パートを辞めて欲しい場合に出るサインは?サインの具体例や対処法などを解説!

  • パートとして働いていると、「最近、周りの人の雰囲気や態度が変わった」と感じる場合があるかもしれません。あまり考えたくはありませんが、待遇や周りの人の態度が変わることは、暗にパートを辞めて欲しいというサインの場合もあります。

    この記事では、パートを辞めて欲しいと受け取れるサインについて解説します。辞めて欲しいサインが出た場合の対処法や、重宝されるパートになるためのポイントなども解説しているので、参考にしてください。

パートを辞めて欲しいサイン

  • 周囲からパートを辞めて欲しいと暗に思われているときは、特徴的なサインが出ています。以下は、代表的なサインとそれぞれの詳細です。
  • シフトを減らされる
    シフトが減らされることは、パートを辞めて欲しいサインかもしれません。希望していたシフトよりも大幅に出勤日を減らされたり、固定で入っていたシフトがなくなったりするなどが代表的な例です。

    パートとして働いている場合、希望するシフト通りに入れないと給与にも影響が出ます。シフトを減らすことで稼げなくして、パートを辞めるように仕向けている可能性が考えられます。
  • 業務の量が増減する
    業務の量が不自然に増減するのも、パートを辞めて欲しいと思われているサインの1つです。明らかに1人では終えられない量の業務を任されたり、逆に不自然に回される業務が少なかったりなどが該当します。

    キャパシティを超える業務量で負荷を掛けたり、まったく仕事がない状況に置いて精神的苦痛を与えたりして、自分からパートを辞めるように仕向けていると考えられます。

    辞めて欲しいと思われていると扱いが雑になりがちなので、単純に適切に業務を割り振られていない場合も少なくありません。
  • 適正のない業務を任される
    知識やスキルがなかったり、詳細を教えられていない業務を任されたりした場合、パートを辞めて欲しいサインの可能性があります。適正のない業務を適切に遂行するのは難しく、対応できなかったことを叱責されることもあります。

    逆に、自身が持つ経験やスキルを活用できないような、簡単過ぎる業務を任される場合にも注意が必要です。責任を伴ったり、ノウハウを求められたりする業務を任されない状況は、暗に不必要な人材であることを示唆している場合があるからです。
  • 配置転換される
    希望していない配置転換は、辞めて欲しいというサインかもしれません。例えば、配置転換により別部署に移ると、業務内容や人間関係などが変わってしまいます。急な環境の変化は精神的苦痛を伴う場合が多く、自分から辞める選択肢を取らせやすいため、使われることが多々あります。
  • 苦手な人と組まされる
    チームや複数人で業務を進める場合に、あえて苦手な人と組まされたら、パートを辞めて欲しいというサインを疑いましょう。

    わざと苦手な人と組ませて精神的苦痛を与え、自分から辞めるように仕向けている可能性が考えられるからです。
  • 些細なことで注意される
    パートを辞めて欲しいというサインとして挙げられるのが、些細なことで注意されやすくなることです。

    また、他の人が同じようなミスをしても、自分だけ注意される場合もあります。これは、精神的な苦痛を与えてストレスを蓄積させ、自らパートを辞めることを期待している可能性があります。
  • 理不尽な理由で評価が下がる
    理不尽な理由で評価を下げられたら、パートを辞めて欲しいというサインの1種かもしれないません。

    例えば、必要な情報を回さずに業務を任せて、失敗したら評価を下げるなどが挙げられます。また、自分が原因ではないのにミスや失敗の責任を押し付けられて、理不尽に評価を下げられる場合も該当します。
  • ハラスメントが発生する
    ハラスメントが発生している場合、精神的な苦痛を与えて退職を促している可能性があります。代表的なハラスメントとして挙げられるのは、無視や悪口、嫌がらせなどです。

    孤立した状況に追い込むことで、自分が必要とされていないと感じさせ、パートを辞めるように仕向けています。

辞めて欲しいサインが出た場合の対処法

  • 辞めて欲しいサインが出た場合は、適切に対処することが大切です。ここからは、具体的な対処法とそれぞれの詳細を解説します。
  • 業務への取り組み方を見直す
    パートを辞めて欲しいと思われる原因が自身にあるのなら、業務への取り組み方を見直しましょう。

    例えば、ミスを減らして効率を良くしたり、勤務態度を改善して雰囲気を良くしたりするなどの対応が挙げられます。企業や職場にとって必要な人材と判断されれば、パートを辞めて欲しいと思われず、状況の改善が見込めます。
  • スキルアップして評価を上げる
    スキルアップして会社からの評価を上げれば、パートを辞めて欲しいと思われにくくなるでしょう。具体的には、業務の効率や精度を良くしたり、難易度の高い業務を遂行可能になったりするなどが有効です。

    スキルアップを目指す際は、上司や先輩に業務に関するアドバイスをしてもらうと効果的です。また、研修・セミナーを受講したり、書籍・ウェブサイトを読んだりして、自主的に学ぶ姿勢もみせましょう。
  • 異動届を提出する
    職場の環境が合っていない可能性があるため、異動届を提出して環境をリセットするのも選択肢の1つです。業務内容や人間関係は変わりますが、同じ会社で働き続けられるため、転職や退職ほどの労力はかかりません。

    しかし、社内全体で評価が下がっている場合は、異動届を受理されない可能性もあるため、注意が必要です。
  • 退職する
    パートを辞めて欲しいサインが出る状態は、人間関係や職場環境が良くない傾向にあります。そのため、思い切って退職してしまうのも1つの手です。

    精神的な苦痛を感じる期間が長く続くと、体調を崩す可能性もあるため、退職を躊躇し過ぎないようにしましょう。
  • 労基署に相談する
    パートを辞めて欲しいサインが、ハラスメントに当たるような内容の場合は、労基署に相談するべきです。

    特に、退職を強要するような言動をされていたら、適切に対処することが大切です。テープレコーダで発言を録音したり、メールやチャットを収集したりして、証拠を集めておきましょう。

重宝されるパートになるためのポイント

  • 重宝されるパートになるためのポイントはいくつかあります。以下で具体的なポイントを解説しているので、参考にしてみてください。
  • 業務をこなして成果を上げる
    会社の目的は、成果を上げて利益を出すことです。そのため、適切に業務をこなして成果を上げられるパートほど重宝される傾向にあります。戦力として重要視される存在になれば、辞めて欲しいと思われにくくなるでしょう。
  • ミスを減らし言い訳をしない
    ミスが多い人は、業務の効率・生産性が低かったり、フォローを求めたりしがちです。逆に、ミスを減らせば業務を効率良くこなせて、周りにも迷惑を掛けにくいです。

    そのため、辞めて欲しいと思われなくなります。また、ミスをした際に素直に受け止める姿勢も大切です。
  • チームの和を乱さない
    チームの和を乱さない人は、複数人で業務を進める環境のなかで特に重宝されます。逆に、自分が担当する業務を他の人に押し付けたり、態度が一貫しなかったりする存在は、トラブルメーカーとして忌避されます。
  • 自己主張をし過ぎない
    自己主張が強い人は周りの人からの評価が低くなりがちな一方、自己主張し過ぎない人は好まれる傾向にあります。周りの人と良好な関係を築けるかどうかは、辞めて欲しいと思われるかどうかにも直結します。
  • やる気を感じられる態度を示す
    業務に積極的に取り組んでいると感じられる態度は、周囲に好印象を与え、良い評価を得やすくなります。また、突然休暇や早退を申し出たりせず、主体性を持って行動したりすることも大切です。

まとめ

  • パートを辞めて欲しいサインを出される原因として、自身の能力や態度が求められる水準に達していないことが挙げられます。

    しかし、自身の能力や態度が適切でも、職場環境が合わず充分なパフォーマンスを発揮できていない可能性も考えられます。そんな場合は、新しい働き先を探すことがおすすめです。

    「シフトワークス」なら、シフトや働く時間帯など、さまざまな条件で求人検索が可能で、豊富な求人のなかから最適なバイト先が見つけられます。新しいパート先を探していたり、パートとして働きたいと考えていたりする人は、ぜひシフトワークスを利用してください。