デリバリィの大型・けん引ドライバー/週4日以上・1日8時間OKの求人W013015082(早朝)

中型バス送迎ドライバー  ◎入社祝い金あり!/未経験歓迎! (太田市吉沢町)

デリバリィのアルバイト写真

お客さんまだかなあ~

デリバリィのアルバイト写真

きれいにお掃除して、お客さんを待ちましょう。

職種

運送・ドライバー・引っ越し(大型・けん引ドライバー)

シフト

週4日以上・8時間/日から 相談OK (勤務期間:半年以上)
週4日以上・8時間/日から 相談OK (勤務期間:半年以上)
  • (1)
    05:15 〜 14:15
    時給1,400
  • (2)
    04:15 〜 13:15
    時給1,400

    深夜時給 : 1,750円

  • (3)
    04:45 〜 13:45
    時給1,400

    深夜時給 : 1,750円

勤務地

群馬県太田市

お仕事内容

☆☆入社祝い金5万円支給あり!
    当社規定によります☆☆

食品工場の従業員さんを中型バス・マイクロバスを使って、工場↔太田駅、工場↔佐野旧工場間で送迎します。

運行数は1回の勤務あたり4~5本で、1本1時間~1.5時間ほど。慌てず焦らず運行できます!

具体的な仕事内容は、バスの運転、給油、洗車、清掃、日報記入となり、工場内の作業はありません。

万一渋滞などで遅れそうなときは、工場に連絡すれば大丈夫。時間は気にせず安全運転に集中できます。お金のやり取りもありません。
「とにかく安全運転!」をお願いしています。

求人情報の詳細

給与

①時給1,400円/月払い

②時給1,400円/月払い 深夜時給 : 1,750円

③時給1,400円/月払い 深夜時給 : 1,750円

給与備考:☆☆入社祝い金5万円支給あり!
    当社規定によります☆☆

雇用形態

アルバイト・パート

シフト備考

(1)~(3)を4勤2休又は4勤1休でローテーション勤務します
※各時間帯とも実働8時間、休憩1時間になります。

交通費支給

交通費一部支給
(備考:日上限400円)

研修

研修あり
(備考:試用期間2ヶ月、内研修期間7日間のみ時給935円)

残業

残業なし

休暇

休日はシフトにより決まります
※1ヶ月のシフトが出ますので、プライベートの予定も立てやすいですよ!!
※事前に申請すれば、休日の調整もしています。

待遇

社会保険制度あり 労災完備 制服あり
◎有給休暇あり
◎車通勤OK!
◎無料駐車場あり
◎深夜割増賃金あり

☆☆入社祝い金5万円支給あり!
    当社規定によります☆☆

応募資格

大型自動車免許必須

※「68歳雇い止め」の内規があります

応募後のプロセス

応募後3日以内に電話でご連絡いたします。面接日を調整させてください。携帯からかけることがありますのでご承知ください。
・「写真付き履歴書」
・「運転免許証表裏コピー」
を面接時にご持参下さい。

面接後、1週間以内に採否のご連絡をしています。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W013015082

職場の声

まず始めは先輩ドライバーの横乗りです。研修中にしっかり覚えていただける老にしています。どんなことでも聞きやすい、そんな雰囲気で研修をしています。

特徴

  • 主婦(夫)歓迎
  • 50代活躍中
  • シニア活躍中
  • 経験者歓迎
  • シフト相談OK
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 学歴不問
  • 交通費支給

企業情報

デリバリィのロゴ

株式会社デリバリィ

送迎バスドライバー
神奈川県相模原市南区麻溝台6-4-31

株式会社デリバリィのアルバイト一覧

公開日 2024年02月20日 更新日 2024年02月26日

このアルバイトをチェックした人は、こんなアルバイトも見ています

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

デリバリィの運送・ドライバー・引っ越し(大型・けん引ドライバー)のお仕事に関するお役立ち情報

群馬県太田市周辺の特徴・おすすめスポット

関東地方に属する群馬県は、スキー場や「草津温泉」など温泉の名所が多いことで有名な内陸県です。群馬県の南東部に位置する太田市は、2005年の合併により人口21万人を超える市となり、人口数は県下第3位となっています(2017年1月31日現在、約22万人)。利根川と渡良瀬川に挟まれたエリアにあり、農業地帯や北関東有数の工業都市、温泉街など、様々な顔を持つ都市です。江戸時代には宿場町として栄えていましたが、宿場制度が廃止された明治時代には在郷町となり、1909年には東武鉄道が開通するなど着々と発展してきました。大正時代には飛行機の製作所が開設され、戦時中には軍需産業の発展とともに日本の航空機産業の先頭を行く工業都市として成長を重ねた都市です。戦後は航空機産業での技術を応用し、高度経済成長のもと繊維産業や自動車産業などへも進出し、北関東を誇る工業都市として発展を遂げました。その後、1960年代に行なわれた整備計画により生活環境の整備が進み、1970年代には新都市計画法に基づいた市街地の整備により文化施設や福祉施設も充実していきました。また、大規模な施設の整備が進むなど東毛エリアの中核都市として発展を続け、2007年からは特例市として更なる進歩に取り組んでいる都市です。