バイトの挨拶がおはようございますの理由は?状況ごとの適切な挨拶や注意点も解説!

  • バイトの挨拶は、基本的に時間帯を問わず「おはようございます」が用いられます。この記事では、バイトの挨拶になぜ「おはようございます」が用いられるのか、理由を解説します。

    シチュエーションごとの適切な挨拶や、バイトにおける間違えやすい言葉遣いについても解説するので、参考にしてください。

バイトの挨拶がおはようございますの理由とは?

  • 一般的な挨拶は、朝や昼などの時間帯ごとに、「おはよう」「こんにちは」などと使い分けられます。しかし、バイトも含むビジネスシーンにおける挨拶は、基本的に時間帯を問わず「おはようございます」が用いられます。

    なぜなら、「おはようございます」には、早い時間からご苦労様ですという意味が込められているためです。

    業種によっては出勤時間が固定されていなかったり、夕方以降に出勤したりする可能性があります。しかし、上記の意味を持つ「おはようございます」なら、時間帯を問わず使えます。

バイトにおける基本的な挨拶

  • バイトをするなら、基本的な挨拶と使う場面を覚えておきましょう。以下は、基本的な挨拶の種類とそれぞれの詳細です。
  • おはようございます
    バイトにおける挨拶は、基本的に「おはようございます」と言います。そして、時間帯や先輩・後輩などの立場は問いません。

    なお、バイトで挨拶をするタイミングは、職場に出勤した際や、制服に着替えて持ち場についた際などです。
  • お疲れ様です
    職場によっては、挨拶が「おはようございます」ではなく、「お疲れ様です」という場合もあります。飲食店やサービス業などでは、「おはようございます」が使われやすい一方、オフィスワークでは「お疲れ様です」が用いられやすいです。

    しかし、明確に決まりがある訳ではありません。業界の慣習や職場の状況に合わせて使い分けましょう。
  • お世話になっております
    取引先や出入り業者などに対しては、「お世話になっております」と挨拶することが一般的です。なぜなら、お世話になっておりますという言葉には、相手に感謝を伝える意味が込められているためです。

    基本的には職場外の人に向けて使いますが、社内で使うことがあります。具体的には、別部署に所属している人に挨拶する場合などです。

シチュエーションごとの適切な挨拶

  • シチュエーションによって適切な挨拶は変わります。ここからは、具体例とそれぞれの詳細を解説します。
  • 退勤するとき
    退勤する際の挨拶は、時間帯を問わず「お疲れ様です」と言うことが一般的です。また、自分が退勤した後も働く人がいたり、上司・目上の人に対して使ったりする際は、「お先に失礼します」と添えましょう。

    挨拶するタイミングは、タイムカードを切る直前が望ましいです。定時近くになっても、残業が発生する可能性があるためです。なお、全員が同じタイミングで退勤するなら挨拶は不要とされています。
  • バイト先へ電話するとき
    バイト先に電話する場合は、始めの挨拶として「おはようございます」か、「お疲れ様です」と言いましょう。

    最初に挨拶をすると、お客様からの問い合わせではなく関係者からの電話と分かります。そのため、やり取りをスムーズに進められます。
  • バイト初日のとき
    バイトに初めて出勤するときも、「おはようございます」と挨拶して問題ありません。しかし、基本的に挨拶する相手が初めて会う人のはずなので、簡単な自己紹介も添えましょう。

    また、集団の前で挨拶をする場合は、必ずしも「おはようございます」と言う必要はありません。状況に合わせて使い分けましょう。

    バイト初日にすべきことに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

    バイト初日についての記事はこちら
  • 年明けのとき
    年明けに挨拶する際は、基本的に「あけましておめでとうございます」と言います。ビジネスシーンに限らず、年明けは新年の挨拶をすることが一般的です。年明けに初めて出勤した際は注意しましょう。
  • 取引先や出入り業者の人と話すとき
    取引先や出入り業者の人と話すときは、「お世話になっております」と挨拶をしましょう。お世話になっておりますという言葉には、相手へ感謝を伝える意味があるため、時間帯を問わず挨拶の言葉として使えます。

バイトにおける間違えやすい言葉遣い

  • 挨拶に限らず、言葉遣いは適切であるべきです。以下は、バイトにおける間違いやすい言葉遣いと、正しい言葉遣いの詳細です。
  • 了解しました・分かりました
    何かを理解したときや同意したときには、「了解しました」「分かりました」と言います。しかし、これらの言葉は同じ立場の人に使う丁寧語であり、目上の人に使う言葉としては不適切です。

    目上の人に対しては、「承知しました」「かしこまりました」と言いましょう。
  • 分かりません
    「分かりません」という言葉は丁寧語です。しかし、バイトでは「存じ上げません」「分かりかねます」と言う方が適切です。

    しかし、「存じ上げません」「分かりかねます」とだけ言うと、冷たい印象を持たれかねません。「申し訳ございませんが」「恐れ入りますが」などの言葉を添えて、丁寧な雰囲気や姿勢が伝わるように工夫しましょう。
  • 大丈夫です
    「大丈夫です」という言葉は、肯定とも否定とも取れることから、ビジネスシーンで用いるのは好ましくありません。肯定の場合は「問題ありません」、否定の場合は「必要ありません」など、明確に意思が伝わる言葉を使いましょう。
  • なるほど・そうなんですね
    「なるほど」「そうなんですね」などの言葉は、相槌や納得した気持ちを伝えるために使えます。しかし、見下した印象になる場合もあるため、目上の人に使うのは控えましょう。

    相手の意見を評価したり、合意している旨を伝えたりしたい場合は、「おっしゃるとおりです」と言いましょう。
  • ご苦労様です
    「ご苦労様」という言葉は、ねぎらいの意味を込めて使います。そのため、目上の人に対して使うのには適していません。挨拶したり感謝の意を伝えたりする際は、「お疲れ様です」と言うのが適切です。
  • お久しぶりです
    「お久しぶりです」という挨拶は、基本的に同僚や目下の人に対して使います。なぜなら、言葉としては丁寧語ですが、くだけた印象になりがちだからです。目上の人に対しては、「ご無沙汰しております」と言いましょう。

挨拶で悩んだ際の対処法

  • 適切な挨拶が分からず悩んだ際の対処法について解説します。詳細は以下のとおりです。
  • 相手と同じ挨拶を返す
    挨拶で悩んだ場合の対処法として、相手と同じ挨拶を返すことが挙げられます。また、自分が普段使っている挨拶が決まっていても、相手が先に挨拶をしてきたら同じ挨拶を返すようにしましょう。

    例えば、普段は「おはようございます」と挨拶していたとします。しかし、相手が「お疲れ様です」と挨拶してきたら、自分も「お疲れ様です」と返しましょう。

    相手と同じ言葉を繰り返す行為は、ミラーリングと呼ばれ、心理学的にも有効なテクニックです。相手に親近感や好意を抱かせやすいため、活用してみてください。
  • お疲れ様ですと言う
    「おはようございます」と同じく、「お疲れ様です」という言葉も、メジャーなビジネスシーンの挨拶です。

    目上の人や社外の人に対する挨拶としても使えるため、迷った場合は「お疲れ様です」と言いましょう。

バイト先の挨拶における注意点

  • バイト先の挨拶における注意点はさまざまですが、ここでは、基本的な2つの注意点について解説します。
  • 適切なタイミングを心がける
    挨拶をする際は、適切なタイミングを見極めましょう。例えば、相手が忙しそうだったり、他の人と話したりしている際は挨拶を控えてください。

    また、相手が作業を中断して対応してくれた場合は、「お忙しいところ失礼します」など、一言添えると丁寧な印象を与えられます。
  • 明るい雰囲気を心がける
    挨拶は相手に与える印象を左右します。そのため、柔らかい表情を意識したり、はっきりと聞こえる声量で喋ったりして、明るい雰囲気での挨拶を心がけましょう。

まとめ

  • ビジネスシーンにおける言葉遣いや慣習は、普段の生活とは異なります。そのため、「おはようございます」以外にも、「お疲れ様です」「お世話になっております」など、挨拶の意味と使うタイミングを把握しておくことが大切です。

    しかし、働く場所が見つからなければ、身に付けた知識も活用できません。シフトワークスは、条件や職種、エリアなどから仕事探しが可能です。

    また、時間やシフトなどの条件も設定できます。バイトを探している方は、ぜひシフトワークスを利用してみてください。