【例文あり】アルバイトを退職したい際の言い方とは?伝えるポイントや伝えるときの注意点

  • アルバイトを何らかの理由で退職したいと思っても、言い方が分からず切り出せない人も多いのではないでしょうか。言い方を間違えると辞めにくくなったり、強く引き止められてしまったりする可能性があるため、ポイントを押さえて伝える必要があります。この記事では、アルバイトを退職したい人に向けて、言い方やポイント、注意点などについて解説します。

アルバイトを退職したいときの言い方とは

  • アルバイト先に退職したい気持ちを伝える場合、相手に納得してもらうことが大切です。具体的なポイントを確認しましょう。
  • 対面で退職の意思を伝える
    退職したい気持ちを伝える際は、対面で話すことが社会人のマナーです。たとえアルバイトであっても、従業員が退職するのは職場にとって重要事項であり、場合によっては引き止められるかもしれません。そう考えると、直接会って話すよりも、メールや電話で済ませたい人もいるでしょう。しかし、対面の方が気持ちを伝えやすく、理解してもらえる可能性も高まります。
  • 退職の理由を明確に伝える
    退職の意思が固まったら、明確な退職理由を考えておきましょう。理由が曖昧のままでは退職の意思をうまく伝えられず、引き止められる可能性があります。「どうしても辞める必要がある」という明確な理由があれば、無理に引き止められることもなく、快く送り出してくれるでしょう。
  • いつまでに退職したいのか伝える
    退職を伝えるときは、いつまでに辞めたいのかも考えておきましょう。期日が決まっていないと、次々とシフトを組まれてしまい、辞められないケースもありえます。特に次のアルバイトを始めたい気持ちがある場合は、退職日を決めていた方が探しやすく、期間を空けずに働くスケジュールを組むことができます。

【例文】アルバイトを退職したいときの言い方

  • アルバイト先に退職を伝えるときの言い方は、退職理由によってもさまざまです。ここからは、例文を踏まえて退職理由ごとの言い方を解説します。
  • 勉学が理由の場合の言い方
    学校や資格取得など、勉学を理由に辞めたい場合、真剣に勉学に取り組みステップアップしたいという熱意を伝えると、納得してもらいやすいでしょう。
  • 引っ越しや家庭事情が理由の場合の言い方
    引っ越して通えなくなる、家族の看病や介護、育児で働けなくなるなどの場合、正直に伝えれば受け入れてもらいやすいでしょう。
  • 他に挑戦したいことがある場合の言い方
    夢のために別の職種で働きたい、他に働いてみたい仕事があるなどが理由の場合、自分の意思をしっかり伝えられる言い方がおすすめです。
  • 入って間もなく退職する場合の言い方
    入って間もなくても、職場の雰囲気が合わない、仕事内容についていけないなどを理由に辞めたくなるケースもあるでしょう。職場への不満に偏らないように、自分のスキル不足や体力不足などを理由に挙げて説明すると、円満に退職しやすくなります。

アルバイトを退職したいときに避けるべき言い方

  • アルバイトを退職したい場合、円満退職するためにも以下のような言い方には特に注意しましょう。
  • 他のスタッフに関する不満を伝える
    他のスタッフとの人間関係が悪くなり、退職を考える人も少なくありません。しかし、他のスタッフのせいにしたり、悪口や不満を話したりすると、退職の意思を告げた後に本人に伝わってしまい、退職日までの居心地が悪くなる可能性があります。そのため「環境にうまく馴染めず」などの言い方にとどめ、人間関係以外の理由をメインに伝えるようにしましょう。
  • 待遇面や仕事内容に関する不満を伝える
    給与や働く時間、仕事内容などへの不満を理由として伝えると、改善すれば続けてもらえると思われる可能性があります。さらに、実際に待遇を改善してもらった場合、さらに辞めづらくなってしまうでしょう。必ず辞めたいという意思がある場合は、待遇面への不満は避け、ステップアップするためなど伝え方に工夫が必要です。
  • 嘘の退職理由を伝える
    噓の退職理由にしてしまうと、他のスタッフにも嘘をつき続けなければならず、残りのバイト生活が窮屈になるおそれがあります。また、バレたときは居心地が悪くなるだけでなく、友人や社会的な信用を失いやすいため、嘘をつくのは避けるべきです。ネガティブな理由や待遇に関する不満などでなければ、できるだけ正直に伝えた方がよいでしょう。

アルバイトを退職したい場合に伝えるべき相手

  • アルバイトの退職意思は伝える相手にも注意が必要です。以下で詳しく解説します。
  • アルバイト先の責任者に伝える
    退職の意思は、まずアルバイト先の責任者に伝えましょう。ただし、社長などではなく、自分の直属の上司に伝えるのが基本です。直属の上司を飛ばして他の上司や社長に伝えると、失礼にあたるので注意しましょう。
  • スタッフに伝えるのは責任者と相談する
    他のスタッフに先に伝えると、噂が広まって責任者に伝わる可能性があります。そのため、責任者に伝える前に周囲に話してしまうと、マナーが悪いと思われるかもしれません。退職の意思は、責任者に伝えた後に、どのタイミングで他のスタッフに伝えるべきか相談して決めましょう。

アルバイトでの退職の言い方のマナー

  • アルバイトを辞めるときは、最後までマナーを守ることが大切です。特に、以下の3点に注意して退職手続きを進めましょう。
  • 極力メールや電話では伝えない
    退職をメールや電話で伝えるのは避けましょう。メールや電話を使うなら、直接伝えるためのアポイント取りまでとし、しっかり対面で伝えるのが社会人としてのマナーです。

    また、メールだと返信を忘れられたり、意思がしっかり伝わらなかったりする可能性があります。引き止められるのが嫌で直接言いにくい場合は、チャットアプリやメール、電話で伝える方法もありますが、文面や言い方には気をつけて伝えましょう。
  • 退職の1か月~2週間前までには申し出る
    法律的には、2週間前までに意思を伝えれば退職は可能ですが、社会人のマナーとして1か月前には伝えておきましょう。引継ぎなどが必要になるケースもあるので、急な退職の申し出は職場に迷惑がかかってしまいます。就業規則で退職の申し出期間が決まっている場合もあるので、前もって確認しておきましょう。
  • 伝えずに突然退職するのはNG
    退職の意思を伝えずに突然辞めたり、前日に伝えたりするのはマナー違反です。職場に大きな迷惑がかかるだけでなく、あなた自身の社会的信用も失ってしまいます。場合によっては損害賠償請求されるリスクもあります。気持ちよく次のステップに進むためにも、早めに退職意思を伝え、正規の退職手続きを行いましょう。

アルバイトを退職する際の注意点

  • どのような理由であっても、アルバイトを辞める際は円満な退職を心がけたいところです。最後に、アルバイトを退職する際の注意点を解説します。
  • 有給休暇の確認・消化
    アルバイトでも、条件を満たしていれば有給休暇が付与されます。そのため、未消化の有給休暇がある場合は消化しておく必要があります。退職が決まったら、有給休暇の残り日数を確認しておき、退職前に消化できるように調整してもらいましょう。
  • 業務の引継ぎ
    退職前には、自分が抜けても業務に支障がないように、担当している業務の引継ぎが必要です。退職日が決まったら、それまでに引継ぎを済ましておきましょう。場合によっては、自分の業務を引き継ぐ人とのシフト調整も必要です。
  • 貸与物の返却
    アルバイト先から貸与物がある場合は、退職日までに返却する必要があります。貸与物には、制服や入館証、社会保険に加入している場合は健康保険証の返却も必要です。貸与物について認識がズレている場合もあるので、アルバイト先に確認して借りているものは忘れずに返却しましょう。

まとめ

  • アルバイトを辞めるときは、言い方に気をつけるのはもちろん、社会人としてのマナーも守りましょう。辞め方が悪いと、近くで働きにくくなったり、自分の評判が悪くなってしまったりするので注意が必要です。この記事で紹介した言い方のポイントや注意点に気をつけて、円満に退職手続きを済ませてください。

    今の職場を退職後、次のアルバイト先を探す場合は、続けやすいように自分の生活スタイルに合った職場を探すとよいでしょう。アルバイト・パートの求人サイト「シフトワークス」なら、条件を絞って自分に合った求人を探しやすく便利です。求人情報の確認をしたい方は、まずは以下から会員登録にお進みください。