HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店(週1日以上・1日3時間OK)美容師・理容師 のバイト・アルバイト求人情報 (W013441794)(日勤)

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店

【美容師スタイリスト】週1日3時間~相談可!ブランク歓迎&年齢不問 要美容師免許

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店のアルバイト写真

美容師免許お持ちの方を大募集!

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店のアルバイト写真

年齢不問、幅広い年代が活躍!ブランクから復職した方も活躍中!

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店のアルバイト写真

時短勤務もOK!週1日、1日3時間からシフトはご相談ください!

職種

専門職・その他(美容師・理容師)

シフト

週1日以上・3時間/日から 相談OK (勤務期間:3ヶ月以上)
週1日以上・3時間/日から 相談OK (勤務期間:3ヶ月以上)
  • (1)
    09:00 〜 17:00
    時給1,100

勤務地

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店

岡山県倉敷市児島赤崎1丁目2798-1 マルナカ児島店内

お仕事内容

お客様を出迎え、髪質や要望を伺いカウンセリング。
美容室の施術・接客業務をお任せします。ブランクのある方や
家事との両立を図りたい主婦(夫)の方など、大歓迎!週1日3H
から勤務ができるので、無理なく働くことができますよ!

求人情報の詳細

給与

①時給1,100円/月払い

給与備考:時給:1,100円~1,600円
※経験・スキルによる
時給1,100円~1,600円
研修中の給与変動:なし
交通費支給(当社規定あり)

雇用形態

パート

シフト備考

[営業時間]9:00~17:00
[定休日]日曜日・第1月曜日
週1日3時間の勤務から可能
※土日休み応相談
詳細は別途確認ください。

交通費支給

その他

研修

研修あり
(備考:研修中の給与変動:なし)

残業

残業あり

休暇

シフトによる

待遇

各種社会保険完備
(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
交通費全額支給、技術歩合、店販歩合
美容師紹介手当、店舗物件紹介手当
法定時間外手当(1.25倍)
法定休日出勤手当(1.35倍)
1分単位で給与支給、昇給昇格随時、
有給休暇、育児休業、介護休業、
無料健康診断、研修制度、
労務管理相談窓口、ハラスメント相談窓口
 他各種手当

応募資格

■要美容師免許
年齢不問
※ブランクある方も、丁寧な研修があります
ので安心してご応募ください。

応募後のプロセス

応募いただいた内容を確認の上、求人担当より追ってご連絡いたします。

契約期間

勤務期間: 3ヶ月以上

詳細の契約期間、契約更新・更新上限の有無については、各自応募先にお問い合わせください。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W013441794

職場の声

免許を持っているのに美容師をあきらめていませんか?営業終了
後のトレーニングがある、拘束時間が長い、美容師の仕事はそん
なイメージですが、イワサキなら3時間からの短時間勤務が可能
。閉店時間も早く、希望のシフトで勤務出来ます。
土日祝日休みも相談OK、他店との掛け持ち勤務もOKです。

特徴

  • Wワーク・副業OK
  • 未経験歓迎
  • シフト相談OK
  • 平日のみOK
  • 扶養内OK
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 交通費支給

企業情報

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店のロゴ

株式会社ハクブン

美容室運営 美容職業訓練学校(厚生労働省認可)の運営
神奈川県横浜市青葉区新石川3-15-11

株式会社ハクブンのアルバイト一覧

公開日 2024年07月23日 更新日 2024年07月23日

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

HAIR SALON IWASAKI 岡山児島店の専門職・その他(美容師・理容師)のお仕事に関するお役立ち情報

岡山県倉敷市周辺の特徴・おすすめスポット

倉敷市は岡山県の南中央部となる、岡山市や総社市などに隣接した場所にあります。面積は355.63平方キロメートル、総人口は2017年12月31日時点で483,901人にのぼり、県内では岡山市に次いで人口の多い市です。本州と四国を結ぶ、瀬戸大橋が架かる地としても知られる同市は、白壁の町が並ぶ倉敷美観地区としても有名です。同市周辺に人類が住み始めた歴史は非常に古く、約二万年前の旧石器時代だと言われています。弥生から古墳時代は、瀬戸内海に面した児島での製塩や、平野部での稲作で栄えていました。1582年以降、備中南部では新田開発が行なわれ、後に綿や菜種などの栽培が盛んになりました。明治に入ってからは、玉島紡績所、下村紡績所、倉敷紡績所が次々に開業し、地域に繊維産業が浸透していく基盤となっています。1941年、三菱重工が航空機製作所を建てたあたりから、高梁川廃川地エリアは水島と呼ばれるようになりました。戦後に水島臨海工業地帯として重化学工業が発展し、多くの企業が進出を遂げています。1967年、倉敷・児島・玉島の3市が合併し、現在の倉敷市が誕生しました。その後も新たに4つの村の編入を経て、岡山都市圏を形成、発展を続けています。