セブンイレブン 下関彦島迫町店のコンビニスタッフ/週2日以上・1日3時間OKの求人W012870258(早朝、午後勤、夜勤、深夜)

この求人は募集終了しています。

セブンイレブン 下関彦島迫町店

『あなたらしさ』が、お買い物を楽しめる空間をつくります♪

職種

コンビニ(コンビニスタッフ)

シフト

週2日以上・3時間/日から 相談OK
週2日以上・3時間/日から 相談OK
  • (1)
    06:00 〜 09:00
    時給980
  • (2)
    13:00 〜 17:00
    時給930
  • (3)
    17:00 〜 22:00
    時給930
  • (4)
    22:00 〜 06:00
    時給930

    深夜時給 : 1,163円

勤務地

セブンイレブン 下関彦島迫町店

山口県下関市彦島迫町6丁目6-35
迫バス停より徒歩3分,西山口バス停より徒歩3分 ※車・バイク・自転車通勤可

お仕事内容

≪レジ・接客・店内清掃・商品陳列・品出し・発注など≫
◆レジ業務は、商品のバーコードをピッと当てるだけ。
 公共料金の支払いやチケット発行、インターネット商品の引き渡しなどの業務もあります。
◆商品陳列・品出しは、バックヤードでドリンクを補充したり、お菓子やお弁当など検品、陳列を行います。

求人情報の詳細

給与

①時給980円/月払い 高校生給与 : 時給978円

②時給930円/月払い 高校生給与 : 時給928円

③時給930円/月払い 高校生給与 : 時給928円

④時給930円/月払い 深夜時給 : 1,163円

給与備考: 
(1)研修期間:3日/時給928円※高校生時給928円
(2)研修期間:3日/時給928円※高校生時給928円
(3)研修期間:3日/時給928円※高校生時給928円
(4)研修期間:5日/時給928円※深夜研修時給1160円

雇用形態

アルバイト・パート

シフト備考

(1)週2・3h~OK ※高校生可(高校生時給978円)
(2)週2・4h~OK ※高校生可(高校生時給928円)
(3)週2・5h~OK ※高校生可(高校生時給928円)
(4)週2・7h~OK 
◆長期・土日勤務できる方歓迎!◆お気軽にご相談下さい!ご都合を考慮します。

交通費支給

交通費支給なし

研修

研修あり
(備考:◆研修期間・研修時給については給与備考欄をご参照ください。)

残業

残業あり

待遇

★昇給有 ★福利厚生/従業員優待クラブオフ ★店内禁煙

応募資格

★未経験者・経験者・フリーターも大歓迎! ★学生さんも歓迎! ★主婦(夫)さんも歓迎! ★Wワークも歓迎! ★ご応募おまちしています! ★22時~翌5時は18歳以上の方のみとなります。 

備考

応募情報を記入の上ご応募ください。※お電話でのご連絡の際は「408379」をお伝え下さい。(受付時間:全日10:00~19:00)

応募後のプロセス

※店舗での面接⇒合否報告⇒勤務スタート!という流れです。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W012870258

職場の声

◆周りの人に「一緒にいると落ち着く」「癒される」「よく気が回って助かる」と言われるアナタにオススメ☆居心地の良いお店づくりに、あなたの得意を活かしてください♪ゆっくりした時間帯には常連のお客様に一言話しかけるだけでも心地よさ倍増↑毎日行きたくなるお店を一緒に作っていきませんか?

特徴

  • 主婦(夫)歓迎
  • 中高年歓迎
  • Wワーク・副業OK
  • フリーター歓迎
  • 高校生歓迎
  • 留学生歓迎
  • 未経験歓迎
  • 経験者歓迎
  • シフト相談OK
  • バイク・車通勤OK
  • 昇給あり
  • 社員登用

企業情報

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

コンビニエンスストア
東京都千代田区二番町8-8

株式会社セブン-イレブン・ジャパンのアルバイト一覧

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

セブンイレブン 下関彦島迫町店のコンビニ(コンビニスタッフ)のお仕事に関するお役立ち情報

山口県下関市周辺の特徴・おすすめスポット

山口県下関市は県内の西側に位置し、関門海峡を挟んで九州が近くに見える場所にあります。また、日本だけでなく中国大陸や朝鮮半島からも近いため、海上の交通の要所として栄えてきた場所です。県庁所在地である山口市についで大きく、人口は266,429人、世帯数は130,299世帯あります(2017年12月末日現在)。下関の歴史の中で有名なもののひとつに、1185年に行われた源平合戦があります。壇ノ浦で源氏と平家の戦いが行われ、平家が破たことにより武士の社会が始まることとなった合戦です。下関という名前が付けられたのは1902年で、関門鉄道トンネルが開通したのは1942年でした。1970年には韓国釜山と下関を行き交うフェリーが就航し、姉妹都市になります。そして、1958年には九州と繋ぐ関門国道トンネルが開通し、車と人が行き交う橋が完成したのです。1975年の山陽新幹線の開業をきっかけにたくさんの人々が訪れる都市へと変わり、2005年には菊川町、豊田町、豊浦町、豊北町が合併して、新しい下関市が誕生しました。美しい海はもちろん、豊かな自然と歴史文化を感じる場所が多い下関は、観光スポットとしても人気の場所となっています。