デリバリィの大型・けん引ドライバー/週3日以上・1日4時間OKの求人W013187101(早朝、終日)

この求人は募集終了しています。

3か月の短期!時給2,000円で送迎バスドライバー (川越市、朝霞市内)

デリバリィのアルバイト写真

デリバリィのアルバイト写真

職種

運送・ドライバー・引っ越し(大型・けん引ドライバー)

シフト

週3日以上・4時間/日から 相談OK (勤務期間:1ヶ月以上)
週3日以上・4時間/日から 相談OK (勤務期間:1ヶ月以上)
  • (1)
    04:00 〜 12:00
    時給2,000

    深夜時給 : 2,500円

  • (2)
    14:00 〜 00:00
    時給2,000

    深夜時給 : 2,500円

勤務地

埼玉県川越市

お仕事内容

☆☆3か月だけ、高時給で募集します☆☆

マイクロバス、コミューターで食品工場の従業員さんを、最寄り駅や決められた地点まで送迎します。
安全運転を徹底できる方を募集します。

勤務地は川越市、朝霞市内の各所。日によって勤務場所・時間が変わります。予め勤務可能日、勤務時間帯(朝or夜)を伺ってシフトを決め、日程表をお渡しします。直前まで勤務が分からない、なんてことはありません!

時間は4時間~9時間までの組み合わせ。曜日の固定はご相談ください。
但し、勤務場所や勤務時間を固定することはできません。

具体的なお仕事は、バスの運転、給油、車両清掃、日報の作成など、運行に関することだけ。工場内での作業はありません。

求人情報の詳細

給与

①時給2,000円/月払い 深夜時給 : 2,500円

②時給2,000円/月払い 深夜時給 : 2,500円

給与備考:交通費はご自宅から勤務地までの距離により、会社規定に従って支給します。

雇用形態

アルバイト・パート

シフト備考

(1)か(2)の時間帯で3時間から8時間を組み合わせて勤務します。

日によって勤務場所・時間が変わります。予め勤務可能日、勤務時間帯(朝or夜)を伺ってシフトを決め、日程表をお渡しします。直前まで勤務が分からない、なんてことはありません!

交通費支給

その他

研修

研修あり
(備考:各地でルート、送迎手順を覚えていただく研修をします。
この期間中も待遇に変更はありません。)

残業

残業なし

休暇

週休2日制
シフトにより休日が決まります。

待遇

社会保険制度あり 労災完備 制服あり
◆車通勤OK
◆無料駐車場あり

応募資格

大型自動車免許
 (中型限定解除免許可)

応募後のプロセス

応募後、3日以内に電話にてご連絡します。
携帯からになりますのでご注意ください。

面接時、「写真付き履歴書」「運転免許証表裏カラーコピー」が必要です。

契約期間

勤務期間: 1ヶ月以上

詳細の契約期間、契約更新・更新上限の有無については、各自応募先にお問い合わせください。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W013187101

職場の声

従業員さんの通勤の足です。
当たり前ですが、安全に、確実にお送りすることが一番の仕事です。

私たちは、乗客の乗り心地を考ながら運転していますよ。

働く職場環境の特徴

男女比率
女性
男性
年齢比率
10代
60代
仕事内容
少数で
みんなで
職場の雰囲気
静か
明るい

特徴

  • 中高年歓迎
  • 50代活躍中
  • シフト相談OK
  • 早朝・朝のみOK
  • 夜のみOK
  • 平日のみOK
  • 土日のみOK
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 学歴不問
  • 交通費支給

企業情報

デリバリィのロゴ

株式会社デリバリィ

自家用自動車運行管理請負業・埋葬・納骨/戒名彫刻の請負業
神奈川県相模原市南区麻溝台6-4-31

株式会社デリバリィのアルバイト一覧

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

デリバリィの運送・ドライバー・引っ越し(大型・けん引ドライバー)のお仕事に関するお役立ち情報

埼玉県川越市周辺の特徴・おすすめスポット

東京の北西に位置する川越市は、埼玉県の中央より少し南に位置し、都心から30キロメートル。首都圏のベットタウンとして人気があり、面積は109.13平方キロメートル、人口は35万人の街です。人口は年々増えており、成長し続けています。平安時代から武蔵武士の河越氏が勢力を伸ばし、室町時代には扇谷上杉氏により関東での政治や経済・文化の一端を担い、発展してきました。江戸時代には、舟運を利用し物資の集積場として注目。昔から交通の要所として栄えてきたこの地域は、現在も交通の利便性を活かした流通業が盛んに行われています。その他にも、近郊農業や伝統を受け継いだ商業、歴史が残る蔵造りの街並みなどの観光業が盛んに行われている街です。都心から行ける小江戸として人気の川越では、観光客数が年間704万人(2016年)を超え、市の産業人口の65%以上を占めています。年間製造品出荷額等の合計は県内で1番多く、化学工業が全体の約36%を占め、主流となってきました。流通が盛んであったことから、商人の町としても発展してきたこの街では、商業も盛んに行われています。1922年には、市制を埼玉県で初めて施行。1955年に、隣接する9村を合併しました。また、2003年には中核市へと移行し、古くから続く政治・市政に力を入れています。