「パート」と「アルバイト」って何が違うの?パートとアルバイトの違いについて

<パートとアルバイトの違いについて>
募集広告を見ると同じような募集でも「パート」と記載されていたり、「アルバイト」と記載されていたり。パートとアルバイトって何が違うの?というご質問をたくさんいただきます。パートとアルバイトについて、解説します。
法律上の違いは?
パートとアルバイトの違いについて、法律上は区別されていません。パートタイム労働法(「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」)によると、「短時間労働者(パートタイム労働者)」とは、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。この条件に当てはまる労働者であれば、パートもアルバイトも呼び方は違っても、「短時間労働者」となります。
一般的な違いは?
パートの語源は、英語の「Part-timer」からきています。文字通り、時間の一部という意味をあらわしています。ですので、パートタイム労働法にあるように、通常の労働者よりも短い時間働く方をパートと呼ぶことが多いようです。
アルバイトの語源は、ドイツ語の「arbeit」からきています。ドイツ語で「仕事や労働」を意味します。戦前に学生の間で使われはじめた隠語で、本業である学業の副業として家庭教師などをすることをアルバイトと呼んでいたことから広まったと言われています。
一般的には、パートは短時間働くことを指し、アルバイトは副業として働くことを指しています。そのため、パートは短時間だけど長期働けるような主婦・主夫やシニアの方が働くことを指し、アルバイトは学生が期間限定で働くことを指すととらえる方が多いのです。
呼び名の違いを気にせずに!
パートとアルバイトの明確な定義の違いはないため、フリーターが長期間フルタイムで働くこともアルバイトと呼ぶこともありますし、主婦・主夫がフルタイムで働くこともパートと呼ぶこともあります。会社や人によって使い方が異なるので、パートでもアルバイトでも名称や呼び名に惑わされず、「気になる」「やってみたい」と思った仕事は、遠慮なくチャレンジしてみてください。
シフトワークスおすすめのパート・アルバイト
⇒主婦・主夫におすすめのパートから探す
⇒大学生におすすめのアルバイトから探す
⇒フリーターにおすすめのアルバイトから探す
⇒中高年歓迎のアルバイト・パートから探す
シフトワークスおすすめの特集