テクノ・サービス(週5日以上・1日8時間OK)一般事務 のバイト・アルバイト求人情報 (W013350974)(日勤)

オンライン登録OK!給与速払いOK!経験を活かせる★高時給★経理・総務事務

テクノ・サービスのアルバイト写真

テクノ・サービスのアルバイト写真

テクノ・サービスのアルバイト写真

職種

事務(一般事務)

シフト

週5日以上・8時間/日から (勤務期間:半年以上)
週5日以上・8時間/日から (勤務期間:半年以上)
  • (1)
    08:00 〜 17:00
    時給1,400

勤務地

茨城県ひたちなか市
≪車通勤・バイク通勤OK≫

お仕事内容

【20代~30代活躍中!】決算に係わる会計・財務、決算書類の作成、総務・人事関連の業務補助。(派遣)あなたの経験を必要としているお仕事です。ウレシイ高時給1400円。残業は月末月初にあります。休憩室・更衣室ありで安心。

求人情報の詳細

給与

①時給1,400円/月払い

雇用形態

派遣社員

シフト備考

※表記のうち実働8時間です。

交通費支給

交通費全額支給

研修

研修なし

残業

残業あり

休暇

土日(企業カレンダー有り)

待遇

■有給休暇■社会保険完備■退職金制度■お友達紹介キャンペーン実施中

応募資格

≪資格・経験を活かす≫・5年以上の経理経験をお持ちの方・フリーター、主婦・主夫歓迎

備考

登録制の派遣会社です。お仕事のご紹介にはテクノ・サービスへの登録が必要ととなります。まずは登録へお進みください。(オンライン登録:所要時間5分♪) ※WEB応募24時間受付中!応募⇒担当者より御連絡⇒弊社登録へのご案内⇒職場見学⇒気に入れば即お仕事開始♪

応募後のプロセス

【履歴書・証明写真不要で簡単登録OK!】「オンライン登録(5分程度)」「電話登録(20分程度)」「来場登録(1時間30分程度)」からお好きな登録方法を選択ください♪詳しくは応募後に弊社からお送りするメールをチェック!(シフトワークスから届く応募返信メールではありません) ※コールセンターは土日祝休みとなっております 【広告NO:798686】

契約期間

勤務期間: 半年以上

詳細の契約期間、契約更新・更新上限の有無については、各自応募先にお問い合わせください。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W013350974

職場の声

長期就業ご希望の方にもオススメ!。男女不問で活躍中の職場です!◆給与速払いサービスは就業状況によって利用できないケースがございます。◆●経理ソフト(SAP)を使用しての実務経験をお持ちの方!※■敷地内及び屋内は原則禁煙※就業前までに就業条件明示書で明示します※■フォークリフト・クレーン・玉掛・溶接の資格取得/講習料・受験料補助有

特徴

  • 主婦(夫)歓迎
  • 50代活躍中
  • フリーター歓迎
  • 未経験歓迎
  • 経験者歓迎
  • 昼間のみOK
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 日払い
  • 週払い
  • 学歴不問
  • 交通費支給

企業情報

テクノ・サービスのロゴ

株式会社テクノ・サービス

製造業務派遣・紹介予定派遣・業務請負
東京都千代田区神田練塀町85 JEBL秋葉原スクエア

株式会社テクノ・サービスのアルバイト一覧

公開日 2024年06月18日 更新日 2024年06月18日

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

テクノ・サービスの事務(一般事務)のお仕事に関するお役立ち情報

茨城県ひたちなか市周辺の特徴・おすすめスポット

茨城県の中央からやや北東に位置するひたちなか市。人口は約15万人、約99平方キロメートルの面積を有する工業と水産業が盛んな市です(2018年7月現在)。 西は那珂市、北は東海村、南は那珂川を挟んで県都である水戸市と大洗町に隣接しています。東側は太平洋に面した約13キロメートルの海岸線が続いており、「阿字ヶ浦海水浴場」をはじめ3つの海水浴場が点在するなど、美しい海岸線を生かした観光スポットが多く存在するエリアです。中でも、四季折々の花を楽しめる「国営ひたち海浜公園」や、関東有数の観光市場として知られる「那珂湊おさかな市場」は、県を代表する観光スポットとして、県内外から毎年100万人以上の人が訪れています。ひたちなか市は、1994年に勝田市と那珂湊市(なかみなとし)が合併して発足しました。旧勝田市周辺は、古くから日立製作所の企業城下町として栄えた工業都市であり、県都である水戸市のベッドタウンとして開発が進んでいるエリアです。旧那珂湊市周辺は豊かな水産資源に恵まれ、食品製造関係水産業を主な産業として発展してきました。現在では、ひたちなか地区開発の中核施設として「茨城港常陸那珂港区」の整備が進められており、東日本の新しい国際・国内物流拠点として重要な役割を担っています。