経験を積んで目指せ!バイトリーダーのアルバイト/バイト求人の特集です

<目指せバイトリーダー!バイトリーダーのアルバイト・バイト特集>
「バイトリーダー」って聞いたことありますか?飲食店を中心にバイトのリーダーとして活躍するアルバイトの方をバイトリーダー・アルバイトリーダーと呼びます。社員に代わって職場を仕切るバイトリーダーについて特集しました。
バイトリーダーって何?
飲食店などの店舗でアルバイトのまとめ役としてリーダーとして活躍するポジションを担うアルバイトのことです。職場が円滑にまわるように他のバイトの方々を統率するとともに、社員や店長が不在の時には代理として店舗を任されることもあります。ですので、飲食店であれば、ホールのこともキッチンのことも把握している必要があります。入店してスグにバイトリーダーになることは難しいかもしれませんが、経験を積めば、あなたも目指せるポジションです。
バイトリーダーのメリット
■時給が高い
バイトリーダーの一番のメリットは、他のアルバイトよりも時給が高いこと。他のアルバイトをまとめたり、仕切ったり、店長の代わりを果たすこともあり、仕事は大変になりますが、その分時給が高くなります。
■やりがいが大きい
役割が大きくなる分、やりがいも大きくなります。職場や店が良い雰囲気でまわるかどうか、バイトリーダーの手腕にかかっていることも多いのです。
■就職に役に立つ
単なるアルバイトの経験だけでは、就職時の面接や自己PR、エントリーシートでは弱いですが、バイトリーダーで職場を切り盛りした苦労や工夫、実現したこと、その時に得られたことなどは、より具体的なリーダーシップを発揮した事実としてアピール材料になります。特に、具体的なエピソードを交えると人事の印象が良くなります。
バイトリーダーの辛いところ
バイトリーダーの辛いところは、何といってもアルバイト仲間と社員や店長の板ばさみになること。バイト仲間からは、社員や店長に言って欲しいことや改善して欲しいことなどをアルバイト代表として要求されます。一方、社員や店長からアルバイトに伝えて欲しい要望などを受けることもあります。その時に、社員や店長とアルバイトとの間に立ち、時に調整を行い、時に毅然とした態度で対応することが求められます。
また、お客様からのクレームの矢面に立つこともあります。社員や店長が不在のときに起こったクレームは、アルバイトの代表としてバイトリーダーが対応することがあります。
バイトと社員や店長との板ばさみに合ったり、クレームの矢面に立つことで、周りのアルバイトだけではなく、社員や店長からの信頼も厚くなります。そして何より、リーダーシップを磨けるのです。
シフトワークスでバイトリーダーを目指せるバイトを探そう
シフトワークスおすすめの特集