この求人は募集終了しています。

株式会社エプコの事務/正社員の求人情報(X001763026)

株式会社エプコのアルバイト写真

【土日祝休みの18時退社】一般事務/太陽光パネル発電に関する業務/年間休日124日/経験者歓迎/東京都墨田区

職種

事務
太陽光パネル発電に関するお仕事(事務系)

地域・駅

東京都北区

シフト

9:00~18:00(実働8時間)

月給220000~280000円
20時間分の固定残業代を含みます。

株式会社エプコのアルバイト写真
株式会社エプコのアルバイト写真

特徴

  • 主婦(夫)歓迎
  • 中高年歓迎
  • フリーター歓迎
  • 留学生歓迎
  • 未経験歓迎
  • 経験者歓迎
  • 社員登用
  • 学歴不問

お仕事内容

ご依頼いただいた戸建て住宅に対して、太陽光パネルの割付図を作成していただきます。 また、その際に必要な部材の集計や、実際に太陽光パネルを割り付けた際の発電のシミュレーションも行います。 次世代の住宅に求められている省エネ機器に携われるお仕事です。 仕事の流れ: ■太陽光パネルメーカーから「この住宅に太陽光パネルを取り付けた場合のシミュレーションをしてほしい」との依頼をいただきます。 ■どのように設置すると一番効率よく発電できるのか?一番安い価格で提供できるのか?を考え、太陽光パネルの割付図を作成します。 ■太陽光パネルを設置するにあたって、必要な部材を集計します。 ■住宅の立っている地域、季節ごとの差などを考慮し、電力発電量のシミュレーションを行います。 ■割付図、部材のリスト、シミュレーション結果をまとめ、最終確認を行い、パネルメーカーへ納品します。

求人情報の詳細

雇用形態
正社員
職場の情報
一般事務/太陽光パネル発電に関する業務/年間休日124日/経験者歓迎/土日祝休み/通勤手当あり/東京都墨田区

あなたへのおすすめポイント:
オフィス環境バツグン!土日祝日休みの完全週休二日制で、長くしっかり働けます。

企業情報:
エプコは、「質の高い住宅づくり」と、そこでの「快適で安心な暮らし」を支える事業を展開しています。住宅に生命を吹き込む電気や給排水設備の「設計サービス事業」、そして安心して住み続けていただくための「メンテナンスサービス事業」、各サービスの基盤となる「システム開発事業」。3つの事業を軸に、住宅に特化した技術力、人材力、IT力をいかして、住宅会社様や販売会社様のビジネスに貢献しています。

勤務地情報:
■東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー12階
■JR錦糸町駅より徒歩5分
休日・休暇
■土日祝休み、完全週休2日制
■年間休日124日
■年次有給休暇(法定どおり)
■年末年始、夏季休暇
待遇・福利厚生
■社会保険完備
■通勤手当支給(上限25,000円)
■給与改定年1回(4月)
■私服OK
■産休、育休、介護休暇取得
■入社日随時相談に乗ります!
採用までの流れ
エントリー後、採用担当よりご連絡いたします。
採用担当者からのひとこと
様々な事にチャレンジし続けるエプコが貴方のチャレンジをお待ちしております。※業務拡大のため、一緒に働く仲間を募集しています。品質・勤怠評価制度による、収入アップも見込めます!経験・未経験問わず募集しておりますので、まずはご応募下さい。【関連キーワード】#ミドル活躍中 #中高年 #中高年活躍中 #50代活躍中 #50歳以上活躍中 #ブランクOK #ブランクある方 #ブランク歓迎 #40代活躍中 #40歳以上活躍中 #駅近 #駅チカ #土日祝休み #週休二日 #週休2日
応募資格
応募条件:
【学歴・経験不問】
未経験でも、業務は1から研修します。

下記の方は大歓迎
■住宅の設計に興味のある方
■住宅関連の知識、業務経験のある方は大歓迎!
■Word・Excel等のPC操作ができる方
■新築の低層住宅に関連した業務経験のある方
募集企業名
株式会社エプコ
受動喫煙防止対策
施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。
求人ID
X001763026
主婦(夫)歓迎 中高年歓迎 フリーター歓迎 留学生歓迎 未経験歓迎 経験者歓迎 社員登用 学歴不問
HR Forceロゴ

この情報は提携サイト「HR Force」の求人情報です。

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

株式会社エプコの事務のお仕事に関するお役立ち情報

東京都北区周辺の特徴・おすすめスポット

東京都北区は人口が約35万人、世帯数は約20万世帯で、東京都の北部にある区です。区の面積は20.61平方キロメートル、南北に約9.3キロメートル、東西に約2.9キロメートルと細長い形状をしています。北側には荒川放水路を隔てて、埼玉県の戸田市や川口市と隣接し、東側は荒川区と足立区、西側では板橋区、南側では豊島区と文京区に接しています。1947年3月に、滝野川区と王子区の統合により発足しました。地名の由来は、東京のどこにあるかがわかりやすいように、という理由からです。1996年に制定されたコミュニケーションマークには、区の木となっているサクラの花びらで、北区のイニシャルKをデザイン。輪になって繋がっている花びらは、充実な交通ネットワークやコミュニケーション、交流を意味しています。区内には桜の名所が数多くあり、江戸時代から多くの絵師たちが浮世絵の画題としたり、文人たちが歌に詠んでいた飛鳥山公園は、現在でも桜が咲く花見の時期にはテレビ中継がされるほど、人気のスポットでもあります。交通網も良く、区内にあるJRの駅数は23区内で最も多い11駅です。他にもバスや地下鉄など複数の交通機関が集まっており、交通の利便性が高い地域です。