鳥貴族 用賀店のホール・キッチン/週1日以上・1日3時間OKの求人W012761789(夜勤)

この求人は募集終了しています。

鳥貴族 用賀店

時給UPの22時以降!効率的に稼げる深夜~ラスト専任のお仕事です☆

鳥貴族 用賀店のアルバイト写真

月毎自由シフト制で都合良く働けます!食事補助400円で3品&ご飯食べ放題♪

職種

飲食・フード(ホール・キッチン)

シフト

週1日以上・3時間/日から 相談OK (勤務期間:3ヶ月以上)
週1日以上・3時間/日から 相談OK (勤務期間:3ヶ月以上)
  • (1)
    22:00 〜 01:00
    時給1,500

勤務地

鳥貴族 用賀店

東京都世田谷区用賀4-11-5 リエルナ用賀 地下1階
用賀駅
桜新町駅 徒歩 14分
上野毛駅 徒歩 21分
二子玉川駅 徒歩 22分
上町駅 徒歩 26分

お仕事内容

お客様は2次会や、お仕事帰りの方などが中心。お客様にドリンクやお料理をお届けするホール業務・おつまみやドリンクをお作りするキッチン業務をお任せします。もちろん、簡単なものから徐々にお教えしますので、バイト初心者さんや「居酒屋は初めて」という方も安心してください。

求人情報の詳細

給与

①時給1,500円/月払い

給与備考:時給:1500以上円
※経験・スキルによる
※22時より前の勤務も歓迎です!希望される場合は、お気軽にご相談ください。
もちろん「続けていくうちに、お店が気に入ったから他の時間も入りたい」等、途中の変更もOK!
<参考>
17~22時:時給1200円以上
研修中の給与変動:なし
交通費支給(当社規定あり)

雇用形態

アルバイト・パート

シフト備考

22:00~翌1:00の間で
週1日~シフトinOK!
●22時より前のシフトin希望も歓迎
シフト相談は柔軟に応じます
●テスト期間や部活の大会前など
忙しいときは週0もOK!
●短時間希望のWワーカーさん・
フル希望のフリーターさんも大歓迎
詳細は別途確認ください。

交通費支給

交通費全額支給

研修

研修あり
(備考:研修中の給与変動:なし)

残業

残業あり

休暇

シフトによる

待遇

制服あり
・交通費支給(当社規定あり)
・食事補助有
・制服貸与(靴は自身で用意
・試用期間無(時給変動なし)
・髪色自由(ピアスは勤務中不可)

応募資格

未経験さんも歓迎!年齢不問!
【トリキバイト】は大学生、高校生、
フリーター、Wワーカーなど
いろいろな人が活躍中!

応募後のプロセス

ご応募→チャットによるご質問→面接→結果ご連絡

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W012761789

職場の声

チームワーク抜群のお店です。分業制なので、「一気にいろいろやらなきゃ…で大変…」ということもありません!閉店時間が近づいてきたら、ホールでは店内全体の片づけをしたり、キッチンでは食材や食器を収納したり…と、徐々に閉店に向けた作業も行っていきます。

特徴

  • Wワーク・副業OK
  • 未経験歓迎
  • シフト相談OK
  • 夜のみOK
  • 土日のみOK
  • 駅から5分以内
  • 高収入・高時給
  • 日払い
  • 昇給あり
  • 交通費支給

企業情報

鳥貴族 用賀店のロゴ

株式会社鳥貴族

焼き鳥店の運営
大阪府大阪市浪速区立葉1-2-12

株式会社鳥貴族のアルバイト一覧

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

鳥貴族 用賀店の飲食・フード(ホール・キッチン)のお仕事に関するお役立ち情報

東京都用賀駅周辺の特徴・おすすめスポット

住宅が立ち並ぶ東京都世田谷区にある用賀駅。江戸時代に建てられたとされる「眞福寺」を始め、多くの歴史を感じられる街です。この「眞福寺」は、宗円和尚が開山、飯田図書という人の手によって開基しました。他にも、1907年に開通した玉電用賀駅跡があります。この玉電は路面電車で多摩川の砂利を運んでおり、玉電の開通によって石油ランプが主流だった沿線の家々に明かりを灯すこととなり、電気を使った生活が始まったのです。かつての駅前には、用賀梅林が整備されており、赤坂や青山方面から多くの子どもたちが遠足で訪れていました。しかし、1969年に玉電が廃止されると同時に、玉電用賀駅もその姿を消していくこととなります。「JRA馬事公苑」では現在も馬に関するさまざまなイベントが開催され、近隣住民の憩いの場となっています。もともと、1940年に帝国競馬協会によって、馬術の普及、騎手養成を目的として設立されました。また、この年に東京で開催される予定だったオリンピック大会の馬術競技の会場となっていましたが、戦争によって中止となり、それ以降は軍馬の改良や訓練などに重きをおいて使用されています。その後、1964年にオリンピック大会が開催され、改めて馬術競技の会場として使用されました。それを記念して、苑内にはオリンピック記念碑が建てられ、現在でもこの「JRA馬事公苑」のシンボルとして親しまれています。