セブンイレブン 日田十二町店のコンビニスタッフ/週2日以上・1日3時間OKの求人W013257942(早朝、夜勤、深夜)

セブンイレブン 日田十二町店

★人気のコンビニバイト★明るく元気で前向きな接客ができる方、大歓迎!

セブンイレブン 日田十二町店のアルバイト写真

性別や世代を超えて付き合える新しい仲間のご応募を心よりお待ちしています。

職種

コンビニ(コンビニスタッフ)

シフト

週2日以上・3時間/日から 相談OK
週2日以上・3時間/日から 相談OK
  • (1)
    06:00 〜 09:00
    時給930
  • (2)
    15:00 〜 22:00
    時給900
  • (3)
    22:00 〜 06:00
    時給1,163

勤務地

セブンイレブン 日田十二町店

大分県日田市大字十二町字郷四郎477番2
JR光岡駅より徒歩10分386号線新治町交差点 ※車・バイク・自転車通勤可

お仕事内容

≪レジ・接客・店内清掃・商品陳列・品出し・発注など≫
◆レジ業務は、商品のバーコードをピッと当てるだけ。
 公共料金の支払いやチケット発行、インターネット商品の引き渡しなどの業務もあります。
◆商品陳列・品出しは、バックヤードでドリンクを補充したり、お菓子やお弁当など検品、陳列を行います。

求人情報の詳細

給与

①時給930円/月払い

②時給900円/月払い

③時給1,163円/月払い

雇用形態

アルバイト・パート

シフト備考

(1)週2・3h~OK 
(2)週2・5h~OK 
(3)週3・5h~OK 
◆長期・土日勤務できる方歓迎!◆お気軽にご相談下さい!ご都合を考慮します。

交通費支給

交通費支給なし

研修

研修なし

残業

残業あり

待遇

★昇給有 ★店内禁煙

応募資格

★未経験者・フリーターも大歓迎! ★主婦(夫)さんも歓迎! ★Wワークも歓迎! ★ご応募おまちしています! ★22時~翌5時は18歳以上の方のみとなります。 

備考

応募情報を記入の上ご応募ください。※お電話でのご連絡の際は「498307」をお伝え下さい。(受付時間:全日10:00~19:00)

応募後のプロセス

※店舗での面接⇒合否報告⇒勤務スタート!という流れです。

契約期間

詳細の契約期間、契約更新・更新上限の有無については、各自応募先にお問い合わせください。

受動喫煙防止対策

施策詳細について記載がない場合は応募後、各自応募先にお問い合わせください。

求人ID

W013257942

職場の声

≪明るく元気で前向きな接客ができる方、大歓迎!≫ ◆人と話すのが好き・ルーチン業務は苦手…などアクティブなあなたには変化に富んだコンビニがお薦め♪慣れてくると、流行りが分かったり、心のこもった接客ができたりスキルアップも実感できますよ☆

特徴

  • 主婦(夫)歓迎
  • 中高年歓迎
  • Wワーク・副業OK
  • フリーター歓迎
  • 未経験歓迎
  • シフト相談OK
  • 4時間以下(短時間)
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 昇給あり

企業情報

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

コンビニエンスストア
東京都千代田区二番町8-8

株式会社セブン-イレブン・ジャパンのアルバイト一覧

公開日 2024年05月16日 更新日 2024年05月16日

あなたにピッタリなお仕事を探してみましょう!

セブンイレブン 日田十二町店のコンビニ(コンビニスタッフ)のお仕事に関するお役立ち情報

大分県日田市周辺の特徴・おすすめスポット

日田市は大分県西部に位置している市です。周辺自治体では、福岡県および熊本県に隣接しています。面積は約660平方キロメートルであり、人口はおよそ6万7千人(2018年12月時点)です。付近には阿蘇山系や英彦山系を中心とした雄大な山々に囲まれています。周囲の山々から流れ出る水によって緑豊かな森林が形成されています。内陸性気候から寒暖の差が大きく、四季の変化がはっきりとしています。そんな日田市にはさまざまな観光スポットがあります。「慈恩の滝」は、同市屈指の絶景スポットです。「裏見の滝」といって滝の裏側に遊歩道がつくられていて、そこを通行することができます。夜間にはライトアップが行われ、日中とは異なった幻想的な雰囲気に包まれます。「地底博物館 鯛生金山」は、かつての鯛生金山にまつわる歴史を紹介する施設です。施設内では当時使われていた機械や人形を用いて、採掘が行われた頃の様子を知ることができます。国の指定史跡「咸宜園」は、江戸時代の儒学者である広瀬淡窓が開いた私塾です。高野長英や大村益次郎など多くの偉人を輩出した場所として有名です。北部にある「小鹿田焼の里」では、この地で採取される陶土で「小鹿田焼」が作成されてきました。「残したい日本の音百景」にも選出され、周囲にはのどかな風景が残されています。