パート先の人間関係が心配!よくある悩みやトラブルの解決方法を解説

  • パートで働くと、人間関係で悩むことも少なくありません。パートとして働きたいけれど、人間関係に不安を抱いており、躊躇している人もいるでしょう。本記事では、パートでよくある人間関係の問題を解説します。トラブル時の対処法や人間関係のトラブルを回避するコツなども解説するため、ぜひ参考にしてください。

パート先でよくある人間関係の悩みとは

  • パートとして働く場合、多様な価値観を持った多くの人と関わらなければならないため、人間関係で頭を抱える人もいるでしょう。ここでは、パート先でよく見られる人間関係のトラブルや悩みについて解説します。
  • 悪い噂や悪口を広められる
    人間関係の悩みで多いことの1つに、悪い噂や悪口を広められてしまうケースが挙げられます。一部の人にしか話していないことを、職場のみんなに広められるケースは珍しくありません。プライベートの話から根も葉もない噂話に発展したり、悪口を言われたりというケースもあります。標的にされると職場での居心地が悪くなり、仕事もしにくくなってしまうでしょう。
  • 職場の人から八つ当たりされる
    仕事のストレスや業務への不満などが原因で、職場の人に八つ当たりされるケースもあります。たとえば、何もしていないのに無視をされたり、自分のせいではないのに理不尽に怒鳴られたりするなどです。八つ当たりをしてくる人との距離を置いたり、深く関わらないようにしたりしても、職場の雰囲気が変わらなければ、働きにくさを感じてしまうでしょう。
  • 正当な作業が割り当てられない
    不当な作業内容の割り当てで、嫌がらせをされるケースもあります。たとえば、まったく作業を振ってもらえずに時間を持て余してしまう、面倒な作業ばかりを押し付けられる、などです。上司自身は、正当な作業を割り振ったり指示を出したりしているにも関わらず、パート同士で仕事の押し付け合いや奪い合いが発生して、雰囲気が悪くなるパターンも考えられます。

パート先で好かれる人の特徴

  • パート先での人間関係を上手に築くため、パート先の人たちに好かれるには、どのように過ごせばよいのでしょうか。ここでは、パート先で好かれる人の特徴を詳しく解説します。
  • ハキハキと話すパート
    パート先で好かれる人の特徴として代表的なのが、ハキハキと話せるパートです。あいさつをしっかりする、ハキハキとした口調で受け答えする、といった対応ができる人に、不快感を覚える人はあまり多くありません。小声でボソボソ話してしまうと、誤解を招き、正確な意思疎通が難しくなる場合もあります。
  • いつも笑顔のパート
    笑顔を絶やさずに明るい雰囲気の人は、良好な人間関係を築きやすいです。ニコニコと応対することで、相手にもポジティブな印象を与えられるため、好印象になりやすいです。また、笑顔でいることで、自分の気持ちもポジティブになります。
  • コミュニケーション能力があるパート
    コミュニケーションスキルが高い人は、相手の懐に入りやすく好かれやすいです。コミュニケーションスキルに優れている人は、それぞれの人に合った対応や意思疎通を、自然と行えるため、パート先にもなじみやすく好かれやすいでしょう。
  • きちんと感謝や謝罪ができるパート
    感謝や謝罪をきちんとできる人は、好かれやすいです。たとえば、仕事を教えてもらったときや助けてもらったときなどに、素直に感謝の気持ちを伝えれば、相手からの信頼も得やすくなります。また、ミスした際にもしっかり謝れば、悪い印象を与えにくくなるでしょう。
  • 仕事の覚えが早いパート
    仕事を速く覚えられると、良好な人間関係を構築しやすくなります。覚えるスピードは人によって差がありますが、教えてもらったときにメモを取っておく、何度も同じ質問をしないようにする、などのポイントを意識すると効果的です。

パート先で嫌われる人の特徴

  • パート先でよい人間関係を築くには、嫌われる行動をしたり悪い印象を持たれたりしないように、努める必要があります。ここでは、パート先で嫌われる人の特徴を解説します。
  • コミュニケーションが取れないパート
    仲間との意思疎通がうまくできないと、作業に支障が出てしまうため、パート先の人たちから嫌われやすくなってしまいます。そのため、報連相を怠らないようにする、誤解が生まれないようにはっきり話すなど、コミュニケーション能力を身につけることが必要です。
  • 無愛想なパート
    笑顔がなく、いつも無表情なパートは、相手に不機嫌な印象を与えてしまいます。本人にそのような意識がなかったとしても、「いつも機嫌が悪そう」「不愛想で怖い」などと思われてしまう可能性があるでしょう。そのため、相手に悪い印象を抱かれてしまう恐れがあります。
  • 噂話や悪口を吹き込むパート
    噂話や悪口などを言い回っている人は、いつの間にか孤立してしまいます。「あの人は人の悪口ばかり」と思われて敬遠されてしまうため、注意しましょう。また、他の人が言い出した悪口に同調すると、仲間だと思われてしまうため注意が必要です。
  • 仕事に取り組む姿勢が低いパート
    仕事に対する姿勢が悪い人や、真面目に取り組もうとしない人は信用されません。何度も注意されているにも関わらず、何度も同じ失敗を繰り返すと、「やる気がない」「話を聞いていない」などと思われてしまいます。ミスをしないように、必要事項をメモするなどの対策をするとよいでしょう。
  • 遅刻や無断欠勤が多いパート
    シフトを守らないと、他のパートに迷惑がかかってしまいます。遅刻や無断欠勤が続くと、その穴を埋めるために、他の人の作業が増やされたり勤務時間が長くなったりするため、悪印象を抱かれやすいでしょう。やむを得ない理由で遅刻や欠勤をする場合は、できるだけ早めにパート先に連絡し、理由を説明することが大切です。

パート先で人間関係トラブルが起きないようにするコツ

  • パート先で人間関係のトラブルに巻き込まれないようにするには、いくつかポイントがあります。ここでは、パート先で人間関係を上手に築くためのコツを3つ解説するため、参考にしてください。
  • 笑顔であいさつする
    不愛想な人は嫌われやすくなるため、あいさつする際には笑顔を意識しましょう。常に笑顔でいるのは難しいという場合でも、あいさつの度に笑顔を作ることで、感じがよく明るい人だと思ってもらえる可能性が高まります。相手があいさつしてくれなくても、気にせずに笑顔であいさつすることが大切です。
  • 悪口に便乗しない
    誰かが悪口や噂話を言っていたとしても、その話に便乗したり同意したりしないように注意しましょう。自分が言っていなくても、誰かの悪口に便乗することで、悪口を言っていたと判断されてしまう可能性があります。また、悪い噂を流されないように、悪口を言ってくる人との付き合い方や距離感にも気をつけましょう。
  • 名前を呼ぶように努める
    相手の名前を呼ぶように努めることも効果的です。コミュニケーションを取る相手の名前を意識して呼ぶことで、相手によい印象を与えやすくなります。これは、心理学でネームコーリングと呼ばれているものです。会話のなかで名前を呼ばれることで、相手は自分に好意やよい印象を持っていると感じさせることができます。

どうしても人間関係トラブルが解決しない場合の対処方法

  • さまざまな対応に努めても、どうしても人間関係のトラブルが解決しないケースもあるでしょう。ここでは、トラブルが解決しない場合の対処方法を解説します。
  • 同僚に相談する
    信頼できる同僚が職場にいる場合には、同僚に話を聞いてもらうのもよい方法です。信頼できる仲のよい同僚であれば、職場での人間関係に気づいている可能性もあるため、親身になってもらえる可能性が高いです。ただし、パートを始めたばかりなら、同僚に相談するのは避けましょう。よい人に見えて、実は違ったというパターンもあるためです。
  • 店長、上司に報告する
    業務に支障が出るような状態なら、店長や上司に直接報告するのもよい方法です。人間関係のトラブルが発生している場合、ほかのパートも同じように悩んでいる可能性があります。そのため、相談することで調整してもらえる場合もあるでしょう。適切な距離感を保つことで、働きやすくなるケースも多いため、我慢せずに店長などに相談してみてください。
  • 職場を退職する
    人間関係のトラブルによってストレスがかかっている場合は、無視せずに退職するのも1つの方法です。パート先は1つではありません。今の職場を辞めて他の職場でパートとして働くこともできます。円満退職したいなら人間関係のトラブルとは言わずに、家庭の事情などの当たり障りのない退職理由に留めておくとよいでしょう。

退職が難しい場合に人間関係を割り切るポイント

  • 金銭的な事情や家庭の事情などで、パート先を辞められないというケースもあるでしょう。退職が難しい場合には、割り切ることも大切です。
  • 「円満な職場はない」と諦める
    人間関係に100%満足できる職場は、ほとんどありません。外側からは仲がよさそうに見えても、陰口や悪口などが横行しているケースも少なくないでしょう。そのため、人間関係が100%円満な職場はほとんどないと、諦めることも大切です。
  • とにかく仕事に集中する
    パート先の人は、あくまでも友人ではなく仕事仲間です。そのため、プライベートで遊んだり連絡を取り合ったりと、必要以上に仲良くする必要がありません。自分の仕事に専念することを意識しましょう。この際、業務に必要なコミュニケーションは、欠かさないようにすることが重要です。
  • どうでもよい人からの言葉を真剣に受け止めない
    どうでもよいと思っている人からの言葉を、重く受け止めないスキルを身につけることも大切です。わざと人の悪口を言ったりきつく当たったりする人もいます。そのような人の発した言葉を間に受けて真剣に悩むことは、時間の無駄だと割り切って、受け流すとよいでしょう。
  • 「いつでも辞められる」という気持ちで働く
    自分は正社員ではなくあくまでもパートで、いつでも辞められるという気持ちでいると、心が軽くなりやすいです。パートは正社員よりも責任が限定的で、働く時間も短いため、比較的退職しやすいです。どうしても無理だったら辞めればよいという心持ちで働くと、ストレスを感じにくくなります。

人間関係が悪い職場で働き続けるとどうなる?

  • 人間関係が悪い職場で働き続けることで、自身の成長につながったり、人間関係が改善したりするケースもあります。
  • 精神的に成長する
    人間関係のトラブルに耐えたり、何とか解決しようと行動したりすることで、精神的に成長するケースもあります。問題に向き合って過ごすことで、自己管理能力やストレス耐性などが向上して、メンタル的にたくましくなる人もいるのが事実です。また、忍耐力や責任感、スルースキルなどの向上につながる可能性もあります。
  • 人間関係が改善する場合がある
    長く働き続けることで、人間関係が改善するケースもあります。職場のメンバーは常に同じとは限りません。メンバーが入れ替わることもあり、新しい人間関係を構築することも多いです。現状の人間関係がずっと続くわけではないため、長く働き続けることで働きやすい職場になる可能性もあるでしょう。

まとめ

  • パートとして働いていると、人間関係のトラブルが起きるケースも少なくありません。人間関係のトラブルを回避するために、笑顔やハキハキとした対応を心がけたり、悪口に便乗したりしないようにしましょう。トラブルが解決しない場合は、同僚や上司に相談する方法もありますが、ストレスが強い場合は退職も選択肢の1つです。

    シフトワークスは、「主婦(夫)歓迎のパート」「WワークOK」「日払いOK」などの希望条件から、自分のこだわりに合った仕事探しができる求人サイトです。働きたい曜日や時間からパートを探すこともできるため、空き時間を有効活用したいという場合にもよいでしょう。パートと家事・育児などを両立したいとお考えなら、ぜひ会員登録してみてください。