バイト探しにおすすめのサイト・アプリとは?バイトの選び方や探すコツも解説

  • 昨今では、物価高の煽りを受け、収入を増やすためにバイトを探している人が増えています。バイト探しを効率よく進めるには、バイト探しに特化したサイトやアプリの活用がおすすめです。この記事では、バイト探しにおすすめのサイト・アプリ、バイト探しのポイントなどについて解説します。

バイト探しにおすすめのサイトやアプリとは

  • バイト探しの方法には、フリーペーパーやハローワークなどさまざまな方法があるものの、主流となっているのは求人サイトや求人アプリで探す方法です。企業の求人募集でも活用されるケースが多く、求人の掲載数が多いため、希望の職種や職業が見つけやすくなっています。

    サイトやアプリによって、取り扱う業界や職種、検索・応募機能に違いがあるので、バイト探しの目的に合ったサイト・アプリの利用がおすすめです。無料で手軽に利用できるサービスも多いので、いくつか併用して使い分けるとよいでしょう。

バイト探しで活用するサイト・アプリ選びのポイント

  • 前述の通り、バイト探しができるサイト・アプリには、多くの種類があるため、自分のバイト探しに適切なものを選ぶ必要があります。以下では、サイト・アプリを選ぶときに見るべきポイントについて解説します。
  • 条件による検索機能
    バイトを選ぶ基準として、自分のライフスタイルに合う職場であるかどうかを重要視する人は多くいます。ライフスタイルに合った求人を探すには、条件を絞って検索できるサイトやアプリがおすすめです。勤務地や時間、シフトをはじめ、働き方や職種など、さまざまな検索機能があるサイトやアプリを活用すれば、自分に合った求人を効率よく探せます。
  • 求人の掲載数
    より多くの求人が掲載されている求人サイトやアプリを活用すると、自分に合った求人を見つけやすくなります。たとえば、首都圏の求人が集中しているようなサイトだと、自分が住む地域の求人が少なく、条件が限られてしまうケースも考えられます。

    しかし、求人数が多く、さまざまな地域の求人が掲載されているサイト・アプリであれば、豊富な条件から求人を見つけることが可能です。
  • 求人ごとの情報量
    業務内容や労働条件だけでなく、職場の雰囲気や環境、先輩の声などさまざまな情報が確認できる求人サイトやアプリもあります。求人の情報量が豊富で職場のイメージがしやすいと、バイト探しで失敗しにくくなるでしょう。応募したあとや働き始めたあとにミスマッチを起こさないためにも、情報量の多さは重視したいポイントです。
  • 特化している業界や職種
    求人サイトやアプリによっては、特定の業界や職種に絞って案内している場合があります。希望の業界や職種が決まっている人は、対象を絞り込んでいるサイトやアプリを選ぶのもおすすめです。

    また「学生向け」や「主婦向け」など、バイト探しをする人の属性に特化した求人サイト・アプリもあります。属性に合った求人を見つけやすいので、特に希望がない場合は活用してみましょう。

バイト探しで重視すべきポイント

  • せっかくバイト探しをしても、いざ働きだしたあとに働きにくいと感じてしまうと、長く続けることが難しくなります。バイト探しでは、以下の4つのポイントを重視しましょう。
  • 自宅からの距離
    バイト先と自宅の距離が遠すぎると、長時間の通勤や交通費が負担になるケースがあります。バイトを探す際には、自宅からできるだけ近いところなど、通いやすい職場から探すのがおすすめです。

    ただし、自宅から距離があっても、通勤中の電車内で課題や読書ができたり、定期券の範囲内であったりする場合は、逆にメリットになる場合もあります。このように、自宅から遠いところでバイト先を探す際は、終電の時間にも気をつけましょう。
  • シフト調整のしやすさ
    シフトに融通が利きやすいバイト先であれば、プライベートと両立しやすくなります。特に授業やテスト期間などでバイトの時間を確保しにくい学生の場合、シフト調整がしやすい職場を選ぶべきです。シフト調整のしやすさは、求人票で確認できなければ、面接の際に直接聞いてみるとよいでしょう。
  • 興味関心のある仕事内容
    できるだけ長く続けるバイトを探したい人は、興味関心のある仕事を選ぶとよいでしょう。楽しみながら働けるため、モチベーションを保ちやすく、苦になりません。距離が近く、シフト調整がしやすい職場だったとしても、興味がないバイトは続けるのが困難です。仕事でつらさを感じる場面があっても、好きな仕事であれば乗り越えられるでしょう。
  • 職場の雰囲気
    職場の雰囲気は、働きやすさに影響する要素です。自分の性格に合わない雰囲気の職場はストレスを感じる要因になります。可能であれば、応募や面接の前に一度様子を見ておくとよいでしょう。客として利用してみると雰囲気も掴みやすくおすすめです。

バイト探しにおすすめの職種

  • 世の中にはいろいろな職種があります。ここでは、特におすすめの職種を4つ解説します。
  • 短期バイト・単発バイト
    短期や単発で働けるバイトは、空いた時間を有効に使って働けます。短期・単発のバイトには、チラシやティッシュ配り、イベントスタッフ、試験監督などさまざまな仕事があります。バイトを始めたいとは思っているものの、まとまった時間では働けないという人や、休みの日だけ働きたい、短期間で集中して稼ぎたい人におすすめです。
  • 在宅ワーク
    最近は、在宅でできるバイトも増えています。データ入力や記事の執筆、イラストや画像の作成など、体力的な負担が少ない仕事が多いのが特徴です。自宅でできるので通勤の必要がなく、空き時間を有効活用できます。基本的にパソコンを使う仕事が多いので、ビジネスに必要なパソコンスキルが身につくのもメリットです。
  • スーパー・コンビニ
    スーパーやコンビニは、さまざまな場所にあるため、自宅近くでも探しやすいのが特徴です。多くの人出がいるので、バイト募集しているケースも多くあります。スーパーやコンビニは長い時間営業しているところも多いので、シフトの融通が利きやすく働きやすいでしょう。また、バイト帰りに買い物ができるメリットもあります。
  • 受付・事務
    受付や事務などのデスクワークは、座って作業ができるため体力的な負担が少ない仕事です。未経験からでも働きやすく、ブランクがあっても挑戦しやすい職種のため、学生や主婦におすすめです。また、ビジネスマナーやコミュニケーション力が学べるため、社会人としてのスキルアップにもなるでしょう。

バイト探しを成功させるコツ

  • バイト先は、自分に合った職場を早めに見つけ出したいと考える人は多いでしょう。ここからは、バイト探しを成功させるためのコツについて解説します。
  • 求人サイトと情報誌の両方使う
    求人募集の方法は、企業によってさまざまです。インターネットまたは情報誌のどちらか一方で募集をするケースもあるので、情報誌も併用すると多くの求人に出会えます。求人サイト・アプリは手軽ですし、条件を入力して詳細に検索性することも可能です。

    一方の情報誌は、インターネット上にはない求人が掲載されていることが多く、また求人情報を一目で確認できるメリットがあります。それぞれのメリットを生かして、最適な求人探しに活用してください。
  • 店舗の貼り紙を確認する
    貼り紙を出している店舗は、今すぐ人手が欲しいケースが多いため、採用される可能性が高くなります。個人店の場合は、求人サイトや情報誌に載せていない場合もあるので、求人募集の貼り紙がないか探すとよいでしょう。大学生の場合は、学内の掲示板を確認してみるのもおすすめです。

バイトがなかなか決まらないときの対策

  • バイトを探しているのに、なかなか採用されないという場合は、以下の2点に目を向けてみましょう。
  • 面接対策を徹底する
    バイトといえども、面接対策は重要です。服装や身だしなみには注意し、印象が良くなるように笑顔で面接に向かいましょう。志望動機や質疑応答でしっかり答えられるように、事前にいくつか回答を準備し、答える練習をしておくのも有効です。本番の前に模擬面接をしてみるのもよいでしょう。
  • 履歴書を見直してみる
    丁寧な字で書かれていない、空欄や誤字がある履歴書は、採用担当者の印象を悪くする要因です。履歴書を見る相手がいることを十分に意識して、丁寧に読みやすく書きましょう。履歴書の作成後は、自分でチェックするだけでなく、周囲の人に確認してもらうことでミスを発見しやすくなります。

    また、履歴書の写真も採用につながる大事な要素です。写真の目つきが悪かったり、全体的に暗かったりするとマイナス印象になりやすいので注意しましょう。

まとめ

  • 数ある求人情報から、自分にぴったりなバイトを見つけるには、条件を絞って検索しやすい求人サイトやアプリの活用がおすすめです。そのなかで、自分のライフスタイルや好みに合った働きやすい職場を見つけしょう。

    アルバイトやパート向けの求人サイト「シフトワークス」では、あなたの条件に合うバイトを多数掲載しています。時間やシフト、職種、エリアなどの条件を絞って柔軟にバイト探しが可能です。これからバイト探しをする方は、以下から会員登録して求人情報を探してください。