髪型を変えなくて済みます。

    髪型自由の求人を探す

バイトの面接における男性の髪型のポイント

  • バイトの面接における男性の髪型のポイントを解説します。それぞれの詳細は以下のとおりです。
  • 長髪は避ける
    バイトの面接における男性の髪型のポイントとして、長髪を避けることが挙げられます。男性の場合は、基本的に長髪を避けたほうがよいとされています。長髪は派手な印象やだらしない雰囲気になりがちなためです。
  • 襟足やサイドは短くする
    襟足やサイドを短くすることも、バイトの面接における男性の髪型のポイントです。襟足やサイドは短めの方が、清潔感があって明るい印象にしやすくなります。長い場合でも、ワックスでまとめて後ろに流し、耳を出すなどすると印象がよくなるでしょう。
  • ワックスを付けすぎない
    ワックスは髪を整えるために用いますが、付けすぎると清潔感に欠ける印象となって逆効果になりかねません。髪がベッタリとして重たい雰囲気にもなるため、あくまで髪を整える程度に抑えるべきです。また、香料の付いているワックスはなるべく避けて、無香料のものを使いましょう。香料付きのワックスを使う場合は、付けすぎて匂いが強くならないように注意が必要です。
  • 派手なツーブロックは避ける
    ツーブロックはサイドや襟足の髪を刈り上げて短髪にするため、バイトの面接においては基本的に問題ありません。しかし、極端に高い位置まで刈り上げていたり、長さが短すぎたりすると、派手な印象を与えかねないため避けましょう。

バイトの面接における女性の髪型のポイント

  • バイトの面接における女性の髪型のポイントを解説します。具体的なポイントの詳細は次のとおりです。
  • 髪が顔を邪魔しないようにする
    顔に髪がかかると表情が伝わりづらくなったり、だらしない印象になったりするため避けるべきです。特に、長髪の場合は、顔が髪にかからないような工夫が求められます。具体的には、後ろで1つに結ぶ、肩の後ろに流して耳にかけるなどです。

    ハーフアップにして顔周りの髪をまとめたり、ピンやワックスなどを使ったりすることもおすすめです。また、ボブなど短い髪型の場合でも、顔に髪がかかるようなら整えましょう。
  • 顔の横や高い位置で髪をまとめない
    顔の横や高い位置で髪を結ぶと、ラフな印象になりやすいため面接の場には向いていません。そのため、ポニーテールやサイドテール、ツインテールやお団子ヘアなどは避けたほうが無難です。基本的には、頭の後ろに低い位置で1つに結ぶことがおすすめです。
  • 派手なヘアアクセサリーは避ける
    髪を束ねたり整えたりすることは重要ですが、ヘアアクセサリーが派手だと逆効果になりかねません。色や装飾が派手だったり、サイズが大きく目立ったりするヘアアクセサリーは避けましょう。基本的には、無地の黒色や茶色のゴムを使うことが推奨されます。

男性がバイトの面接で避けるべき髪型

  • 男性がバイトの面接で避けるべき髪型はいくつかあります。ここからは、具体的な髪型とそれぞれの避けるべき理由を解説します。
  • 七三分け
    七三分けは誠実で真面目な雰囲気を演出し、ビジネスシーンで用いられやすい髪型です。しかし、堅苦しい印象を与えてしまうとして、バイトの面接では好感を得られない可能性もあります。バイトの職種によっては、カジュアルな雰囲気が求められる場合もあるため、七三分けは避けたほうが無難です。
  • オールバック
    オールバックはフォーマルな印象を与える一方で、威圧感のある雰囲気にもなりやすい髪型です。また、髪型をオールバックにするために整髪料を多用しすぎると、相手に不快感を与える可能性もあります。
  • 刈り上げ
    バイトの面接に臨む際は基本的に短髪の方が望ましいですが、刈り上げまで短くしてしまうと逆効果な場合もあります。反社会的な人物のように見えやすく、威圧感のある雰囲気にもなりやすいためです。

女性がバイトの面接で避けるべき髪型

  • 女性がバイトの面接で避けるべき髪型もいくつかあります。ここからは、具体的な髪型とそれぞれの避けるべき理由を解説します。
  • ポニーテール
    高い位置で髪を結ぶポニーテールは、カジュアルな印象を与えてしまうため面接には不向きです。また、ポニーテールにするにあたり浮き毛や後れ毛が出ると、だらしないと思われる可能性もあります。そのため、ポニーテールにする場合は、低い位置で髪を結ぶなどの対策をするべきです。ポニーテールだけではなく、髪が顔にかかって邪魔になりやすいサイドポニーも避けましょう。
  • お団子
    髪型をお団子にする場合は、お団子を作る位置に注意が必要です。高い位置にお団子を作ると、子どもっぽい印象になります。そのため、後頭部の中央を基準に、それよりも下の位置でまとめましょう。
  • ぱっつん前髪
    前髪の毛先を直線に切りそろえる、いわゆるぱっつん前髪はバイトの面接には適していません。幼く見えたりカジュアルすぎる印象を与えたりするためです。前髪は直線に切りそろえない、直線に切りそろえていても、斜めに流すなどが対策として挙げられます。
  • 長い後れ毛や触覚
    長い後れ毛や触覚は、まとまりがなく清潔感がない印象になりがちなので、バイトの面接では避けましょう。短い場合でも、ピンで固定するなどして余分な毛が出ないようにすると、印象がよくなります。

髪型以外の見た目で気を付ける部分

  • 髪型以外にも、見た目で気を付ける部分はあります。ここからは、髪型以外で気を付ける部分と、具体的な注意点を解説します。
  • 眉毛
    眉毛を整えておくと、清潔感が増して相手に好印象を与えやすいでしょう。整え方には、うぶ毛を眉毛用のカミソリで剃ったり、長さを一定にしたりすることなどが挙げられます。
  • 適切な服装を心掛ける
    服装は無地かつ落ち着いた色のものを選ぶことが大切です。たとえば、オーバーサイズやダメージ加工のある服は、カジュアルな雰囲気になるため、面接には向いていません。また、靴はスニーカーや革靴などが適切で、素足の見えるサンダルなどは避けましょう。

    バイト面接にふさわしい服装についての記事はこちら

  • 男性の場合は髭を綺麗に剃っておくことをおすすめします。髭が綺麗に剃られていると、清潔感のある印象になります。しかし、剃り残しがあると、だらしないと思われかねません。そのため、丁寧な髭剃りを心掛けましょう。

履歴書の写真と同じ髪型にすべき?

  • 証明写真の髪型と現在の髪型が異なる場合でも、本人とわかる範囲内であれば問題はありません。しかし、あまりにも見た目が異なり、同一人物と判断することが難しいと判断されると、証明写真の撮り直しが必要になります。なお、履歴書の写真は、撮影から3か月以内の写真を使うことが一般的です。

まとめ

  • バイトの面接における髪型の基本や、男性・女性それぞれの髪型のポイント、避けるべき髪型などについて解説しました。髪型は見た目の雰囲気や印象を大きく左右するため、面接に臨む際は適切に整えましょう。しかし、バイトのために髪型を変えたくないという場合もあるかもしれません。

    髪型を変えたくない場合は、髪型の規定が緩いバイトを探すことがおすすめです。シフトワークスでは、条件や職種などからバイトを探せます。時間やシフト、エリアなどからも選べるため、バイトを探している人は、ぜひシフトワークスをご利用ください。