バイトでピアスはあり?面接や働くときのマナー、ピアスOKの職種をチェック

  • おしゃれの一環として、ピアスを開けていたり、これから開けようと思っていたりする学生は多いのではないでしょうか。ただ、これからバイト探しをしようと思っている場合、ピアスなどのアクセサリーがNGのバイト先も存在するため、注意しなければなりません。

    この記事では、バイトでのピアスに関するルールや面接時の対策、ピアスOKな職種などについて解説します。ぜひ参考にしてください。

バイトでピアスはしない方がいい?

  • ピアスはおしゃれの一環として多くの人が楽しんでいるアクセサリーですが、仕事中だと適さないケースも多いので気をつけましょう。

    特に、面接やピアスNGのバイト先では、以下のように注意が必要です。
  • 特にバイトの面接ではピアスは外す
    これからバイトを始めるために面接を受ける場合、ピアスは付けない方がよいでしょう。ピアスだけでなく、ネックレスやリングなど、そのほかのアクセサリーも外しておくのが面接のマナーです。

    バイトの面接では、採用してもらうために印象が大事です。ピアスOKとしているバイト先でも、面接の段階で派手すぎたり、アクセサリーをいくつも着用していたりすると、悪目立ちしてしまう可能性があります。
  • 飲食業などNGとされる職場もある
    飲食店や見た目にも気を遣うバイト先の場合、ピアスなどのアクセサリー類はNGとしているケースも多くあります。求人票に「NG」の記載があったら、ピアスの着用は絶対に避けてください。

    求人票に記載がなく、アクセサリーを着用してもいいのか分からない場合も、付けない方が無難です。どうしてもピアスを着用したい場合は、面接の際などに直接確認しましょう。

バイトでピアスを避けた方がいい理由

  • すでにバイトをしていたり、これからバイト探しをしようと思っていたりする場合は、ピアスの着用は避けるのがおすすめです。ここでは、その理由について解説します。
  • 面接での印象が悪くなりがち
    バイトの面接でピアスを着用していると、面接官や職場の風習によっては、「社会人として不適切」と判断されてしまい、印象が悪くなる可能性があります。

    希望のバイト先で採用されるためには、面接内容だけでなく、身だしなみでも好印象を与えられるかが重要です。そのため、ピアスを含むアクセサリー類は、面接の場には適していません。
  • 衛生管理に影響がある
    ピアスは、しっかり固定されるものがほとんどですが、誤って落ちてしまう可能性はゼロではありません。特に飲食店などでは、異物混入につながる恐れがあります。

    また、バイトの際に消毒するのも難しく、雑菌が飲食物や商品についてしまうリスクがあります。そのため、衛生管理の観点からも、ピアスの着用は避けた方がよいでしょう。
  • 接客で適さないケースがある
    バイト先で接客業務がある場合、ピアスの着用により企業イメージを損ねる可能性があります。取引先や顧客への印象が悪くなる可能性もあるため、禁止としている職場も少なくありません。

    また、バイト先では特に問題なくても、接客する相手によっては、ピアスが不適切ととられる場合もあります。そのため、接客があるバイト先では、できるだけピアスの着用は避けた方が無難です。

ピアスを開けて間もないときの対処方法

  • ピアスを開けたばかりだと、バイトがあっても外せない時期があります。ピアスを開けるときに最初に付ける「ファーストピアス」は、暫く付けておかなければなりません。

    無理に外すと、塞がってしまったり、化膿してしまったりする恐れがあるので、対策が必要です。ここでは、面接やバイト中におけるファーストピアスの対処方法を3つご紹介します。
  • 透明なピアスを使う
    100円均一や雑貨ショップなどで、透明で目立ちにくいピアスが購入できます。ファーストピアスを外せない場合は、透明ピアスなどの目立ちにくいピアスを活用するとよいでしょう。

    ただし、開けてすぐの状態で血が出ていたり、化膿したりしている場合は、無理に付け替えられない場合もあります。また、大きめの穴をあけている場合も代用は難しいので、他の方法を考えましょう。
  • 隠れるように工夫する
    目立たないピアスの大きさであれば、肌の色に合った絆創膏や髪型の工夫などで隠す方法もあります。ただし、面接官やバイト先の管理者の目に入ってしまうケースもあるので、注意が必要です。

    また、絆創膏などで隠す場合、長時間貼り続けるのは避けましょう。炎症や化膿を避けるためにも、外したら消毒が必要です。
  • 正直にバイト先へ伝えておく
    ファーストピアスは、無理に外したり隠したりすると、出血や化膿などのトラブルにつながる可能性があるため、正直にバイト先に伝えて許可をもらった方が安全です。誤魔化しているのがバレた場合、マナー違反だと思われ、バイト先での信用を失ってしまう可能性もあります。

    バイト中にピアスが目立たないようにする工夫や、外せるタイミングを相談し、理解を得ておきましょう。

バイトでピアスOKな職種は?

  • バイトでのピアスは避けた方がいいケースが多くありますが、逆に、ピアスを着用していても問題ないケースもあります。

    ここからは、ピアスOKの傾向にある職種について解説します。
  • 飲食物を取り扱わないバイト
    飲食物を取り扱うバイトは、異物混入などのリスクからピアスNGとなっているケースが多くありますが、飲食物を取り扱わないバイトなら、OKなケースもあります。飲食物を取り扱わないバイトの例は、以下のとおりです。

    ・本屋
    ・アミューズメント施設
    ・工事や交通整理などの現場仕事
    ・イベントスタッフ など
  • 接客がないバイト
    接客がないオフィス関連のバイトなどでは、見た目に関するルールがなかったり、ピアスの着用が許可されていたりするケースもあります。バイトの身だしなみによって、ブランドや企業イメージを損なう恐れが少ないバイト先では、気にせず着用できるかもしれません。

    接客がないバイトの例は、以下のとおりです。

    ・コールセンター
    ・データ入力や事務
    ・新聞配達やポスティング
    ・宅配業者 など
  • ファッションに関連しているバイト
    ピアスは、仕事上での印象が悪くなる場合に禁止される傾向にありますが、逆に、ファッション性を重視するバイト先なら、着用が許可されている傾向にあります。ファッション関連のバイトやカジュアルなバイト先であれば、おしゃれにも理解があり、お店のイメージに合うピアスであれば、基本的に認められやすいでしょう。

    ファッションに関連しているバイトの例は、以下のとおりです。

    ・アパレル関連
    ・雑貨屋
    ・カジュアルバーなどのナイトワーク

バイトでピアスをつけるときの注意点

  • バイトをしながらでもピアスを開けたいという人は、以下の2つの注意点に気をつけましょう。
  • ピアスを開けるタイミングを考える
    先述の通り、ピアスを開けると、ピアスホールを安定させるために、ファーストピアスを一定期間着用しなければなりません。そのため、これからバイト探しをする場合は、開けるタイミングを調整しましょう。

    特に、バイト先でピアスの着用が禁止されているなら、バイトを始める1か月前に開ける、長期休みで開けるなど、ファーストピアスの着用でバイト先に迷惑をかけないように注意が必要です。
  • ピアスに関するルールを確認しておく
    ピアス着用がOKなのかNGなのか不明な状態で、勝手に判断して着用してしまうと、失敗してしまう可能性があります。バイト先でのルールが不明な場合は、事前に確認しておきましょう。

    ピアスOKとなっている場合でも、種類や個数などに指定がある場合もあるため、念のため確認が必要です。

バイトでのピアスに関するQ&A

  • ここからは、バイト先でのピアス着用に関して、よくある質問をQ&Aでご紹介します。
  • すでにピアスを開けていてもバイトはできる?
    バイトを始めるときに、すでにピアスを開けていても、ルールさえ守ればバイトは可能です。ピアスを開けているからという理由で、不採用になるケースはほとんどないでしょう。

    バイト予定の職場でピアスNGのルールがあるなら、面接やバイト中に外しておけば問題ありません。バイト以外でおしゃれを楽しみましょう。
  • ピアスを隠せばバイトできる?
    ピアスNGの職場でピアスを付けたまま隠していると、逆に不自然で目立ってしまう可能性もあります。また、隠しているのがバレると、より悪い印象を与えかねません。

    開けたばかりで外せない場合など、何らかの理由で外せないなら、バイト先に正直に話しておきましょう。どうしてもピアスを着用したいなら、ピアス着用OKなバイト先を探した方が賢明です。
  • ピアスOKならどんなピアスでもいい?
    ピアスOKでも、企業や店舗のイメージに合わない派手なものや、仕事の邪魔になるようなデザインのものは避けた方がよいでしょう。商品や荷物を取り扱う場合、ぶら下がるタイプのピアスや大きなピアスだと、引っ掛かってケガをしたり、商品を傷つけてしまったりする可能性があります。

    バイト先によっては、シンプルなものならOKとしているなど、ルールが決められている場合もあるので、チェックしておくと安心です。

まとめ

  • ピアスは、ファッションを楽しめる人気のアクセサリーです。プライベートで楽しむ分には問題ありませんが、バイト中の着用は、職場によってはNGとされる可能性があるので、しっかりルールを確認しましょう。

    企業イメージや業務への支障を考慮して、ピアスNGとなっているバイト先も多くあります。もし、バイト中でもピアスを着用したいという場合は、ピアスOKなバイトを探しましょう。

    ピアスOKなバイトを探すなら、「シフトワークス」がおすすめです。時間やシフト、こだわり条件から自分に合うバイト先を探せます。「服装自由」となっている求人を絞り込んで検索も可能なので、ピアス着用可能なバイトも見つけやすいでしょう。

    これからバイトを探すという人は、ぜひ、以下から会員登録してバイトを検索してみてください。