バイトの応募電話をかける時間帯は?バイトの応募電話の準備や流れなども解説!

  • バイトの募集に電話で応募する場合、適切な時間帯に電話をかけないと印象が悪くなってしまいます。

    この記事では、バイトの応募電話をかける時間帯の目安や、業種ごとの電話をかけるおすすめの時間帯などを解説します。

    バイトの応募電話をする際の準備やトラブルの対処法なども解説するので、参考にしてください。

バイトの応募電話をかける時間帯

  • バイトの応募電話をかける時間帯は、10時前後から18時頃が目安です。24時間営業をしている店舗だとしても、早朝や深夜に電話することは避けましょう。

    また、深夜営業がメインの店舗においては、午前中に応募電話をかけるべきではありません。午前中は営業しておらず、電話を受け付けていない可能性があるからです。募集要項に電話受付時間が書かれている場合は、そちらも参考にしてください。

業種ごとの電話をかけるおすすめの時間帯

  • 業種ごとに電話をかけるべき時間帯は異なります。以下は、バイトの募集が多い業種と、電話をかけるのにおすすめの時間帯です。

バイトの応募電話をする際の準備

  • バイトの応募電話をする際は、何点か準備するべきことがあります。ここからは、具体的な準備の内容について解説します。
  • 話す内容や順番を決めておく
    話す内容や順番は、あらかじめ決めておきましょう。なぜなら、バイトの応募に関するやり取りがスムーズに進みやすくなるからです。また、事前に内容を決めておけば、緊張したり話の内容・順番を忘れたりすることを防げます。
  • 質問内容をまとめておく
    あらかじめ質問内容をまとめておくと、スムーズに質問できたり、特定の質問を忘れるのを防げたりします。

    募集要項には書いていないことや、調べても分からなかったことは、事前にまとめておくのも大切です。

    また、事前に疑問点を持って質問をする行為は、熱意を持って応募に臨んでいると捉えられるでしょう。そのため、担当者に好印象を与えられて、採用されやすくもなります。
  • 面接希望日を決めておく
    バイトの応募電話をする場合は、事前に自身のスケジュールを確認して面接希望日を決めておいてください。電話でやり取りしているときに面接日希望日を決めようとすると、手間や時間がかかってしまいます。

    なお、面接希望日を事前に決める際は、相手側のスケジュールの都合も考えて、複数用意しておきましょう。
  • メモを取れるようにしておく
    バイトの応募電話をかけた時点で、面接の時間や場所などが決まることも珍しくありません。そのため、メモを取れるように準備しておきましょう。

    例えば、メモ帳や筆記用具を手元に置いたり、スマートフォンのメモ機能を準備したりするなどの方法が有効です。

バイトの応募電話における流れ

  • バイトの応募電話をスムーズに進めるために、大まかな流れを把握しておきましょう。以下は、具体的な流れとそれぞれの詳細です。
  • 1.挨拶をして用件を伝える
    電話が繋がったら挨拶をして、用件がバイトの応募であることを伝えます。最初に用件を伝える理由は、相手側は客か応募かの判断ができないためです。

    最初に電話に出た人が採用担当者なら次の手順に進みます。違った場合は、採用担当者に代わってほしいと伝えましょう。
  • 2.バイトの募集をしているか確認する
    採用担当者と話せる状態になったら、現在もバイトの募集をしているか確認します。スケジュール的には募集している期間だとしても、採用人数が定員に達して募集を締め切っている可能性があるためです。

    また、学生の場合はこのタイミングで、学生が応募しても問題ないかを確認しましょう。バイトの募集をしていることが確認できたら、次の手順に進みます。
  • 3.質問や疑問点の確認をする
    事前にまとめておいた疑問点を質問して、問題がないか確認しましょう。なお、バイトの募集をしていない状態で質問をすると、手間や時間が無駄になってしまいます。相手に迷惑をかけないためにも、質問や確認はこの段階で行いましょう。
  • 4.面接日時や場所などを調整する
    面接日は、応募した段階で決まることが一般的です。採用担当者に候補日を提案されたり、自身の希望する日時を聞かれたりするため、都合のよい日を伝えましょう。

    また、面接する時間や場所の他、必要な物なども同時に決まる場合があります。問題はないか、あらかじめ確認しましょう。
  • 5.挨拶をして電話を切る
    全ての用件を伝えたり、必要な情報の確認が終わったりしたら電話を切ります。電話を切る際は挨拶やお礼をして、相手が電話を切った後に自分も切りましょう。

    なお、自分から電話を切る行為は、印象が悪くなる可能性もあるため避けるべきです。

バイトの応募電話のトラブル対処法

  • バイトの応募電話をした際に、トラブルが発生することもあります。代表的なトラブルと、それぞれの対処法は下記の通りです。
  • 留守電
    電話しても相手が出なかった場合は、自身の名前と用件がバイトの応募である旨を留守電に残しておきましょう。

    留守電だとしても着信履歴は残るため、応募のために電話したことを伝えられます。また、改めて自分から連絡する旨を伝えておくのも効果的です。なお、折り返しの連絡を求めることは、相手に失礼だと受け取られて、印象が悪くなる可能性があります。
  • 担当者の不在
    担当者がいなかった場合は、自身の名前と用件を伝えた上で、担当者がいる時間帯について聞いておきましょう。

    出勤しているがその場にいない状態なら、戻ってくる時間帯を確認します。担当者が休みの場合は、次回出勤する日や時間帯などを確認してください。

    担当者がいる日や時間帯が分かったら、その日時に改めて連絡し直す旨を伝えましょう。また、担当者の名前が分かっていなかったら、このタイミングでの確認がおすすめです。
  • かけ直しの依頼
    忙しい時間帯やタイミングが悪いときに電話をかけると、かけ直すように依頼されます。その際は、かけ直しても問題ない時間帯を確認しておきましょう。

    なお、忙しい時間帯やタイミングが悪いときに電話をかけたことをお詫びしておくと、印象が悪くなりにくいです。
  • 折り返しの電話が来ない
    担当者の不在やタイミングの問題などで、「折り返します」と伝えられる場合もあります。折り返しの電話は当日中にあることが一般的ですが、相手側の都合もあるため翌日までは待つのが得策です。

    しかし、翌日まで待っても折り返しの電話がない場合もあります。その際は、自分からもう1度連絡しましょう。

バイトの応募先から電話があった際のマナー

  • バイトの応募先から電話があったら、マナー違反がないように注意しましょう。以下は、注意するべきマナーとそれぞれの詳細です。
  • 最初に名前を名乗る
    ビジネスにおける電話では、最初に自分の名前を名乗ることがマナーです。そのため、一般的に電話を出る際に言う「もしもし」は使うべきではありません。

    「もしもし」と言ってしまった場合は、「失礼しました」とお詫びをしましょう。そして、改めて自分の名前を名乗る対応をします。
  • 電話に出にくい場合はかけ直す
    外出中や、手が離せない状況で電話がかかってくる場合もあります。その際は、電話が難しい状況であることと、折り返し電話することを伝えてください。かけ直すときは、静かな場所に移動したり、電話に集中できる状況にしたりしましょう。
  • 電話に気づかなかった場合は折り返す
    電話がかかってきた時点では、着信に気づけないこともあります。後から着信に気づいたら、早めに折り返すのがマナーです。

    当日中に折り返すのが理想ですが、難しい場合は翌日に電話してください。電話する際は、着信があったことに気づいた旨を伝えた上で、採用担当者に繋ぐように依頼します。

まとめ

  • バイトの応募電話をかける際は、電話する時間帯に注意しましょう。業種によって忙しい時間帯は異なるため、あらかじめ目安として挙げた時間を参考に配慮できるとよいです。また、バイトの応募電話における流れを把握しておくと、いざというシーンで慌てたりパニックになったりすることを防げます。

    バイトの応募手段として電話はメジャーですが、昨今はWeb上で応募を完結できる場合も多くあります。

    シフトワークスは、必要な情報を記入してバイトの応募ができます。バイト探しについても、時間やシフトに加え、職種やエリアといった条件を設定して検索可能です。バイトを探している方は、ぜひシフトワークスをご活用ください。