バイト当日に体調不良で欠勤の連絡を入れる際のポイントや伝え方を紹介

  • バイト当日に体調不良で欠勤したい場合、どのように連絡すればいいのか迷う人も多いでしょう。この記事では、バイト当日に欠勤の連絡を入れる際のポイントとともに、ケース別の伝え方や例文などを解説します。体調不良になったときにバイト先へスムーズに連絡するために、ぜひ参考にしてください。

体調不良を理由にバイト当日に休める?

  • 業務に対応できないほどの体調不良になった場合、バイト当日に連絡して休むことは可能です。

    もちろん、バイト当日に急な欠勤の連絡をすれば、ほかの従業員やバイト仲間に負担や迷惑がかかります。しかし、体調不良でやむを得ず休むしかないケースは、誰にでも発生する可能性があります。労働契約法第5条においても労働者の安全への配慮が義務づけられているため、体調不良の場合は無理せずバイトを休みましょう。

    ただし、体調不良が原因であっても無断欠勤は許されません。必ずバイト先に連絡したうえで、休暇をとるようにしましょう。

    ※参考:労働契約法 | e-GOV 法令検索

体調不良でバイト当日に欠勤の連絡をする際のポイント

  • 体調不良でバイト当日に欠勤の連絡をする場合、誠実な対応が必要です。ここでは、連絡のポイントを解説します。
  • 連絡方法は電話で行う
    バイト当日に体調不良で休みたくなったら、バイト先には電話で連絡しましょう。メールやLINEはすぐに確認できない可能性もありますが、電話なら確実に欠勤する旨を伝えられます。欠勤について伝える相手は、店長などの管理者です。管理者が不在であれば、バイトリーダーに伝言を依頼してください。
  • 欠勤の連絡は早めに行う
    体調不良で急に欠勤する場合、なるべく早めに連絡しましょう。バイト当日の朝に体調不良になった際も、バイトに行けないと感じた時点ですぐ連絡することが重要です。早めに連絡すれば、バイト先では別のバイトを入れて穴埋めがしやすくなります。バイト先にかかる迷惑を減らすためにも、欠勤については早めの連絡が大切です。
  • 嘘はつかない
    欠勤の連絡において嘘をついてはいけません。たとえば、本当は元気であるにもかかわらず体調不良と嘘をついてバイトを休んだ場合、嘘だと分かれば信用を失う恐れがあります。また、本当に体調不良で休みたいときも、症状を誇張せず実際の状況を正直に伝えることが大切です。安易に嘘をつくと辻褄が合わなくなる可能性があるため、注意してください。
  • 謝罪の思いはきちんと伝える
    当日に欠勤する場合は、理由にかかわらずバイト先に迷惑がかかります。連絡を入れる際は単に体調不良で欠勤する旨だけでなく、あわせて謝罪の思いも伝えましょう。謝罪の思いをうまく伝えられないと、非常識だという印象を持たれる恐れがあります。その後も円満に働き続けるには、バイト先に対する配慮が必要です。
  • 病状や復帰できる日を伝える
    欠勤の理由として体調不良である旨を示すだけでなく、病状や復帰できる日の目安についても具体的に伝えましょう。体調不良の状況を詳しく伝えれば、バイト先の責任者が適切な対応を考えやすくなります。復帰できる時期によって必要な対応が変わる可能性があるため、正直に自分の状況を伝えることが大切です。

体調不良でバイト当日に欠勤する際の伝え方と例文

  • 体調不良でバイト当日に欠勤する場合、どのように連絡すればよいのでしょうか。ここでは、伝え方と例文を紹介します。
  • 風邪をひいた場合
    「申し訳ございません。風邪をひいたようで今朝から体調が優れず、本日は出勤できそうにありません。当日の連絡で恐れ入りますが、本日はお休みをいただけないでしょうか」

    風邪をひいて出勤できないほどの症状が出ている場合は、状況をそのまま伝えて欠勤の連絡をしましょう。風邪で体調が優れないという状況は誰でも経験したことがあり、すぐに理解してもらえる可能性が高いです。電話の声からも体調不良である様子を汲み取ってもらえるでしょう。ただし、バイト先には迷惑がかかるため、必ず謝罪の言葉を述べる必要があります。
  • 新型コロナウイルス関連の場合
    「昨日、コロナのワクチンを接種して、副反応だと思われる高熱が出ております。本日は出勤が難しいため、お休みをいただけないでしょうか。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

    新型コロナウイルスに関する理由で欠勤する場合も、正直に状況を話せば理解してもらえる可能性が高いです。ただし、急な欠勤により生じる迷惑については、忘れずに謝罪しましょう。

    なお、新型コロナウイルスに感染して欠勤が必要になった際は症状が出始めた日付も報告し、いつから再び出勤できるか伝える必要があります。
  • 腹痛や生理痛の場合
    「今朝から腹痛がひどく、本日は出勤できそうにありません。恐れ入りますが、本日は欠勤させていただきたいです。申し訳ございません」

    腹痛で出勤が困難なときは、状況を正直に伝える必要があります。可能であれば、腹痛の具体的な原因についても伝えると快諾されやすくなります。

    生理痛で欠勤したい場合は、その旨を伝えましょう。バイトでも労働基準法の第68条により生理休暇の取得が認められています。ただし、生理休暇の具体的な取り扱いについては各企業に委ねられているため、詳細については確認が必要です。

    労働基準法 | e-GOV 法令検索
  • 頭痛の場合
    「昨日から頭痛がひどいため、本日はお休みさせていただきます。当日の急な連絡でご迷惑をおかけし、申し訳ありません」

    頭痛がひどくて業務に支障が出そうなら、その旨が伝わるように欠勤の連絡をしましょう。予想できる原因や具体的な症状についても説明できると、勤め先が状況を把握しやすくなります。症状がひどくて長引きそうであれば、それもあわせて伝えるとバイト先のシフトの調整がスムーズになります。

バイト当日の通勤中に急遽体調が悪くなった場合の対応方法

  • バイト当日に通勤している途中で頭痛やめまいなどの体調不良が急に発生し、出勤が難しくなるケースもあります。そのような状況に陥ったら無理はせず、まずはその場ですぐ休んでください。そして、バイト先へ連絡を入れ、その日のバイトを休む許可をもらいましょう。

    バイトの直前に欠勤の連絡をすれば、バイト先には当然迷惑がかかります。しかし、具合が悪い状況で無理に出勤すると、仕事中のトラブルに発展する恐れもあります。体調が悪いなら、謝罪をしつつバイトを休んで回復に努めましょう。

体調が回復しバイト復帰後にすべきこと

  • 体調不良でバイトを休んだ場合、復帰後にすべきことがあります。以下で詳しく解説します。
  • 休みをいただいたことにお礼を伝える
    バイトに復帰したら、急な休みをいただいたことについてお礼を伝えましょう。バイトを急に休めば、代わりに業務を行ってくれた相手に負担がかかっています。そのため、お礼の言葉は、責任者だけでなく周囲の従業員やバイトに対しても伝える必要があります。

    謝罪と感謝の気持ちの両方を伝えることが大切です。また、迷惑をかけた相手が休みをとる際は、積極的に業務を請け負う姿勢も重要です。
  • 体調管理を徹底する
    体調が治ってバイトに復帰した後は、再び体調を崩さないよう体調管理を徹底しましょう。体調不良になった原因を振り返り、今後は同じ理由でバイトを休まないようにする必要があります。状況にもよりますが、心がけ次第で体調不良は回避できるケースが多いです。たとえば、手洗いうがいを徹底する、規則正しい生活を心がけるなどです。
  • 働き方を見直す
    体調不良の原因が働きすぎである場合は、働き方を見直してみましょう。たとえば、シフトの調整がしやすい仕事や、自分の希望により合致する働き方ができる仕事に変更すれば、働きすぎを回避しやすくなります。バイト先や職種によって働き方は大きく異なるため、自分により最適な仕事を探すことも大切です。

    新しいバイトを探すなら、シフトワークスがおすすめです。シフトや希望をもとに仕事を検索できるため、自分が求める仕事を効率的に探せます。

まとめ

  • バイト当日に体調不良になったら、電話で連絡を入れて休む許可を得ましょう。体調不良はやむを得ない理由であるため、基本的に欠勤が認められます。ただし、バイト先には迷惑がかかるため、欠勤について伝えるだけでなく、謝罪の気持ちも示す必要があります。

    バイトの働き方が合わず、疲労により体調不良になりがちな状況なら、自分に合う仕事を改めて探すという解決策もあります。シフトワークスは、時間やシフトから仕事を探せるサイトです。自分が求めるバイト先を見つけるために、ぜひ活用してください。