株式会社九州ブロスの検品・検査・ピッキング/週5日・1日8時間OKの求人W006248723(日勤)

【未経験OK】大手金属管メーカーで上下水道用鉄管の検査・バリ取り!

株式会社九州ブロスのアルバイト写真

  • 株式会社九州ブロスのアルバイト写真
職種 倉庫内・軽作業(検品・検査・ピッキング)
シフト・給与

週5日・8時間/日から (勤務期間:3ヶ月以上)

  1. 08:00 ~ 17:00

    [ ]

    時給1200円
地域・駅
福岡県直方市
特徴
  • 中高年歓迎
  • フリーター歓迎
  • 未経験歓迎
  • 昼間のみOK
  • バイク・車通勤OK
  • 高収入・高時給
  • 週払い
  • 社員登用
  • 大量募集
  • 学歴不問
  • 交通費支給

お仕事内容

鋳造が終わったパイプ製品を目視やノギスと呼ばれる計測器で検査して頂きます。他にバリ取りと言って出っ張った不要箇所を取り除く作業も併せて行って頂きます。未経験デビューも応援します!●2時間の作業で休憩です。丁寧にご指導しますので安心です。 きっとすぐに覚えて頂けるはずです。○20~40代の男性が活躍している職場です!

求人情報の詳細

雇用形態 派遣社員
給与
  1. 時給1200円/月払い

給与備考:車・バイク通勤歓迎!

シフト備考 8:00~17:00 休憩時間が前半10分・昼休み60分・後半10分です。 実働8時間扱いです。 残業は月20~30時間程度です。 忙しい時は土曜休出がある場合も有ります。
交通費支給 交通費一部支給
(備考:月上限8000円)
研修 研修なし
残業 残業あり
休暇 日曜・祝日・土曜(工場カレンダーによる) ※他、GW・夏季・年末年始休暇あり
待遇
社会保険制度あり 労災完備 制服あり
各種手当 ※就業先による
応募資格
・20~40代の男性活躍中です!・未経験者も大歓迎!・長くお勤めできる方歓迎!
備考 ○各種保険有り! ○有給休暇有り! ○制服・靴支給! ○稼動分前渡OK!急な出費も安心です! ○交通費支給(当社規定) ○車・バイク通勤OK! ○誕生月にクオカードプレゼント! ○当社は積極的に正社員登用してます!
応募後のプロセス 担当者より、お電話、メールなどでご連絡いたします。
求人ID W006248723

職場の声

直方市上新入の大手鉄管メーカーです。 未経験から始めた男性が多数活躍している職場です。 難しい仕事ではありませんし大体みなさん1週間位で慣れて頂いてます。 年齢も40代前半位迄で元気でやって頂ければ大丈夫です。元気で長く頑張って頂ける方歓迎します。

企業情報

株式会社九州ブロス
総合人材コンサルティング事業
福岡県北九州市小倉北区大手町4-23 アルテハイム大手町204B

株式会社九州ブロスのアルバイト一覧

この店舗が募集している他のアルバイト(2件)

このアルバイトをチェックした人は、こんなアルバイトも見ています

  • 株式会社九州ブロスのアルバイト写真
    株式会社九州ブロス
    時給1050円
    福岡県北九州市若松区
    08:30~17:00 最短 週5日・7.5時間/日
  • ミニストップ ISM直方PA上り店のアルバイト写真
    ミニストップ ISM直方PA上り店
    時給820円
    筑前植木駅
    06:00~06:00 最短 週1日・3時間/日
  • 株式会社キャリアのアルバイト写真
    株式会社キャリア
    時給1300円
    福岡県直方市
    07:00~18:00 最短 週3日・8時間/日
  • 株式会社キャリアのアルバイト写真
    株式会社キャリア
    時給1500円
    福岡県直方市
    07:00~18:00 最短 週3日・8時間/日
  • すき家 200号直方店のアルバイト写真
    すき家 200号直方店
    月給196393円
    感田駅
    22:00~09:00 最短 週5日・8時間/日
  • 株式会社テクノ・サービスのアルバイト写真
    株式会社テクノ・サービス
    時給1000円
    中泉駅
    18:00~23:00 最短 週5日・5時間/日

株式会社九州ブロスの倉庫内・軽作業(検品・検査・ピッキング)のお仕事に関するお役立ち情報

福岡県直方市周辺の特徴・おすすめスポット

福岡県北部にある直方市は、筑紫平野の中央部に位置する人口約6万人の町です(平成30年7月末時点)。市の東部には標約約900メートルの福智山を中心にした山々が連なり、西部には標高約300メートルの六ヶ岳を中心とした丘陵地が広がっています。その中央を南北に流れる遠賀川と、JR筑紫本線の周辺に広がる平野部が市街地になっており、市役所など各種行政機関が集まっています。元和9年(1623年)、初代福岡藩主・黒田長政が没し、その遺言で四男・高政が4万石を与えられ、現在の市内中心部に「東蓮寺藩」を開きました。その後、三代目・長寛の時代に、儒学者・貝原元端が中国の古典に基づいて「直方藩」と改称したことが、現在の市名の由来です。今でも、JR直方駅周辺には「直方城址(直方藩主館跡碑)」や、黒田家の菩提寺である「雲心寺」などの史跡が数多く残り、旧・長崎街道沿いには「古町商店街」があるなど、あちこちに城下町として栄えた街の歴史が感じられます。明治時代に入ると筑紫で炭鉱が開かれ、直方駅は石炭の集荷・輸送の中核的役割を果たすようになりました。かつて筑紫石炭鉱業組合が建てた「直方会議所」は、現在「石炭記念館」になっており、当時の繁栄がうかがえる貴重な資料が展示されています。直方藩の城下町と石炭産業の中心地という二つの顔を持つ歴史が、現在の市の魅力を形成していると言えるでしょう。

関連バイト