アコヤの警備員・守衛・常駐警備/週1日以上・1日4時間OKの求人W012699244(日勤、午後勤)

この求人は募集終了しています。

駅近2分★ビル入口での保安・見守り業務★未経験者も丁寧な研修で安心スタート★

職種

警備・セキュリティー(警備員・守衛・常駐警備)

シフト

週1日以上・4時間/日から 相談OK (勤務期間:1ヶ月以上)
週1日以上・4時間/日から 相談OK (勤務期間:1ヶ月以上)
  • (1)
    16:30 〜 20:30
    日給6,480
  • (2)
    08:30 〜 17:30
    日給9,200

勤務地

東京都世田谷区
二子玉川駅から徒歩2分

お仕事内容

2023年12月から勤務できる方を募集します。
大手学習塾が入っているビルの玄関口で立哨警備していただくお仕事です。
①ビルの駐車場出入口を塞がれないよう、路駐車両への移動の依頼
②エントランス付近で駐輪しようとする方に注意のお声掛け
③エントランス付近で保護者の方々が滞留しないようお声掛け
④ビル周辺で遊んだり、走ったりする児童へ注意のお声掛け
 が主な内容です。
お子様やその保護者の方々と接するお仕事ですので、どんな人とも穏やかに明るく感じよく応対してくださる方を募集しています。
本案件は通常期と学校が長期休みに入る期間で勤務時間が異なります。
それぞれの勤務時間はシフトについての記載をご確認ください。

求人情報の詳細

給与

①日給6,480円/月払い

②日給9,200円/月払い

給与備考:交通費全額支給(公共交通機関)自宅から最寄り駅までは規定有
日払い可◆ジョブペイカード(旧キュリカカード)を使用しますので、24時間いつでもコンビニやATMでお引き出しいただくことが可能です

雇用形態

アルバイト

シフト備考

シフト1は通常期の勤務時間で休憩はありません。(実働4時間)
シフト2は春期・夏期・冬期の特別講習期間中の勤務時間で休憩1時間(実働8時間)です。

交通費支給

交通費全額支給

研修

研修あり
(備考:法定研修最大20時間(三日間)¥22,260支給 
研修中の交通費も全額支給(自宅から最寄り駅までは規定有)
  ◆現地研修あり(時給¥1,113にて実施))

残業

残業なし

待遇

社会保険制度あり 労災完備 制服あり
制服貸与いたします。(保証金制度あり)
社保加入(規定有)は入社して3か月目からの加入となります。

応募資格

18歳以上(警備業法による)高校生不可

備考

荷物置きロッカーあり

応募後のプロセス

ご覧いただきありがとうございます。ご応募後、こちらからご連絡します。
日時をご予約の上、上野本社(上野駅から5分)まで面接にお越しください。
面接時間は30~40分程度を予定しております。
当日は顔写真付きの履歴書をご持参ください。ご応募お待ちしております。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W012699244

職場の声

ビルには他のテナントさんも入っているので、周辺の環境を守る仕事ということになりますが、とてもやりがいを感じますね。駅からも近いので、通勤もかなり楽な方だと思います。
警備の仕事は初めてだったのですが、最初に研修で丁寧に教えていただけたので不安なくスタートすることが出来ました。

働く職場環境の特徴

男女比率
女性
男性
年齢比率
10代
60代
仕事内容
少数で
みんなで
職場の雰囲気
静か
明るい

特徴

  • 中高年歓迎
  • 50代活躍中
  • シニア活躍中
  • Wワーク・副業OK
  • フリーター歓迎
  • 未経験歓迎
  • 経験者歓迎
  • シフト相談OK
  • 平日のみOK
  • 日払い
  • 社員登用
  • 運転免許不要
  • 学歴不問
  • 交通費支給

企業情報

株式会社アコヤ

ビルエントランスにおける保安警備業務
東京都台東区東上野3-37-9 かみちビル3F

株式会社アコヤのアルバイト一覧

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

アコヤの警備・セキュリティー(警備員・守衛・常駐警備)のお仕事に関するお役立ち情報

東京都世田谷区周辺の特徴・おすすめスポット

東京都23区のなかで最多の人口を誇る世田谷区。区内全域の人口はおよそ90万人、総世帯数は47万世帯の特別区です(2017年12月1日現在)。東京都の南西に位置しており、総面積は58.05平方キロメートル、23区内では大田区に次いで2位の広さを有しています。かつては東京の近郊農村でしたが、1923年の関東大震災で被災した人々の移住をきっかけとして急速に人口増加の途をたどります。それには、京王線・小田急線・井の頭線などが開通していて交通の便が良かったことと、当時は地価が安かったことの2つが影響していました。その後、山林原野の宅地開発、各沿線にも住宅地が次々と誕生するとともに、戦後のベビーブームも相まって現在の世田谷区へと成長していったのです。このような歴史があり、のどかな田園風景、賑わう商店街群、大きく広がる閑静な住宅街など、実に様々で魅力的な風景を見せてくれるエリアとなりました。また、カルチャーの色濃い下北沢や発展著しい二子玉川などのエリアはおしゃれな街としても人気があります。古くからの木造住宅密集地も多いため、建物の不燃化をサポートする費用助成制度を導入するなど、防災に力を入れていることも特徴的です。