バイトの掛け持ちで片方をやめる理由は?判断基準や注意点なども解説!

  • バイトの掛け持ちは、収入が増えたり学びがあったりと、多くのメリットがあります。しかし、掛け持ちをすることは体力的・精神的に負担が大きいため、掛け持ちをやめて1つのバイトに絞る人も珍しくありません。

    この記事では、バイトの掛け持ちで片方をやめる際の理由について解説します。バイトの掛け持ちを片方やめる際の判断基準や、バイトをやめる際の注意点なども解説するので、参考にしてください。

バイトの掛け持ちとは?

  • バイトの掛け持ちとは、複数のバイト先で働くことです。収入が安定・増加したり、複数の業種・職種の仕事を経験できたりするといったメリットがあります。

    しかし、単純に働く時間が増えるため、体力的・精神的に疲労が溜まりやすいことがデメリットです。疲労が溜まるとパフォーマンスが落ちて業務の効率が下がる他、体調を崩してしまうかもしれません。

    そのため、バイトの掛け持ちで体力に限界を感じている場合は、適切なタイミングで片方のバイトをやめることも大切です。

    バイトの掛け持ちについての記事はこちら

バイトの掛け持ちを片方やめる際の判断基準

  • ここからは、バイトの掛け持ちを片方やめる際の、判断基準について解説します。具体的な内容とそれぞれの詳細は、以下の通りです。
  • 給料の程度
    バイトの掛け持ちをやめる際の基準になるのが、給料の程度です。収入が多いバイトをやめてしまうと、全体の収入が大きく下がってしまいます。

    そのため、収入が少ないバイトから優先的に検討するようにしましょう。バイトの掛け持ちをやめるとその分全体の収入も減るため、生活への影響も考慮して判断することが大切です。
  • 出勤の頻度
    出勤頻度の少ないバイトから、退職の検討をするのがおすすめです。出勤数が少ないバイトなら、やめても他の人がカバーしやすく、職場に与える影響もそこまで大きくありません。

    反対に、出勤の頻度が多いバイトをやめようとすると、人手不足を理由に引き留められやすいため、やめづらさを感じてしまう場合があります。
  • 勤務期間の長さ
    勤務期間の長さも、やめるバイトを選ぶ際の基準になります。やめることで発生する影響を考えると、勤務期間の長いバイトはやめづらくなります。勤務期間が長いバイトだと、重要性の高い業務を任されたり、責任のある立場になっていたりするからです。

    対して、勤務期間が短いバイトなら、担当する業務の内容は限られています。やめることによる影響も少ないため、退職を了承されやすいでしょう。
  • 通勤時間の長さ
    通勤時間の比較も、バイトの掛け持ちを片方やめる際の判断基準になります。通勤時間には時給が発生しないにも関わらず、時間の制約や負担が大きくなり、疲労が溜まってしまうでしょう。

    また、交通費が支給されたとしても、収入が増える訳ではありません。そのため、通勤時間が長い方のバイトをやめることがおすすめです。
  • 人間関係の状態
    人間関係の状態も、掛け持ちを解消する際にやめるバイトを選ぶ基準となります。バイト先に仲の良い人がいたり、人間関係が良好な職場だったりする場合は、自身がやめることでチームワークに影響が出る可能性もあります。

    しかし、顔見知り程度の関係性だったり、話す機会が多くなかったりする場合は、やめても大きな問題は発生しないでしょう。チームワークへの影響が考えられにくい他、心理的に懸念となる部分がないためです。
  • 私生活への影響
    私生活への影響を考慮して、やめるバイトを決めるのも選択肢の1つとして挙げられます。たとえば、早朝・深夜のバイトをしているなら、睡眠時間の確保がやめる理由になります。

    他にも、土日にシフトが入っているバイトなら、交友関係への影響を減らすために、やめる選択肢に入れたほうが良いかもしれません。
  • 得られるスキル
    飲食店ならコミュニケーション力、販売系なら正しい言葉遣いや敬語などというように、バイトによって得られるスキルも、やめる際の判断基準になります。

    バイト先ごとに得られるスキルや経験を考慮して、やめても自身の成長に影響がないと判断したほうをやめましょう。

バイトの掛け持ちを片方やめる際に用いる理由

  • バイトの掛け持ちを片方やめたいと考えているなら、適切な理由を伝えましょう。ここからは、代表的な理由とそれぞれの詳細を解説します。
  • 勤務時間が合わない
    勤務時間が異なるバイトを掛け持ちしている場合は、勤務時間が合わないことが理由に挙がります。

    具体的には、高齢の親と同居することになって現状のシフトで働けなくなったり、学業に専念するためバイトに時間を割けなくなったりといった例が挙げられます。現状の時間帯・シフトで働くことが難しい旨を伝えましょう。
  • 他のバイトの優先度が高い
    バイト以外の優先事項がある場合は、それを理由にバイトの掛け持ちをやめましょう。たとえば、将来的に料理に関する仕事に携わりたい場合は、飲食店のバイト1本に絞りたい旨を伝えます。

    自身がやりたいことを素直に伝えられれば、理解が得られたり、応援してもらえたりするでしょう。
  • 別のバイトで良い条件が提示された
    別のバイトで良い条件を提示されたことを理由に、バイトをやめることも可能です。バイトをやめようとすると、待遇を上げることを条件に引き留められる可能性があります。

    そのため、条件を合わせられないように多少誇張することも検討しましょう。目安としては、やめたいバイトの時給を基準として、1.5倍の額を提示されたと伝えると効果的です。
  • キャリア形成の都合がある
    キャリア形成の都合も、バイトをやめる適切な理由になります。掛け持ちしているもう1つのバイトに専念して、専門性を上げたりキャリア形成を目指したりしたい旨を伝えましょう。

    待遇面を理由としないため、待遇を上げて引き留められる事態に発展しにくいでしょう。

バイトの掛け持ちをやめる際の注意点

  • バイトの掛け持ちをやめる際は、いくつか注意するべき点があります。具体的な注意点とそれぞれの詳細は、以下の通りです。
  • やめることを早い段階で伝える
    掛け持ちのバイトをやめると決めたら、なるべく早い段階で辞職する意思を伝えましょう。退職報告は、退職希望日の1か月以上前に実施することが一般的です。

    なお、法律上は最短2週間で退職可能で、双方の同意があれば即日退職もできます。しかし、急に退職すると他の従業員の負担が大きくなり、迷惑がかかってしまいます。繁忙期など、人手が足りなくなると困る時期を避けて伝えるようにしましょう。

    バイトの辞め方についての記事はこちら
  • 他のバイトについては触れない
    バイトをやめる理由を伝える際に、他のバイトについては触れないようにしましょう。別のバイトを優先するためにやめると言ってしまうと、不快に思われる可能性があります。

    また、学業に専念したいや就職活動が始まるなど、相手が納得するような建前の理由を使って、円満な退職を目指しましょう。
  • 分かりやすい嘘をつかない
    掛け持ちのバイトをやめる際は、相手を不快にさせず、辞職するに値する理由を伝えましょう。しかし、親が入院したり引っ越ししたりするなどの分かりやすい嘘は、つくべきではありません。
  • 電話ではなく直接会って伝える
    バイトをやめたい旨を伝える際は、なるべく電話ではなく直接会って伝えるようにしましょう。しかし、予定を合わせることが難しかったり、引き留められる懸念があったりと、電話で伝えるほうが適している場合もあるので、注意が必要です。

まとめ

  • バイトの掛け持ちは収入が増えたりさまざまなスキルを学べたりする一方、体力的・精神的にも負担が大きくなりがちです。どちらのバイトをやめるべきかしっかり検討し、自身の経済状況や環境などに合わせて、無理のない働き方ができるバイトを選びましょう。

    シフトワークスは、時間やシフトから仕事探しができるため、自身に合った働き方がしやすいです。また、こだわりたい条件や職種、勤務する時間帯などから絞り込んで求人検索ができるので、自分に合ったバイト先が見つけやすくなっています。

    バイト・パートとして無理なく働きたいと考えているなら、ぜひシフトワークスを利用してみてください。