軽作業の職種には何がある?代表的な業務内容や向いている人の特徴を解説!

  • 軽作業とは、特別なスキルや経験を必要とせず、簡単で覚えやすい作業のことです。明確な定義や基準はありませんが、軽作業の仕事は物流や製造といった領域に多い傾向があります。

    この記事では、軽作業の代表的な業務内容や、軽作業に向いている人の特徴などを解説します。軽作業のメリットや職種なども解説するので、参考にしてください。

軽作業とは?

  • 軽作業とは、特別なスキルや経験を必要としない、覚えやすく簡単な作業を指します。明確な定義や基準はないため、会社や職場によって内容は異なります。

    軽作業とありますが、作業内容は軽い物を扱うとは限りません。なかには、重量物を扱ったり、体力が求められる仕事をしたりもします。また、軽作業の求人は物流や製造などの職種に多く、多数の求人が公開されています。

軽作業の求人が多い職種

  • 軽作業の求人が多い職種は、主に倉庫管理と製造補助の2種類です。それぞれの職種の詳細について、見ていきましょう。
  • 倉庫管理
    倉庫管理は、商品の管理や流通に関する業務を担います。商品を保管する倉庫を整理整頓したり、商品の入出荷の作業をしたりします。主な作業内容は、ピッキングや梱包・出荷などです。
  • 製造補助
    製造補助では、機械では対応できない細かい作業をしたり、製造に関する簡単な作業を担ったりします。主な作業内容は、組立・加工や検品作業などです。

軽作業の代表的な業務内容

  • 軽作業の業務内容は多岐にわたります。ここからは、代表的な業務内容とそれぞれの詳細を解説します。
  • ピッキング
    ピッキングとは、必要な物が記載されたリストや注文書を参考にして、倉庫や工場内に保管されている物をピックアップする作業です。

    具体的には、ベルトコンベアで流れてくる物のなかから指示された物を選んだり、カートを使って棚にある物を探したりします。規模が大きい倉庫でピッキング作業をする場合、体力や効率の良さも求められます。

    ピッキングについての記事はこちら
  • 仕分け
    軽作業の代表的な業務として、仕分けが挙げられます。仕訳は、発送エリア別や配送順などの項目に従って、指示された通りに荷物を分類する作業です。

    運送会社の倉庫や百貨店の倉庫などで行われることが一般的です。大きい・重い物を分類する場合は体力が求められる他、次の作業を考えて荷物の置き場を決める集中力や判断力も求められます。
  • 検品
    検品は、出荷前に商品・製品に傷や汚れがないかチェックする仕事です。ベルトコンベアで流れてくる物を確認する形式が一般的で、あらかじめ定められた検査項目や手順に従い、不良品や異物の混入が見つかったら適切な対処をします。

    不良品や異物の混入を見逃さないために、検品の工程は基本的に複数人で担当します。
  • 梱包
    出荷する商品・製品などを、指定された段ボールに入れたり、包装紙で包んだりする作業が梱包です。

    梱包の工程では、作業の丁寧さや正確さが求められます。なぜなら、作業中や搬送中に内容物が破損しないように、丁寧かつ適切な梱包が求められるからです。また、出荷時間までに梱包を済ませるために、スピーディーな作業も必要になります。
  • 入庫
    入庫は、入荷した商品や資材などを特定の場所まで搬送・保管する作業です。入庫される物品は、あらかじめ倉庫内に保管される場所が決まっており、所定の場所に保管することで入庫が完了し、在庫として計上されます。

    正確な入庫作業は、在庫の正しい管理を実現するために大切です。また、誤出荷を防止したり、スピーディーな出庫・出荷作業を実現したりするためにも重要な作業です。
  • シール・ラベル貼り
    シール・ラベル貼りは、商品や郵便物にシール・ラベルなどを貼る業務です。そして、シール・ラベル貼りは工場や倉庫内で行うことが一般的で、仕分けや検品、梱包などの作業を伴う場合もあります。

    シールやラベル貼りの作業では、正確かつ丁寧に貼れる器用さが求められます。また、対応する数が多い傾向にあるため、集中力や効率性も求められます。
  • 組立・加工
    工場や作業場で機械製品などを組み立てたり、加工したりする仕事が組立・加工です。組立は、ネジやスパナなどを用いて、バラバラの状態の部品やパーツを接合して製品を完成させます。

    加工は、金属加工で機械を使ったり、手作業で食品加工したりするなど、業種によって対応方法が変わるため、内容は多岐にわたります。
  • 製造補助
    機械では対応できない細かい作業をしたり、製造に関する簡単な作業をしたりすることを、製造補助と呼びます。

    例えば、家電製品の製造補助なら、家電本体ではなく、家電の部品やパーツの製造・組立などに関わります。検品作業を伴う製造補助の場合は、完成した商品に不備や不具合がないかの確認作業も必要です。

軽作業のメリット

  • 軽作業にはさまざまなメリットがあります。具体的なメリットとそれぞれの詳細は、以下の通りです。
  • 未経験でも働きやすい
    ほとんどの軽作業は、誰でも覚えやすい簡単な内容だったり、特別なスキル・経験を必要としません。そのため、未経験や資格を持っていない人でも働きやすいのがメリットです。

    また、マニュアルが用意されていることが多く、同じ作業を繰り返すため、仕事に慣れるスピードも速い傾向にあります。
  • 働き方の自由度が高い
    軽作業のメリットとして、柔軟な働き方ができることが挙げられます。軽作業の業務内容は基本的に接客の必要がないため、服装や髪型の制限が緩い傾向にあります。

    軽作業の服装についての記事はこちら

    お歳暮や年末などの時期は軽作業にとっての繁忙期であり、短期で働ける仕事も増えやすいです。そのため、副業として手軽に始めることができます。
  • さまざまなスキルを習得できる
    軽作業は同じ作業を繰り返す関係上、さまざまなスキルを習得しやすいです。具体的に習得できるスキルとして、集中力や持続力、作業を効率良くこなすための思考力などが挙げられます。

    これらのスキルは、軽作業に限らずさまざまな仕事に応用が利きます。そのため、転職時のアピールポイントにもなり、今後のキャリアアップにもつながるでしょう。
  • コミュニケーション能力がいらない
    軽作業は接客業や営業職などと異なり、倉庫や工場内などで黙々と作業することが多いため、基本的にコミュニケーション能力を求められません。

    また、チームで作業する場合もありますが、最初の指示出しと確認作業以外の場面では、それぞれ黙々と作業を行うことがほとんどです。

軽作業に向いている人の特徴

  • 軽作業に向いている人には、一定の特徴があります。ここからは、具体的な特徴とそれぞれの詳細を解説します。
  • 単純作業が得意
    軽作業の業務では、単純な作業を繰り返しがちです。そのため、飽きずに1つの仕事へ取り組めたり、業務の効率・質を上げるために試行錯誤できたりする人に向いています。

    また、新しい作業を加えられることがあまりないため、同じことを継続的にできる人にも向いています。
  • 集中して作業を続けられる
    軽作業では、ミスなく正確に作業を続けることが重要です。加えて、基本的には同じポジションで、同じ作業を繰り返します。そのため、同じ作業でも飽きない資質に加えて、正確さ・早さを保てる集中力が求められます。
  • 細かな指示を守れる
    軽作業には、作業手順や検査項目、置き場所といった細かいマニュアルが用意されていることが一般的です。梱包では包み方や商品の向きなどが細かく指定されることも少なくありません。そのため、自身の創意工夫よりも、指示された通りに業務をこなせる正確性が求められます。

    さらに、正確な作業を心掛けられる丁寧さを持った人も向いています。
  • 体力がある
    重い荷物や大きな荷物を運ぶピッキングなどの場合は、体力があることも重要です。また、軽作業は基本的に立ち仕事となるため、立ち仕事が苦にならない人にも向いています。

まとめ

  • 軽作業は、基本的に特別なスキルや経験を必要とせず、覚えやすく簡単な作業であることがほとんどです。しかし、集中力や持続力、作業を効率良くこなすための思考などが身に付けられるため、工夫次第で自身のスキルアップにつながるでしょう。

    ただし、同じ軽作業という括りの求人でも、会社や場所によって働き方は異なり、業務の内容は多岐にわたります。そのため、自身の向き不向きに合う仕事を探すことが大切です。

    シフトワークスは、時間やシフトから仕事探しができるため、自身に合った働き方がしやすいです。また、こだわりたい条件や職種、勤務する時間帯などから絞り込んで求人検索ができるので、自分に合ったバイト先が見つけやすくなっています。

    自分に合った軽作業の求人を見つけたいなら、ぜひ一度シフトワークスで求人を探してみてください。