バイト応募時の自己PRにつながる4つのヒント|構成の作り方・採用されやすいコツも紹介

  • バイトに採用されるには、自己PRの内容や履歴書への書き方、面接での伝え方が重視されます。しかし、改めて考えてみると、自分の強みがよく分からない人は多いのではないでしょうか。

    この記事では、バイト応募時の自己PRの考え方や構成の作り方などを解説します。例文も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

採用時に自己PRが重視される理由

  • 採用時に自己PRが重視される理由は、仕事への適性や、職場やほかのスタッフとの相性、意気込みなどを判断するためです。自分はどういう人物かが端的に伝わり、仕事ぶりを想像してもらえるような自己PRを考えましょう。

バイト応募時の自己PRにつながる4つのヒント

  • バイト応募時の自己PRを考えるポイントを解説します。4つの切り口から自分の強みを考えてみてください。
  • 1.これまでの仕事(バイト)経験
    何らかの仕事の経験があれば、その仕事をするうえでの心構えや、仕事で得た学びを振り返ると自己PRの手がかりを得られます。また、これから応募する仕事に活かせそうな経験があれば、自己PRに盛り込みましょう。
  • 2.プライベートでの経験
    仕事の経験がない場合は、プライベートでの経験から仕事につながりそうな内容をイメージしましょう。例えば、家事や育児、学業、部活動などで、努力してきたことや達成感を味わった経験を振り返ってみてください。
  • 3.自分の長所・短所
    自分の長所・短所も、自己PRを考える手がかりになります。例えば、コミュニケーション能力がある、忍耐力がある、すぐに気持ちを切り替えられるといった特性は、仕事に活かせる長所といえます。

    短所ばかり思い浮かぶという人は、短所を長所に置き換えられないか検討しましょう。例えば「計画性がない」という短所は、見方を変えれば「臨機応変に行動できる」ともいえます。
  • 4.周囲の人からの見え方
    自分で考えても自己PRのヒントが見つからないときは、親しい人に相談してみましょう。配偶者や友人などの第3者に相談すると、客観的な視点からアドバイスをもらえます。自己PRの精度を高め、新しい気づきを得るといった点でも、周囲に意見を求めることは有効です。

バイト応募時の自己PRの構成

  • 簡潔に自己PRをまとめなければ、要点が伝わりません。自己PRの構成方法について解説します。
  • 1.結論
    仕事の場では基本的に、結論を最初に伝えます。結論が後にくると、伝えたい内容がぼやけてしまいます。まずは「私の強みは~です」「私は~に自信があります」などと、端的に自分の強みを述べましょう。
  • 2.具体的なエピソード
    結論を述べた後に、具体的なエピソードで結論を裏付けます。履歴書のスペースが足りないときは、面接で補足する前提で記載しましょう。無理に小さなスペースに文章を書いても、読みにくくなり印象を損なう恐れがあります。
  • 3.バイト先で強みをどう活かせるか
    自己PRで挙げたエピソードと、これから応募する仕事を関連づけましょう。採用担当者は、採用後にミスマッチが起きないか、ほかのスタッフと上手くやっていけるかを見極めたいと考えています。働きぶりをイメージしてもらえると、採用される可能性が高まります。

バイトに採用されやすい自己PRを作るコツ

  • 応募先が求めるものをイメージして、ぜひ採用したいと思われる自己PRを作りましょう。好印象な自己PRを作るコツを解説します。
  • 応募先の求めている人材をイメージする
    求人情報を見て、応募先の求めている人材をイメージしてから自己PRを考えましょう。職種によって必要なスキルや資格、性格などは異なるので、応募先が歓迎する内容に合わせた自己PRでなければ採用担当者に響きません。応募先で活躍できる見込みがあると、自己PRを通じてアピールしましょう。
  • 成功体験を振り返る
    成功体験を思い出していくと、自己PRの手がかりを見つけやすくなります。成功体験とは、名前のとおり「何かに成功した体験」です。成功体験の例を以下に示しました。

    ・習い事を10年以上続けた
    ・努力して苦手科目の点数を上げた
    ・工夫して家事の効率を高めた

    このような体験から何を得たのか、仕事に活かせるポイントはあるのか今一度振り返ってみてください。
  • 資格・スキルを振り返る
    応募先で役立つ資格・スキルがあれば自己PRに盛り込みましょう。ただし、応募先と関連が薄い内容をアピールしても、なぜこの仕事に応募したのかと疑問を持たれる場合もあります。バイトに応募するにあたり資格やスキルは必須ではないため、該当するものがあれば記載する程度にとらえておきましょう。

【仕事経験から】バイトでの自己PR例2選

  • 仕事(バイト)経験をもとにした自己PR例を紹介します。応募する職種の経験があるかで、アピールする内容は変わってきます。
  • 1.経験ある職種に応募するとき
    経験ある職種に応募する場合は、評価された経験を盛り込むと効果的に自己PRできます。
  • 2.未経験の職種に応募するとき
    職種を問わず共通して活かせるスキル・心がけを盛り込みましょう。また、チャレンジする意気込みを示すことも大切です。

【プライベートの経験から】バイトでの自己PR2選

  • 学校やサークル、習い事などでの体験や、家事育児の体験も自己PRにつながります。
  • 1.学校やサークル・習い事などでの体験について
    プライベートの体験から自己PRを作るときは、興味・やりがいを感じたこと、工夫したことを加えると具体性が増します。
  • 2.家事育児での体験について
    家事や育児で培ったスキルも、仕事に活かせます。

【長所から】バイトでの自己PR例4選

  • 自分の長所からも自己PRを考えられます。バイト先に興味を持ってもらいやすい長所について、自己PRを紹介します。
  • 1.真面目さ・忍耐力・責任感
    仕事を投げ出さず、真面目に働いてもらえると感じてもらえるような自己PRを考えましょう。
  • 2.コミュニケーションスキル・協調性
    職場に溶け込めそう、接客に向いていると感じてもらえるような自己PRを考えましょう。
  • 3.臨機応変さ
    バイトでは想定外の事態が多いものです。柔軟に対応できそうと感じてもらえると、採用の可能性が高まります。
  • 4.体力
    「体力」は、言葉のみでは自己PRが難しい場合があります。具体的な表現を意識しましょう。

【応募したい職種別】バイトでの自己PR例5選

  • 学生や主婦が働きやすいバイトに関して、いくつか自己PRを紹介します。職種ごとに注目される内容が異なる点に注目しましょう。
  • 1.飲食店のホールスタッフ
    飲食店のホールスタッフは、気配り上手さ、臨機応変さ、コミュニケーションスキルなどが重視されます。
  • 2.引っ越しスタッフ
    引っ越しスタッフは、体力や真面目さなどが重視されます。
  • 3.アパレルや雑貨などの販売スタッフ
    アパレルや雑貨などの販売スタッフは、コミュニケーションスキル、トレンドへの詳しさなどが重視されます。
  • 4.コンビニエンスストアのスタッフ
    コンビニエンスストアのスタッフは、周囲を観察する力、素早さ、効率のよさなどが重視されます。
  • 5.塾講師・家庭教師
    塾講師・家庭教師は、コミュニケーションスキル、忍耐力、過去の指導経験などが重視されます。

【履歴書の書き方】バイト応募時の自己PRで避けたいこと

  • 印象を損ねないように、バイト応募時の自己PRで避けたいことを紹介します。
  • 抽象的な表現
    「さまざまな」「いろいろな」など、具体性に欠ける表現は自己PRで使わないようにしましょう。「例えば~など」というように、少しでも具体性を高める心がけが重要です。また、数字を取り入れると、エピソードが具体化して説得力が増します。
  • 話し言葉
    自己PRを記載するときは、話し言葉ではなく書き言葉を使いましょう。例えば、「どんな」は「どのような」、「なので」は「そのため」、「ちゃんと」は「丁寧に」または「きちんと」に変換できます。
  • カジュアルすぎる表現
    仕事の場では、カジュアルすぎる表現は不向きです。ビジネス文書を意識して「です、ます調」で自己PRを記載しましょう。また、正しい敬語を使えているかも確認してください。
  • 嘘や誇張
    自分をよく見せようと自己PRに嘘や誇張表現を盛り込んでも、面接のときに違和感を与えてしまいます。バレずに採用されても、嘘が発覚すると訴えられるリスクがあるため注意してください。

まとめ

  • バイトに採用されるには、具体的で説得力のある自己PRが重要です。仕事経験やプライベートの経験、所有する資格やスキルを振り返って魅力的な自己PRを作りましょう。

    そして、これからバイトを探す方におすすめしたいのが、シフトワークスです。シフトワークスは、住んでいるエリア別に、時間やシフトからバイトを探せます。登録内容がフォームに反映されるため、スムーズな応募が可能です。

    バイトを探している方は、ぜひシフトワークスを利用してみてください。